シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン3 登場人物紹介

2014年04月07日 21時47分08秒 | Game of Thrones
「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン3放送に先駆けてシーズン3に登場するキャラクターをまとめました。

シーズン1の人物紹介はこちら
シーズン2の人物紹介はこちら


▼▲▼▲注意▼▲▼▲
ここから先はシーズン1~2の重要なネタバレを含みます。
シーズン1~2を未視聴の方はこれより先を見ないことをお勧めします。



七王国の勢力図はこちら



【野人】
<壁>の向こう側に住む人々。王国の逃亡者など自由民たちを指し、その残虐さから国民に恐れられている。

◆マンス・レイダー(キーラン・ハインズ)

壁の北側で野人たちの軍隊を形勢している、元ナイツ・ウォッチの男。<壁の向こうの王>とも呼ばれる

◇イグリット(ローズ・レスリー)

野人の女。ナイツウォッチに捕まるがジョン・スノウに生かされる

◆ロード・オブ・ボーンズ《骸骨公》

巨人の頭蓋骨をかぶり、殺した相手の骨を首に飾る。

◆トアマンド

巨人殺しなど様々な名前を持つ野人

◆オレル

狼潜りの野人

◆クラスター

壁の北側で暮らす男でナイツウォッチには友好的。自分の娘たちを妻にしている。

◇ジリ

クラスターの娘で妻。サムに助けを求める。



【ナイツウォッチ(冥夜の守人)】
北部にあるカースル・ブラック(黒の城)を拠点に“壁”を守る誓約の騎士。
誓いを立てた者は生涯、結婚も子供を持つことも許されない。脱走すれば処刑。

◆ジオー・モーモント総帥

ナイツウォッチの総帥でジョラー・モーモントの父。通称:オールド・ベア

◆エイモン・ターガリエン

高齢で盲目な学匠。エイゴン5世の兄。ターガリエンの王位を捨てナイツウォッチになった。

◆ジョン・スノウ(キット・ハリントン)

エダード・スタークの私生児。ナイツウォッチでは総帥のスチュワードに。クォリオンの命令で彼を殺して野人の信頼を得て潜入する。

◆“サム”サムウェル・ターリー

ホーン・ヒル(角の丘)城出身の貴族。騎士になれないため父親から壁に送られた。エイモン付のスチュワード。

◆グレン

ジョンの友人で農場育ち。レンジャー。

◆ピップ

ジョンの友人で元吟遊詩人。スチュワード。

◆カール・タナー(バーン・ゴーマン)

レンジャー

◆ラスト

いつもサムを虐めている

ハーフハンドのクォリン【没】
シャドータワーのレンジャー。ジョンと共に壁の向こうへ行き野人に捕らわれた時、ジョンに自分を殺すよう命じる。


◆ベンジェン・スターク
エダード・スタークの弟で、ナイツウォッチのファーストレンジャー。行方不明。

<アリアの旅の仲間>
◆ジェンドリー

ロバート・バラシオンの私生児。素性を教えられず鍛冶屋で育つ。

◆ホット・パイ

孤児でパン屋の息子。

ヨーレン【没】
ナイツウォッチの新兵募集係。アリアをキングスランディングで見つけ助けるが、旅の途中ラニスター家の兵によって殺される。





【スターク家】
古代の冬の王の血を受け継いでいる。何千年もの間、北の王としてウィンターフェル城を本拠とし支配を続けてきたが、トーレン・スターク屈伏王の代になってエイゴン竜王に対し、戦いよりも臣従の誓いを選んだ。
エダードの兄ブランドンを狂王エイリスの命により殺害された。妹のリアナをレイガー・ターガリエンに誘拐されたためロバートと共にターガリエン家に戦いを挑みキングスランディングを奪還。領主エダードは王の手としてキングスランディングへ行くものの、ロバート王亡き後に謀反の罪でジョフリー王の命により斬首された

◇キャトリン・スターク(ミシェル・フェアリー)

南部「タリー家」出身でエダードの妻。愛称はキャット。サンサを解放させるためジェイミーを釈放しブライエニーとキングズランディングに向かわせる

◆ロブ・スターク王(リチャード・マッデン)

スターク家の長男でウィンターフェル城の城主にして「北の王」。父の敵を討つべくラニスター家に戦いを仕掛けた。
いつもダイアウルフのグレイウィンドを従えている

◇サンサ・スターク(ソフィー・ターナー)

スターク家の長女。キングスランディングで人質にされている。ジョフリー王から度重なる虐待に遭い、父を目の前で殺される。ジョフリーから婚約を反故にされ安堵する

◇アリア・スターク(メイジー・ウィリアムズ)

スターク家の次女で針仕事より剣術が得意。目の前で父を殺される。ナイツウォッチの新兵として壁を目指している

◆ブラン・スターク(アイザック・ヘンプステッド=ライト)

スターク家次男、愛称はブラン。ジェイミーと王妃の情事を目撃し突き落とされ下半身不随になった。ウィンターフェル城を襲撃されるがオシャやホーダーたちと逃げる

◆リコン・スターク

スターク家の三男。ブランと共にウィンターフェル城から逃げる

◇タリサ・スターク

ヴォランティス出身の看護師。ロブに見染められ結婚する

<ダイアウルフ>
生存:グレイウィンド、ゴースト、ナイメリア、サマー、シャギードッグ

<家臣>
◆ホーダー

知恵遅れの馬丁。下半身不随のブランの足代わりを務めている。

◇オシャ

野人だったが降参したためスターク家に仕える。シオンに襲撃されブランやリコンを連れてウィンターフェル城から逃げる。

◆ジョジェン・リード

グレイウォーター城主の息子で沼地人。予知夢を見る能力がある

◇ミーラ・リード

ジョジェンの姉。狩りの腕がいい

メイスター(学匠)・ルーウィン【没】
相談役で治療師、家庭教師。ウィンターフェル城をシオンに襲撃され殺された。


ロドリック・カッセル【没】
ウィンターフェル城の城代。武術指南役でジョリーの叔父。シオンの反乱で処刑される。


◇ブライエニー・タース(グウェンドリン・クリスティ)

タース家出身の女騎士でレンリー・バラシオンに仕えていた。レンリーの死後キャトリンに仕え、ジェイミーと一緒にサンサを解放させるためキングズランディングへ向かう。アダ名は“麗しのブライエニー”。

<旗主・北部諸公>
◆《グレイトジョン》ジョン・アンバー公
「ラスト・ハース城」城主。グレイウィンドに指を2本噛み切られるが、ロブの忠実な右手となる。

◆リカード・カースターク公

「カーホルド城」城主。戦で息子をジェイミーに殺され恨みを持っている

◆ルース・ボルトン公

「ドレッドフォート城」城主。私生児の息子はラムジー・スノウ。

◆ラムジー・スノウ

ルース・ボルトンの落とし子。

◆ロック

ルース・ボルトンの部下でジェイミーとブライエニーを捕える

◆クァイバーン

学鎖を剥奪された元メイスター。ハレンホールで瀕死のところをロブに助けられる

<旗印なき兄弟団>
◆ベリック・ドンダリオン公《稲妻公》

無法者集団の旗標なき兄弟団を結成し率いる。

◆ミアのソロス

ル・ロールの司祭。死者を復活させる魔術が使える。




【タリー家】
千年に渡って「リヴァーランド」に豊かな土地と大きな城を所有してきたが、王家として君臨したことはない。

ホスター・タリー公【没】
「リヴァーラン城」の城主。キャトリンやライサの父。


◆エドミュア・タリー(トバイアス・メンジーズ)

タリー家の長男でリバーランの後継者。キャトリンやライサの弟で独身

◆“ブラックフィッシュ”ブリンデン・タリー

ホスター公の弟でキャトリンの叔父。

<旗主・諸公>
◆ウォルダー・フレイ公

クロッシングの領主にして「ツインズ城」の城主。トライデントの合戦で遅れて来たため「フレイ遅参公」と呼ばれている。橋を渡らせるためロブと娘の結婚をキャトリンに約束させた。




【アリン家】
アリン家は「ヴェイル(谷間)」の最上位の貴族で、本拠地はアイリー城。
「山と谷の王」の末裔でアンダル貴族のうちで最も古く純粋な家系。

ジョン・アリン【没】
「アイリー(高巣)城」の城主にして<王の手>だった。ラニスター家によって暗殺?


◇ライサ・アリン

タリー家出身で三人目の妻でキャトリンの妹。ジョンとは親子以上に年が離れている。。夫ジョン・アリンの死後息子と共に城に籠る。

◆ロバート・アリン公
アリン家の長男にして、現城主。体が弱く、かなりのマザコン。愛称はロビン。




【グレイジョイ家】
海そのものを支配し、人魚を娶ったとされている。何千年にも渡って鉄諸島からの略奪者から「鉄人(くろがねびと)」と呼ばれた。かつて反乱を起こすがエダードによって鎮圧された。

◆ベイロン・グレイジョイ公

鉄諸島の領主で「パイク城」の城主。反乱を起こした際に長男と次男を亡くし、末息子のシオンをスターク家の被後見人(人質)にされた。

◇ヤーラ・グレイジョイ

グレイジョイ家の長女。「ブラック・ウィンド号」の船長

◆シオン・グレイジョイ(アルフィー・アレン)

グレイジョイ家の末息子。父ベイロン公の起こした反乱でエダードの被後見人になった。ロブを裏切りウィンターフェル城を奪還。

◆ユーロン・グレイジョイ《クロウズ・アイ》
ベイロン公の弟。ベイロンに鉄諸島から追放された

◆ヴィクタリオン・グレイジョイ
ベイロン公の弟。鉄水軍の海将

◆エイロン・グレイジョイ《ダンプヘア》
ベイロン公の弟で<溺神>の祭主





【ラニスター家】
西部「ウェスターランド」の最上位の貴族で本拠地はキャスタリーロック。ラニスポートに分家がある。
領地で黄金が採れる裕福な家で、アンダル人の血を引く。一族は金髪で美形が多い。

◆タイウィン・ラニスター公(チャールズ・ダンス)

「キャスタリー・ロック城」の城主で西部総督。狂王エイリス時代<王の手>だった。サーセイやジェイミー、ティリオンの父。再び王の手に就任。

◆ジェイミー・ラニスター(ニコライ・コスター=ワルドー)

ラニスター家長男で王妃サーセイと双子。狂王エイリス・ターガリンを殺した。リバーラン城の捕虜だったがサンサを解放させるためブライエニーとキングズランディングへ向かう。通称:キング・スレイヤー

◆ティリオン・ラニスター(ピーター・ディンクレイジ)

サーセイとジェイミーの弟。発育不全で体が小さく、インプ(子鬼)と呼ばれている。父タイウィンに命じられ<王の手>の代行を務め、ブラックウォーターの戦いでスタニスに勝利する。しかし父の帰還でお役御免。

◆ケヴァン・ラニスター

タイウィン公の弟

◆ランセル・ラニスター

ジェイミーやサーセイの従兄弟でロバート王の元従士。サーセイと体の関係を持っていたことをティリオンに脅され言いなりに

<家臣>
◆“マウンテン”グレガー・クレゲイン

ハウンドの兄。タイウィンの命で村を焼き尽くした

◆エイモリー・ローチ
ラニスター家の旗手で襲撃隊の隊長。アリアたちを捕まえる。

◆ブロン

アイリー城でティリオンの擁護者として決闘裁判で戦い、傭兵隊長に。

◆ポドリック・ペイン

ブラックウォーターの戦いでティリオンを助け従士に取り立てられた

◇シェイ

ティリオンの秘密の愛人。従軍売春婦




【バラシオン家】
「ストームランド」で最上位の貴族で本拠地はストームズエンド城。バラシオン家はターガリエン家の私生児に始まる家系であると言われる。七王国の中で最も新しく、征服戦争時代に創設された。
前王ロバートはエダードの亡妹リアナと婚約していたが、レイガーに彼女を誘拐され奪還するためターガリエンに戦いを挑んだ。その後、七王国で最も裕福なラニスター家から支援を受けるためサーセイと政略結婚した。ロバート亡き後はジョフリーが王位を継承

レンリー・バラシオン【没】
ロバート王の末弟で、兄亡き後に「ウェスタロス王」を名乗る。タイレル家よりマージェリーを妃に迎えるが、スタニスの策略により殺される


◇サーセイ・バラシオン摂政太后(レナ・ヘディ)

ジョフリーが即位し、摂政になる。権力を持ったジョフリーが手に負えなくなる。双子の弟ジェイミーと幼い時から愛し合っていて、ジョフリーやミアセラ、トメンはジェイミーの子。

◆ジョフリー・バラシオン王

鉄の玉座に君臨する新しい王。エダードを謀反の罪で斬首させた。ロバートの私生児をキングズガードに始末させた。サンサとの婚約を反故にしてマージェリーと婚約。

◇ミアセラ・バラシオン王女
バラシオン家の王女。南部ドーンとの同盟のためトリスタン・マーテルと婚約させられドーンへ送られる。

◆トメン・バラシオン王子
バラシオン家の王子。心優しい。

<小評議会>
◆“リトルフィンガー”ピーター・ベイリッシュ公(エイダン・ギレン)

タイレル家との同盟に貢献しハレンホール城を与えられた。

◆ヴァリス

宦官で密告者の長。幼い頃に去勢された。ペントスのイリリオと密通している。通称:スパイダー

◆グランドメイスター・パイセル

王家に仕える上級学匠。サーセイのスパイとバレてブラックセルに幽閉される。高齢なのに絶倫。

<家臣>
◆イリーン・ペイン

王の首切り役人。エイリス王に舌を抜かれたため話すことが出来ない。

◆“ハウンド”サンダー・クレゲイン

火傷で顔の半分が焼けただれている。ブラックウォーターの戦いで火に恐れをなして逃走。

<キングス・ガード>相続も結婚も許されず生涯王家に忠誠を誓った騎士
ジェイミー・ラニスター(総帥)の他にボロス・ブラント、マーリン・トランド、アリス・オークスハート、プレストン・グリーン・フィールド、マンドン・ムーア。

◇ロス

北部からやってきた娼婦。リトルフィンガーの娼館で働いている

◆オリヴァー

リトルフィンガーがロラスに近づかせるため雇った男娼




《バラシオン家/ドラゴンストーン城》

◆スタニス・バラシオン王

ロバート王の弟で、兄亡き後に王位を主張しウェスタロス王を名乗る。ブラックウォーターの戦いでラニスターに敗北

◇セリース・バラシオン王妃

スタニスの妃。女司祭メリサンドルを崇拝している。

◇シリーン・バラシオン

スタニスの娘。灰鱗病という体の一部が石化する疫病を患っている

<家臣>
◇レディー・メリサンドル

「ロードオブライト(光の王)」の女司祭。レッドウーマン(紅の女)と呼ばれている。

◆アクセル・フロレント
セリーヌ王妃の叔父で、ドラゴンストーン城の城代。

◆ダヴォス・シーワース

元密輸業者で罪を悔いるためにスタニスから指を切られた。「ブラックベーダ」の船長。ブラックウォーター湾で戦い息子たちを亡くす。通称:玉葱の騎士

◆サラドール・サーン

自由都市ライスの海賊でダヴォスから協力を求められる。




【タイレル家】
「リーチ(河間平野)」王家の執政として力を蓄え、支配権はドーン辺境およびブラックウォーター河の南西からサンセット・シーまでに至る。

◆メイス・タイレル公
「ハイガーデン城」の城主。南部総督にしてリーチ(平野)の総監。

◆ロラス・タイレル

タイレル家の三男で、マージェリーの兄。レンリーと恋仲だった。通称:花の騎士

◇マージェリー・タイレル(ナタリー・ドーマー)

ロラスの妹。夫レンリーが死にジョフリーと婚約。

◇オレナ・タイレル

ロラスやマージェリーの祖母。俗称:茨の女王

<旗主・諸公>
◆ランディル・ターリー公
「ホーンヒル(角の丘)城」の城主。息子サムをナイツウォッチに送った。




【マーテル家】
ウェスタロス最南部で最も人口希薄な土地「ドーン」。中心のサンスピアはドーンを統治するマーテル家の本拠地。ドーンは小国の連合体であり、マーテル家は領主の一つに過ぎなかった。
プリンス、ドーランの妹エリアはデナーリスの兄レイガー・ターガリエンと結婚したが、キングスランディングの略奪で殺された。




【ターガリエン家】
ドラゴンの血を引く家系で人間離れした美しさを持つ。目はライラックかインディゴ、スミレ色で髪はシルバー・ゴールドかプラチナム・ホワイト。エイゴン竜王時代に「狭い海(ドラゴンストーン)」に定住。その後、レイニス王時代に七王国を征服。王家の純血を保つため度々兄弟姉妹で結婚した。
狂王エイリスはキングスランディング略奪時にジェイミー・ラニスターによって殺害され、後継者レイガーとその家族も殺害された。次男ヴィセ―リスはデナーリスと逃亡生活を送っていたがドロゴに殺害された

◇デナーリス・ターガリエン(エミリア・クラーク)

エイリスの末娘。兄ヴィセーリスによってドスラク王のドロゴと結婚させられる。お腹の子レイゴと夫ドロゴを妖女の復讐によって失う。火の中でドラゴンを蘇らせた。

<家臣>
◆ジョラー・モーモント(イアン・グレン)

スタークに追われ亡命。今はターガリエンに仕えている。父はナイツウォッチのモーモント総帥。

◆バリスタン・セルミー

元キングス・ガード総帥。ジョフリーに引退を宣告され海を渡り、デナーリスに仕える。

<ナロー・シーの人々>
◆コヴァーロ

カール・ドロゴに忠誠を誓っていたドスラク人でデナリースの血盟の騎士

◇ドリア、ジクィ
ドスラク人でデナリースの侍女

◇ミッサンディ

クラズニスの奴隷で通訳

◆クラズニス

アスタポアの奴隷商人でアンサリード(穢れなき軍団)を所有

◆グレイ・ワーム

アンサリード(穢れなき軍団)の指揮官

◆ダーリオ・ナハリス(エド・スクレイン)

ユンカイのセカンド・サンズの副司令官。デナーリスに忠誠を誓う

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

*エピソードリストはこちら
*シーズン4の人物相関図はこちら

ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- コンプリート・セット(5枚組) [Blu-ray]
ピーター・ディンクレイジ,エミリア・クラーク,キット・ハリントン,レナ・ヘディ,ニコライ・コスター=ワルドー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


視聴環境:スターチャンネル



©2009 シーサイド発
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« スリーピー・ホロウ シーズン... | トップ | ハンニバル シーズン1 #9「T... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Game of Thrones」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事