シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

マスケティアーズ シーズン3 #9「栄冠」

2017年04月04日 22時18分06秒 | The Musketeers
Musketeers, The: Season 3 [Blu-ray]
BBC WARNER
BBC WARNER


The Musketeers Season 3 #9 The Prize

 国王の死でルーブル宮が揺らぐ中、グリモー、ガストン、ロレーヌ公の同盟から王太子を守るため、トレヴィルは大胆な行動に出る。コンスタンスとシルヴィは敵の目を盗み、王太子をパリ市内に匿った。ルイ王は遺言で王妃を摂政にしないと決め、トレヴィルを摂政に指名。
※以下、ネタバレあらすじです

 トレヴィルの極秘作戦は、王妃を孤立させ、忠実な銃士たちを引き裂くことになる。まずトレヴィルは親衛隊を解散させ、親衛隊と銃士隊が小競り合いに。グリモーは解散した親衛隊を配下に収める。評議会とトレヴィルは敵を分裂させるため策を講じる。それはガストンとロレーヌ公に恩赦を与えることだった。ガストンは宮殿に出向くことに同意する。

 ガストンは恩赦を与えられるが遺産はなく、新王に世継ぎがなければ王位を継承できるというものだった。新王への忠誠と謀略を止めることを条件に、リュクサンブール宮殿と高位に置かれ国庫から十分な手当を約束される。だが彼は王位を諦められずにいた。ガストンは囮とは知らず新王を逃すのを目撃。トレヴィルはロレーヌ公との交渉に挑み、軍の解散を条件にロレーヌ領の返還と独立を認めると告げる。

 新王が隠れ家から抜け出したことでコンスタンスたちは別の隠れ家へ移る。ガストンは何の恩恵もなかったと嘘をつき、ロレーヌ公も同じだと互いに嘘をつく。グリモーはトレヴィルが王太子をパリ市街へ移すはずがないと睨み探させる。その頃、王妃は銃士隊の兵舎を訪ねコンスタンスに息子に会わせろと迫る。教会で王太子の姿を見せると、そのせいでマルショーに見つかってしまう。アラミスが助け窮地を逃れる。

 ポルトスは和解の受け入れと引き換えに1000万リーブルと軍の共同指揮官のポジションをガストンに提案。その頃、トレヴィルはロレーヌ公に軍を後退させれば条約を文書にすると約束。一方、ダルタニアンは洗濯屋の地下に王太子と隠れ、コンスタンスとシルヴィを帰らせる。しかしダルタニアンがグリモーに刺され王太子を奪い去られてしまう。その頃、トレヴィルはロレーヌ公との交渉に成功、ガストンは騙されたことを知る。そこへグリモーが王太子を連れて戻りロレーヌ公を殺害。トレヴィルは王太子をポルトスに託し、敵に立ち向かい命を落とす。

ついにルイ王死去!まさかのトレヴィルが摂政に選ばれたけど、スペイン出身の王妃よりは反発も少ないと王も考えたんでしょうね。
王太子は隠しておいた方が安全なのに王妃は余計なことするなよー!大抵は同じパターンで敵に見つかるw
ガストンとロレーヌ公はうまく騙せたけど、グリモーはそう簡単に騙されてくれなかった。
トレヴィルは王太子を守って亡くなるなんて彼らしい最期だった。グリモーとの対決はどう終わるんでしょうか。次回ラスト!

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

Musketeers - The Complete Collection(Season1-3) [Blu-ray](海外inport版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


視聴環境:Hulu
※執筆時点での情報です。配信されているかどうかは要確認

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*また内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

===============================
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [終]ウォーキング・デッド シ... | トップ | ヴァイキング 海の覇者たち ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

The Musketeers」カテゴリの最新記事