シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

タイタンズ シーズン1 #10「コリアンダー」

2019年03月24日 23時06分56秒 | アメコミドラマ(DC)
バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル
合田 綾子
小学館集英社プロダクション


Titans Season 1 #10 Koriand'r

 *「キャッスル」のシーマス・デヴァーがゲスト

 突然コリーに襲われたレイチェルは、ハンクとドーンに助けを求める。ディックとドナ・トロイが現れて投げ縄でコリーの動きを封じる。コリーは目を覚ますとなぜ襲ったのか覚えていなかった。少しずつ記憶が戻りつつあるコリーはディックたちの前から姿を消す。ディックはいつものコリーと違っていたと心配し、ドナと共にコリーを追跡する。
▼以下、ネタバレあらすじです

 アンジェラの前に幼なじみのトミーが現れる。彼は保安官でデイトンで起きた列車事故を調べていた。レイチェルはコリーに襲われたショックから抜け出せずにいた。そして自分と一緒にいると危険な目に遭うから出て行くべきだとガーを拒絶する。アンジェラは手放したことを後悔しているとレイチェルに話し、同じ過ちを犯さないでと諭す。ガーは不気味な部屋で血を流している鏡の中の自分を見る。その後、殺してしまった研究員の亡霊を見る。それと同時にこの家に奇妙さを感じていた。

 同じ頃、コリーは答えを求めて廃墟にたどり着き、ディックとドナもその場所に到着する。倉庫に入った3人はスキャンされ、ステルス機が姿を現わす。自らの過去や不吉な予言について、コリーは衝撃の事実を思い出す。コリーは惑星タマランからやってきていた。世界の終わりを記した古い本“グーロン・デス・ダイア”を開くと、レイチェルが生きればタマラン星が滅びる未来予測が現れる。レイチェルではなく異次元から来た存在によって滅ぼされるという。

 遥か昔に地球に降臨し、世界を破壊したけど地球を追われた。トライゴンは娘を作るために召喚されたが、今は元の世界で封じ込められていた。娘は彼が出てくるための扉で、この世界に留まるための錨だった。地球が彼の闇に覆われ、いずれタマランを含むすべてが滅びると言われていた。ドナは本の記述から母親もグルだと気づく。その頃、ガーは体調が悪くなり倒れてしまう。ガーは鼻血が止まらず、訪ねてきたトミーも助けを呼ぼうにも携帯が不通になってしまう。

 組織も施設も全て罠でアンジェラの計画だったと気づいたディックたちは急いで家に向かう。ドナはトライゴンを倒す方法はレイチェルだけだと気づく。そのためには戦士になるための400日間の訓練を耐える必要があった。アンジェラは助けを呼ぼうとしたトミーを殺し、レイチェルには嘘をつく。レイチェルの力ではガーを治せず、父親なら治せるとそそのかす。レイチェルは言われるがまま父親を呼び戻してしまう。

 車の電気系統が故障し途中で止まってしまう。コリーはトライゴン(シーマス・デヴァー)が来ていることに気づき、レイチェルを心配する。レイチェルはガーを助けるよう父親に頼み、瀕死だったガーは回復する。ディックたちには家は見えなくなっていた。ディックは通れるがコリーとドナは弾かれてしまう。トライゴンは世界を壊す前にレイチェルの心を変えようとしていた。

コリーはタマラン星からやってきた異星人だったのね。それであんな力があるなら納得。船を見つけたことで色々なことが分かって、トライゴンに対抗する手段も分かった。
でも全てはアンジェラの計画で、戻った時にはトライゴンが戻ってきてしまった。アンジェラにはすっかり騙された!
トライゴンさんはキャッスルのライアンでしたが、予想外に素敵そうな父親に見える。レイチェルは母親もグルだったとは気づいてないからショック受けるだろうなぁ〜。きっとレイチェルは父親を倒すために過酷な試練に耐えることになるかな。
ドナも投げ縄使ってたけどコスチューム姿見れなくて残念!早くディックも新しいコスチューム着てくれないかな。次回は最終回です。

↓応援ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

ティーン・タイタンズ:ダミアン・ノウズ・ベスト (ShoPro Books)
コーイ・ファム他,中沢 俊介
小学館集英社プロダクション


視聴環境:Netflix

©︎2009 シーサイド発
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« iゾンビ シーズン4 #10「ダ... | トップ | アメリカン・ゴッズ シーズン... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。