シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

キリアン・マーフィー主演「ピーキー・ブラインダーズ」シーズン4

2018年01月06日 23時55分09秒 | 歴史ドラマ
Peaky Blinders - Series 1-3 [Import anglais]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


Peaky Blinders Season 4

 前シーズンではトミーが妻グレイスを失い、アーサーとジョン、マイケル、ポリーが逮捕されてしまいバラバラとなったシェルビー家。アーサーたちが処刑されることになり、トミーが手を打って処刑寸前で阻止。そんなある日、ニューヨークのマフィアから報復予告が届く。それは一年前に犯した殺人の敵討ちだった。
※以下ネタバレです

 アーサーに父親を殺されたルカ・ジャングレッタ(エイドリアン・ブロディ)が報復のためスモールヒースに乗り込んで来ていた。まず狙われたのは三男ジョンとマイケル。マイケルは瀕死の重傷を負ったのものの、ジョンは亡き人に。トミーはマフィアに対し攻勢に出るため、家族間に休戦を持ちかける。トミーは襲撃を予測してジョンの葬儀に、ジプシーのアベラマ・ゴールド(エイダン・ギレン)に大金を払って協力を要請していた。彼には他に狙いがあり、息子ボニーをボクシングの試合に出すことだった。

 リンダに気を逸らされた後にアーサーが襲撃を受けるが敵二人を葬る。ボニーの類まれな才能を見抜いたトミーは彼に試合をさせることにし、アルフィー・ソロモンズ(トム・ハーディー)が対戦相手を連れてやってくる。ポリーはルカにある取り決めを持ちかける。そんな中、アーサーの命が狙われると分かりシェルビー一家は攻防を企てるが、ルカの本当の狙いは病院にいるマイケルだった。だがルカはマイケルを殺さず取引成立だと言い残して立ち去るのだった。一方、リジーはトミーの子を妊娠したと分かる。

 ポリーの情報を元にトミーの命を狙うルカだが、トミーと銃撃戦に発展。トミーとルカの一騎討ちになるはずが警官隊がやって来て中断されてしまう。実はポリーは裏切っておらずトミーと相談して決めたことだった。ルカはアルフィーに接触しボクシングのセコンドに手下を配置させる代わりにラムの供給を約束する。ボクシングの試合の最中にアーサーは敵のセコンドが素人だと勘が働き、後をつけると首を絞められてしまう。トミーが駆けつけた時にはアーサーはぐったりした後だった。

 シェルビー家はアーサーの葬儀を行う一方でマイケルをアメリカへ遣わす。ルカの母親がすべての事業を譲り渡せば血の復讐は終わるとトミーに和平交渉を持ちかけてくる。ルカはアルフィーの事業を乗っ取りシェルビー家を乗っ取ろうとする。だがシェルビー一家はルカと敵対するニューヨークのマフィアやシカゴのアル・カポネを酒密売の話を取り付け、ルカの手下をも買収。死を装っていたアーサーに復讐を果たさせる。ようやく一家は命を狙われる危険からは解放される。

 その後、トミーは裏切ったアルフィーを殺しに向かう。彼はフランスでの毒ガス攻撃でがんを患っていた。トミーはアルフィーと撃ち合って決着をつける。トミーは休暇を取ったことで戦争を思い出し苦しむようになっていた。トミーは共産党員のジェシーから情報を入手、組合員として潜入し内部で昇進し弱体化させる狙いがあった。政府にその見返りとして選挙に出馬。労働党下院議員に当選する。

エイドリアン・ブロディとエイダン・ギレンがゲストに加わって更に豪華だった。エイダン・ギレンはGOTのリトルフィンガーのようにもっと陰謀を張り巡らせるかと思いきやそうでもなくて残念。
ポリーは死にかけてからますます魔女みたいになっちゃって「ペニードレッドフル」思い出した。トミーにまで魔女だって言われてたしw
エイドリアン演じるルカが好敵手で面白いシーズンでした。いきなりジョンの死亡で驚きましたが、あの状況でよくマイケルは生き延びたなぁ〜。アーサーのはきっと偽装だなって分かったけど。アルカポネや大物を味方につけてどんでん返しとはトミーも策士だねぇ。ずっと敵なのか味方なのかだったアルフィーとも決着が着いてしまった。彼の再登場がもうないと思うと寂しいな。
一番驚いたのはトミーが議員って!事業もどんどん合法なものばかりになって行くのかな?

↓面白かった、参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

Peaky Blinders: Series 1-4 Episode Guide (English Edition)
James Donaghy
メーカー情報なし


視聴環境:Netflix

最新作から不朽の名作まで、厳選された映画・海外ドラマをスマホ・タブレット・PC・FireTVで見れる!

©︎2009 シーサイド発
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 新年のご挨拶と2018年の海外... | トップ | レジェンド・オブ・トゥモロ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史ドラマ」カテゴリの最新記事