シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン5 #15「地獄」

2019年03月23日 22時57分30秒 | Vikings
Vikings: Season 5 - Part 1 [Region B] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


Vikings Season 5 #15 Hell

 殺された預言者は土の中で焼かれる。預言者を訪ねたヴィトゼルクは地面が血で濡れていたと心配するが、アイヴァーは預言者がいなくなったとシラを切る。欲望を捨てようともがく中で、お告げにより地獄を見た司教は罪の意識に苛まれる。サクソン族と戦場で衝突したヴァイキングは、その混乱の中で大切な人物を失うこととなる。
▼以下、ネタバレあらすじです

 出陣を前にアルフレッドは反逆罪でキネハード卿を拘束する。無実を訴える彼をジュディスは拷問にかけて無実かどうか確かめる。ウベは敵陣に赴き、カテガットを追われアルフレッド王が守ってくれた、土地の譲渡と引き換えに加勢したとハーラル王に話す。だが交渉しても仕方がない血を流すしかないと告げられ、ビヨルンやラゲルサと共に仲間に加わるよう提案される。ハーラル王がこの戦いに勝ちカテガットに戻りアイヴァーを倒す気だと知り、ウベは和解する手もあると示す。

 ウベが洗礼を受けキリスト教徒になったと聞いたハーラル王は信じられない。金と銀を好きなだけ渡す代わり立ち去れと提案され、明日また来いと言って帰らせる。そんな中、マグヌスはハーラル王の前にラグナルの息子だと名乗り出る。アルフレッド王が戦う準備をしていると知ったハーラルは交渉する気はなかったと気づく。ウベを待つ間に敵軍に側面を固められたと知ったハーラル王は受けて立つ。

 戦いを前に地面が焼かれヴァイキング軍は逃げ場を失う。投石機により火玉が投げ込まれ戦場は地獄と化す。ヘフマンド司教は矢で射抜かれ敵に背後から刺される時までラゲルサの名前を呼び続けた。劣勢となりハーラル王は退却を命じる。サクソン軍とヴァイキングの激しい戦いの中でアルフレッド王は鹿を見たが、キリストが姿を変えて神は共にいると教えてくれたと考える。アルフレッドは偉大な戦士ヘフマンドと剣を共に埋葬することにする。そしてヴァイキングがいなければ勝利できなかったと讃える。だがラゲルサの姿は見つからなかった。

 ウェセックスがお祝いムードの中、浮かない表情のジュディス。謀反を企てた者を突き止めた彼女はエセルレッドが首謀者だとアルフレッドに打ち明ける。カテガットでは、母親を除いて愛されることも愛することも知らなかったアイヴァーは怒って生きてきたが今は違うと妻に感謝する。それと同時に神なら何かしなければと考えていた。一方、ハーラル王と共に戦ったマグヌスはキリスト教の神は偽物で、近い将来イエスキリストは忘れ去られると思っていた。

えーーー!ヘフマンド司教がここで退場!?なんだかあまり見せ場もないままいなくなってしまうのか。夢で地獄を見たというのがお告げだったのね。肉欲の罪に苛まれていたけど、最後まで愛するラゲルサの名前を呼び続けていたけど、彼女を愛したことで救いもあったのかも知れない。そして戦場からラゲルサが消えていたけど、何処へ?ハーラル王たちに捕らわれていなければいいけど。
ハーラル王はウベに一杯食わされたね。狙っていた首領の妻もウェセックスの捕虜に捕らわれちゃったし、女運ないね〜。
アイヴァーは預言者を殺しておいてよく自分が神だとか言ってられるわ。預言者殺した時点で呪われてそうだけど。だんだんイタい人にしか見えないよ!
兄が謀反の首謀者だと知ったアルフレッドはどうするのかな?

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

ヴァイキング 海の覇者たち シーズン5第15話「地獄」
マイケル・ハースト,マイケル・ハースト,キース・トンプソン
メーカー情報なし

視聴環境: Amazonプライムビデオ

©︎2009 シーサイド発
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« GOTHAM/ゴッサム シーズン4 ... | トップ | iゾンビ シーズン4 #10「ダ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。