シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7 #5「イーストウォッチ」

2017年08月17日 23時03分08秒 | Game of Thrones
Game Of Thrones (Music From The Hbo Series) Season 7
Watertower Music
Watertower Music


Game of Thrones Season 7 #5 Eastwatch

 奇襲に成功したデナーリスは生き残ったラニスター兵たちにある選択を迫る。三つ目の鴉となったブランは死の軍団が壁に向かっていることを確認し、直ちにジョンとシタデルに使い鴉を送る。ウィンターフェルでは、アリアがリトルフィンガーに対する警戒心を強くする。
※以下、ネタバレあらすじです

<リーチ>
 ドラゴンの炎に焼かれかけたジェイミーはブロンに助けられていた。本気でドラゴンを使われたら勝ち目がないとも察し、サーセイに伝えようと王都へ戻ることにする。一方、ティリオンは兄ジェイミーの死体があるのではと恐る恐る確認して歩く。デナーリスは生き残った兵たちに跪くか、炎で焼かれるかの選択を迫る。ランディル・ターリーはウェスタロスに縁のない侵略者に誓いを立てる気はないと断る。ティリオンは守人の道もあると示すが聞く耳を貸さず、ディコンも同じ選択をする。2人はドラゴンの炎で焼かれ灰になる。

<キングスランディング>
 王都へ戻ったジェイミーは、ドスラク人は楽しんで敵を殺す連中でどんな傭兵も軍も勝てない、スコーピオンでもドラゴンを止められず負け戦だとサーセイに報告。サーセイはデナーリスが優勢なのに和平に応じるはずがない、父と甥を殺したティリオンなら仲裁役になるかも知れないと思案する。ジェイミーはジョフリーを殺したのはティリオンではなくオレナだと告げ、ジョフリーとトメンのどちらを選べばオレナが真の支配者になれるかと話し真実であることを分からせる。ジェイミーは戦いを止めるべきと諭すが、戦って死ぬか服従して死ぬかくらい理解していると言われる。

<ドラゴンストーン>
 ジョンが丘で佇んでいるとドラゴンとデナーリスが帰還する。ドラゴンがジョンに近づくと触れられるのを許すのだった。デナーリスはドラゴンがどんなに恐れられても自分にとっては子供たちだと話す。"胸に短剣を受けた"件についてジョンを追求すると誇張したと誤魔化される。そこへジョラー・モーモントが戻り、再び女王に仕えたいと申し出る。

 デナーリスがターリー公に選択の余地を与えたが焼き殺したことでティリオンは思い悩んでいた。ヴァリスは狂王の時も自分に「殺すのは私じゃない」と言い聞かせてきたと話す。良き相談相手がいなければ父王と同じ道を歩むと忠告。ウィンターフェルからの書状でアリアとブランの生存を知ったジョンだが、死の軍団がイーストウォッチに進むのを見たブランからの報告で帰る決意をする。

 ティリオンはサーセイに死の軍団が存在することを信じさせるため、死人を1人だけ壁の中に入れる計画を立てる。ティリオンとダヴォスが王都へ侵入してジェイミーを説得し、ジョラーはジョンと共に壁の外へ向かうことになる。だがデナーリスはジョンが去ることを許可しない。そこでジョンは殺される危険を知りつつここへ来て女王を信じた、今度はあなたに信じてもらいたい、それしかないとデナーリスを説得。

<北部>
 三つ目の鴉となったブランは死の軍団が壁に向かっていることを確認し、直ちにジョンとシタデルに使い鴉を送る。一方、北部諸侯たちは南へ向かったジョンへの不満を募らせていた。だがサンサはジョンへの侮辱を黙って聞いていた。アリアはそれを指摘し、処刑して従わせればいいと意見する。処刑すれば諸侯の団結は見込めないと反論するサンサに、アリアはジョンが戻らなければ彼らの支持がいる、団結させればサンサの欲しい物が手に入ると指摘する。

 アリアはリトルフィンガーに対する警戒心を強める。後を追い、ウォルカンから学匠ルーウィンの書庫から見つけさせた資料を受け取るのを確認。部屋に忍び込み、隠した資料を見つけ出す。サンサがジョンに宛てた手紙だった。しかしリトルフィンガーはアリアが部屋から出て来るのを見届けほくそ笑む。

<オールドタウン>
 ウィンターフェルから死の軍団の脅威が迫っていると知らせを受けたシタデルのメイスターたちは信じようとしない。サムは足の動かない少年はブラン・スタークで壁を越えさせたと説明し、彼に耳を貸すべきだと主張。シタデルが"脅威は本物だ"と言えば皆信じ、壁を守る兵を出すはずと意見する。そして長き夜のことを調べれば死の軍団を葬る術が見つかるかも知れないと主張。アーチメイスターは真実の可能性もあるが、ドラゴンの女王の罠の可能性もあると懐疑的だった。まずは学匠ウォルカンに確認することにする。まだサムには父と弟が焼き殺されたことを伏せていた。

 総司祭メイナードは何もかも記録していて窓の数や大便の回数まで残していた。公子レイガーの婚姻無効届にはドーンで公子がこっそり別の女性と結婚していたことも記されていた。夜の王を倒す術が書庫で見つかるはずなのにと業を煮やしたサムは、書庫からいくつかの書物を盗み出す。そしてジリやリトル・サムと共にシタデルを後にする。

<キングスランディング>
 ティリオンは王都に潜入しブロンの手引きでジェイミーに会う。父を殺した弟を許せないジェイミーにティリオンは、父は無実と知りながら処刑しようとしたと反論。サーセイが条件を飲めば休戦すると持ちかける。同行したダヴォスは町の鍛冶屋でジェンドリーを見つける。ジェンドリーは目的は分からないが旅立つ日が来ると準備していた。本名は名乗るなと約束させドラゴンストーンに連れ帰ろうとする。見回りのシティウォッチをごまかしたダヴォスだったが、ティリオンだと気づかれてしまう。ジェンドリーが戦鎚で彼らを片付ける。

 一方、クァイヴァーンがサーセイの元を立ち去った後、ジェイミーはティリオンに会ったことを姉に報告。そしてデナーリスが死の軍団の脅威が迫っているため休戦を持ちかけてきたと話す。するとサーセイはブロンが水面下で面会を手配したと指摘し、デナーリスとの和解が自分たちのためかもと仄めかす。妊娠したと打ち明け「獅子は羊の評判など意に介さない」と父の言葉を借りる。そして二度と裏切らないでと念を押す。

<ドラゴンストーン>
 ダヴォスはドラゴングラスの採掘を行っているジョンにジェンドリーを紹介。父たちが共に戦い勝った話で打ち解ける落とし子たち。ジェンドリーは壁の北へ同行すると申し出る。二度ダヴォスに救われた彼は死の軍団の話が本当なら今すぐ戦いたいと意を決する。ティリオンはジョラーとの再会を喜び、奴隷商人からもらった金貨を渡して必ず生きて戻れと送り出す。デナーリスに見送られジョンたちはドラゴンストーンを後にする。

<壁>
 イーストウォッチに到着したジョンたちはトアマンドに計画を話すと、壁を越える志願者がいると告げられる。それは旗印なき兄弟団のベリック公とミアのソロスとハウンドだった。ロード・オブ・ライトに殺されかけたジェンドリーは彼らを信用せず、トアマンドはジョラーがモーモント総帥の息子だと知り恨み言を言う。ベリック公は同じ時に集い同じ場所を目指している、大いなる目的のためだと主張。ジョンは「皆同じだ、生きている」と言って彼らと共に壁を越える。

今回も多くの出会い、再会がありましたね!そことそこが繋がった!ってワクワクしましたよ♪
ジョラーがやっと戻りデナーリスに再び使えられることを喜んで、壁の北へ行くなんて!元々北部の人間だし彼なら生還してくれると信じたい!そしてジェンドリーが久しぶりの登場!まさか彼まで壁について行くとはなぁ〜。しかし死人一人だけ捕まえて帰るなんて可能なのか?
ジョンがドラゴンに触れるのを許されたのはやはりターガリエンの血筋だからでしょうね。きっとドラゴンは分かってる!それにシタデルの書物にレイガーが別の女性と極秘結婚=リアナのことなのでジョンは落とし子ではなく、正当なターガリエン家の後継者ってことになりますね。ジョンは一度ウィンターフェルに帰ればブランから聞けたのになぁ〜
ティリオンはジェイミーが死んだかもしれなくてデナーリスに対して忠誠心が揺らがなかったのだろうか?結果的にジェイミーと再会できたけど。サーセイが和解に応じるとは到底思えないな〜きっと裏で何か企んでるに違いない!ジェイミーこそサーセイのやり方についていけなくなるかも?
サンサとアリアも昔のようにはいかないみたい。アリアもっとうまくやらないとリトルフィンガーに足元すくわれちゃうよ!あの手紙は罠に違いない!
サムは父と弟がドラゴンの炎で焼かれたことは知らないままなんですね。サムが向かった先はきっと壁か北部なはず。
壁でブラザーフットが待っていてこれまた興奮した!すごい運命と巡り合わせだなぁ〜無事に帰ってきてーー!

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

*エピソードリストはこちら
*シーズン7人物紹介はこちら

ゲーム・オブ・スローンズ第7章第5話「東の物見城(イースト・ウォッチ)」〈Amazonビデオ〉
George R.R. Martin,David Benioff,D.B. Weiss,Carolyn Strauss,Frank Doelger,Bernadette Caulfield
メーカー情報なし

ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌 ブルーレイ コンプリート・ボックス (初回限定生産/6枚組) [Blu-ray]
ピーター・ディンクレイジ,エミリア・クラーク,キット・ハリントン,メイジー・ウィリアムズ,ニコライ・コスター=ワルドー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


視聴環境:スターチャンネル



©︎2009 シーサイド発
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女王ヴィクトリア シーズン1 ... | トップ | iゾンビ シーズン1 #3「消さ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Game of Thrones」カテゴリの最新記事