シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

ARROW シーズン6 #15「ドッペルゲンガー」

2018年11月12日 22時29分15秒 | ARROW
ARROW/アロー 6thシーズン ブルーレイ コンプリート・ボックス (1~23話・4 枚組) [Blu-ray]
スティーヴン・アメル,ケイティ・キャシディ,デヴィッド・ラムゼイ,ウィラ・ホランド,エミリー・ベット・リッカーズ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


ARROW Season 6 #15 Doppelgänger

 *ロイ・ハーパー再登場

 ブラックサイレンが警察署に現れ、ローレル・ランスだと名乗る。ローレルは病院に保護されるが、ランスたちが目を離した隙に、ディアスの仲間である警官に連れ去られてしまう。一方、ケイデンの死亡により証拠の裏付けが消え、レネの証言は無効となり棄却。だがアーマンドが連れてくる新たな証人がロイ・ハーパーだとわかり、オリバーはロイの救出に奔走する。
※以下、ネタバレあらすじです

 テアはロイのため再びスーツを纏い、通気口から監禁場所に侵入する。ロイは警官から暴行を受けていた。警官が目を離した隙にテアがロイの救出を試みるが、SWATが駆けつけてきてしまう。警官らはコルトマルテスの会社から大金をもらっていて、ディアスの息がかかっていた。テアはロイが心配でならない。オリバーは警察内部にディアスの手下がいて、組織的な不正行為が行われているとランスとダイナに明かす。そして2人に汚職の現状と信頼できる人物を調べるよう依頼。

 連れ去られたローレルはアナトーリとディアスの元へ連れてこられる。ディアスは男たちを鍛えファミリーを作っていた。ローレルが隠した金を取り返したディアスだが彼女を逃す気はない。一方、ディグルは2ヶ月経つのにフードを渡す気がないオリバーに不安を感じていた。ロイの移送は偽装で、彼はディアスの元へ連れて来られていた。ロイは証言しないと頑なに拒否していたが、テアのことを持ち出され気持ちが揺らぐ。オリバーはロイを救えたら彼が行くところへ付いて行き幸せになれとテアに助言。

 そんな中、ローレルがディアスの情報を持って現れる。ディアスは街を乗っ取る気でロイはカジノ跡にいると言う。居場所がバレたためディアスたちはロイを移動。激しい戦闘の最中、テアはロイを追ってディアスと対峙。テアはロイと車で逃げるが、オリバーはディアスを捕らえて残れば汚職警官たちに逮捕されるため、止むを得ず逃げる道を選ぶ。ローレルは別人だけど努力しているとオリバーに話す。だがこれもディアスの作戦のうちだった。そしてタナトス・ギルドがテアを見つけラーズ・アル・グールの後継者がいたと報告する。

ロイが久しぶりに登場!前より少し太ったような?案外簡単に見つかっちゃうもんなのね。
ロイ救出作戦でテアが再びフードを被ってくれたのも嬉しい。そしてロイとテアは離れ離れでもお互いを思う気持ちが変わらないのも良いね。
オリバーがなかなかフードをディグルに渡さないから、さすがのディグルも苛立ってきてる。そりゃそうだ。
ローレルは改心したフリをしてやっぱりディアスと組んだままなのね。
リーグは壊滅したのでギルドは残党かな?

↓応援ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

*エピソードリストはこちら
*アローバースガイドはこちら

ドッペルゲンガー
グレッグ・バーランティ,アンドリュー・クライスバーグ
メーカー情報なし


視聴環境:Amazonビデオ



©︎2009 シーサイド発
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« デアデビル シーズン3 #10~11 | トップ | ARROW シーズン6 #16「父が... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ARROW」カテゴリの最新記事