シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

THE FLASH/フラッシュ シーズン4 #21「ハリソン評議会」

2018年12月06日 23時40分41秒 | THE FLASH
ハリソン評議会
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


THE FLASH Season 4 #21 Harry and The Harrisons

 完成が迫っていたデヴォーの光の計画の衛星を阻止するために、チーム・フラッシュはアミュネットに協力を仰ぐことにする。同じ頃、ハリーは知能が消滅しつつあることで"ハリソン評議会"から追い出されるが、新たにシスコはハリーを"ハリソン評議会"に招集するのだった。
※以下、ネタバレあらすじです

 アジトを訪ねるとアミュネットは行方不明だと分かる。ウルフとの取引に失敗し人身売買から手を引いていた。CAだった経歴から本名はレスリー・ジョコイだと判明。一方、H・ウェルズは会合に遅刻することで除名になっていた。ハリーは他にも除名されたアース24のサニー・ウェルズやアース25のハリソン・HP・ウェルズと共に新チームを組む。

 ケイトリンはキラーフロストの件でアミュネットを頼ったところ、闇取引されている装置で切り離してくれたとジョーに話す。アミュネット捜しをしていたケイトリンとジョーは闇カジノで彼女を見つけ出す。アミュネットの協力を取り付けたチームは、加速器爆発の夜に彼女が乗っていた飛行機の残骸からアルニコを探す必要があった。ケイトリンはキラーフロストを出すために遺伝子スプライサーを使わせて欲しいと頼む。1つ言うことをきくのを条件に取引する。盗まれたアルニコはアミュネットの手下ノーヴォックの仕業だと判明する。

 ハリソン評議会はハリーの知能を戻せなかったが、デヴォーを理解するには彼になりきるしかないと気づかせてくれた。アイリスはデヴォーの計画を人々に伝えるべきだと主張。バリーはリスクが高すぎると反対するが、フラッシュが人々を信じる番だと説得される。アミュネットは、スプライサーは技術的な効果はなかったが、プラシーボ効果で引き出されたとケイトリンに明かす。そして彼女はノーヴォックが偽の取引場所にいると気づく。

 バリーはノーヴォックの毒を浴びてしまい、アミュネットもアルニコ対策装置を使われ太刀打ちできない。バリーは振動により毒を排出し、アミュネットはアルニコでノーヴォックの顔を封じる。立ち去ろうとしたアミュネットにケイトリンは、デヴォーから逃れられる場所はないと説得。アミュネットはアルニコの破片をパワーで固めた手榴弾を託して去っていく。ハリーはデヴォーが行動しないのは妻を失ったからだと気づく。バリーの同意を得てアイリスは記事を出す。その結果、目撃情報が相次ぐ。

ハリソン評議会キタ━(゚∀゚)━!ハリソン・ウェルズのキャラがたくさんいてご本人も演じるのも楽しんでそうw
追い出された変わり者3人と組んだハリーは共感できたのは良かったね。おかげでデヴォーの気持ちになれて動きが読めた。
アミュネットが身を潜めていたのもデヴォーのことを警戒してだったのか?アミュネットも自分に利益がないと動かない人だけど、ちゃんと善い心もあるんだね〜。
バリーのスーツ色んな機能あったはずだけど流石に解毒剤はなかったか。振動で排出できたから自己解決したけども。
キラーフロストはどうやら装置も関係なく、他のメタヒューマンとは違ってそう。

↓応援ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

*エピソードリストはこちら
*アローバースガイドはこちら

THE FLASH/フラッシュ 4thシーズン ブルーレイ コンプリート・ボックス (1~23話・4枚組) [Blu-ray]
グラント・ガスティン,キャンディス・パットン,ダニエル・パナベイカー,カルロス・バルデス,トム・キャバナー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


視聴環境:Hulu



©︎2009 シーサイド発
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« スーパーガール シーズン3 #... | トップ | ナルコス:メキシコ編 シーズ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

THE FLASH」カテゴリの最新記事