日常のぼやき

日常をぼやいたりアニメ漫画見たりゲームしたり自作の小説を載せたり。小説はエブリスタにも載せています

薄桜鬼碧血録 14話 蹉跌の回廊

2010-10-12 | 薄桜鬼
薄桜鬼14話です。全然関係ないけど、近所で桜が咲きましたww何これwww



内容。甲府に向かった新撰組だったが、先に甲府城を落とされていてしまっていた。敵の戦力に勝てないとわかりきっていたが近藤は撤退をせず応戦を指示、結果多くの部下を死なせてしまう。
ようやく撤退をするも、敵に羅刹隊がおり囲まれてしまう。羅刹隊を率いていたのは、千鶴の父だった。



感想いきます。盛り上がってきたのでテンションが上がりっ放しですw


とりあえず千鶴を貼ってみる。今回前半がちょっと作画微妙でしたが千鶴は美人でした。



それにしても今回斉藤ルートをちょっとやるとは思ってなかった・・・まあ彼は今後の不安を抱えているのでこれはやらないといけないですけどね。
刀を振るう事を信じてきたけど時代が変わり、もう刀は必要ではないと悩む斉藤。刀はなくなっても、武士の心はなくならないと説得する千鶴が可愛い(ry

微衷・・・真心。

教えてくれてサンクス。ゲームだと教えてくれなかったんで自分でググったのを思い出しました。これがアニメの優しさかwまあゲーム内でも用語説明機能はあるんですけど、めんどくさかったから見てなかった。
時代が変わっても自分の心、魂は変わらない。斉藤にも少し活路が見出せました、千鶴のおかげで。(ここ大事)


不利な戦いなのに撤退しないと言い張る近藤に、新八の怒りが頂点に来ました。どんどん仲悪くなってきた・・・
土方はその場をなんとかおさめて、一人援軍を迎えに行くことに。ここはもう危ないから逃げろと言う土方に


「だが断る!!」
千鶴がだんだん男らしくなってきた。嬉しい限りです。


お互い必ず生きて再会をするという誓いの証。こういうのが昔はあったんですね、ちょっとかっこいいです。
しかしそれは死亡フラグと言ってだな(以下略まあ死なないけど。


戦いの結果はわかりきっていて新撰組のボロ負け。ようやく自分の愚かさに気づいた近藤はここで死ぬ覚悟を決めるも、千鶴に説得されて生きる決意をする。
っていうか近藤が何か叫びながら突っ込んでドッカーンってなったシーン悪いがフイタ。


千鶴の笑顔がまぶしい・・・決して近藤さんのドッカーンにこの笑顔なわけじゃないです。



ちなみにその後の斉藤の「行きましょう」が「行きましょ」(オネエ言葉)に聞こえて大爆笑したのは内緒です(内緒じゃねえ


近藤を逃がすため残った原田の前には不知火が遊びに来ましたこんにちは。
戦い始めるも、別の兵が来てしまって勝負はお預けに。「邪魔すんじゃねえ!」と二人で飛び掛る辺り息もピッタリ、お前らそのまま友達にでもなっちゃえよ。
しかし敵は羅刹だった。何故か昼でも動き回る羅刹は斬っても斬っても倒れず向かってくる。


というわけでかなり貴重な原田の刀で戦うシーン。これはアニメオリジナルです。
「あれ?原田って刀持ってたっけ?」と思ってしまったけど、そういえば坂本竜馬暗殺の時「現場に原田の鞘があった」っていう言いがかりつけられてたっけね。

羅刹を率いていたのは千鶴の父。薫もこちらに向かっているし、風間も来たし役者が揃ってきました。沖田はこの際おいといて・・・っていうか普通に平助を忘れていた。羅刹だと昼いないから存在忘れる・・・そういやゲームでもそうだったなw
オリジナルの展開になってきたし、たぶん沖田は無理して来そうです。


煙と何とかは高いところに上るって言うけどなんだっけなーwそういえばまだ洋装じゃないですね。
走る薫に気がついたけど、ゲームでは面識のない二人なので千鶴と勘違いしてたらどうしようwありえないけどw


いやー面白かったー!テンション上がりっぱなしです。来週どうなるのか楽しみですね!
他の人の感想見てると羅刹作ったのが山南さんだと思ったって人結構いるみたいです。まあそうなっても仕方ないかw
一応前期最終回で、敵は銀の弾で銃を使ってくる=敵に羅刹に詳しい者がいるっていうフラグは立ってました。そんな会話してたし、沖田の傷の治りが遅いの銀の弾のせいですしね。
以下、ゲームのネタバレなので見たい人だけ反転。

今回の話はだいぶいろんなキャラのルートが織り交ざってきましたね。
斉藤と千鶴の会話→斉藤ルート
鋼道がボス→斉藤、あるいは原田ルート
不知火乱入→原田ルート
薫登場→沖田ルート

どうなるんだこれw土方ルートにしても他のキャラルートやりまくりでかなり嬉しいんですけどw
唯一どうなるか気になるのは斉藤が薬を飲むかどうかですね。斉藤は土方ルートでも斉藤r-トでも飲むんだけど、このままだと飲まないENDもありか?まあ史実じゃ生きてた人だからなあ・・・

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 心霊探偵八雲 2話 白狐の祟り | トップ | 時々大人買いしたくなる »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トッシー)
2010-10-18 00:19:46
おじゃまします!すごく面白くなってきましたね!!アニメって良いな~と、つくづく思いました。いろんなルート入って飽きないですね(ゲームやって良かったですw)

確かに…新しい作画登場した?と思いました。
とうとう新選組崩壊ですね。けど、面白くなるんで楽しみです。
父様の末路がどうなるの気にならないけど、気になります。

KAZAさんの感想、ほんっと楽しくて夜中に爆笑してしまいましたwwドッカーン近藤さんをまともに見れそうに無いですw
Unknown (KAZA)
2010-10-18 06:38:00
トッシーさんコメントどうもです。
まさかこういう形で全ルートを拾ってくるとは思わなかったので
意外&嬉しいですね。てっきり土方ルートだけやると思っていたので。

作画はたまーに微妙なんですけど、スチル絵の時は物凄く
丁寧に描かれているので満足です。

感想に満足していただいて嬉しい限りです。内容が盛り上がると
こちらのテンションもあがるので感想が書きやすいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。