印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る

新 夜光貝の印鑑

2021年10月16日 | 印鑑の素材
印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて122年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

 新しい夜光貝印鑑のご紹介です。今まで夜光貝の印鑑は、主に印材をお預かりして彫刻だけを請けおって来ましたが、今回、印材ごと仕入れて販売することにしました。きっかけは沖縄県石垣島の夜光貝職人、笹森さんから彫刻だけを依頼された夜光貝の印材があまりに綺麗だったので、笹森さんにお願いして、特注で作成してもらいました。

 色は、ブルーとグリーンがあります。この部分は夜光貝でなくエポキシ樹脂です。夜光貝をエポキシ樹脂に漬けておくとうまく合体して写真のような印材が仕上がります。指で撫でてみて、オフホワイトの夜光貝部分と樹脂の部分は滑らかで、継ぎ目が全く感じられません。南国、沖縄のイメージにぴったりの印材に仕上がりました。

直径は13.5ミリなので、銀行印、実印、どちらにも使えます。長さは職人、笹森さんにお願いして6センチにしてもらいました。通常の印鑑の長さなので、印鑑ケースにちょうどよく収納できます。
  お値段です。  認印(姓または下のお名前) 38000円(印鑑ケース付き・送料込み。税込み)
          実印(フルネーム彫刻)   53000円(印鑑ケース付き・送料込み。税込み)

★書体は下記からお選びいただいています。仕上がりまでに日にちがあれば、一度、印稿(仕上がりのラフデザイン)を起こしてメールでお送り致します。

印鑑の書体 http://rakuzendo.com/shotai.html

★印鑑ケースは24色あります。新 夜光貝印鑑の色に合わせて、ブルー・グリーンをお薦め致します。



▲新 夜光貝印鑑です。右の3本がブルー系、左の3本はグリーン系です。上にあるのは近い色の印鑑ケースです。





▲24色ある印鑑ケースです。ご注文時には色をご指定下さい。


 



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

英語版のページ、外国人のお客様用ページ http://www.name-stamp.tokyo/

楽善堂、gooのトップペhttp://blog.goo.ne.jp/rakuzendo


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 和柄・洋柄の印鑑ケース | トップ | 江戸期の版木(はんぎ)絵を復元 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

印鑑の素材」カテゴリの最新記事