振り出しに戻る「落陽日記」

旅や日々の生活の一コマ。60代半ば、落陽期を迎えながら気持ちは再び振り出しに戻りたいと焦る日々です。

プミポン国王に哀悼

2016-10-14 19:37:10 | 日記


10月13日、タイのプミポン国王が亡くなられた。

来るべき時が来たと思いながらも淋しさを禁じ得ない。

20年前に初めて訪タイして以来、仕事とプライベートで30回はタイへ入国し、リタイヤしてからは毎年1~2度は1ヵ月間前後のショートステイをしている。私にとっては安らぎの時間になっている。

外国人にも寛容でもてなしに溢れた国に安心してステイできるのも、プミポン国王によるタイ国民への導きがここまであったからと考えている。

不安定な要素は抱えながらも今後も新国王の下で長く微笑みの国であって欲しい。


ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東吉野村の、きのこの館まで... | トップ | ロストボールを拾ってみると »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事