ラクッコピコりんの紙芝居

毎日人形を作ってます。日々の製作や活動を主に記してます。

MIDOW展終わりました

2017年12月25日 15時00分37秒 | 球体関節人形(製作)

MIDOW展の結果は入選でした。

主張したいことは山のようにありますが説明が難しいです。

時に頭を冷やす時間は必要です。

 

MIDOW展の受賞作品が発表されています

 

この度、ぼくの人形をご覧になってくれた方、本当にありがとうございました。

感想を伝えてくれた方、現地から状況を伝えてくれた方には心から感謝致します。

心強く暖かい気持ちになりました。

主催者様、後援者様ぼくにこのような機会を与えて頂きありがとうございます。

審査員の皆様、会場設営に尽力された皆様、そして関係者様、ご尽力いただき誠にあり

とうございます。

大変お世話になりました。

 

ぼくの人形に関わってくれた全ての方に感謝申し上げます。

 

只今「フェアリーの標本」制作中。今はこれに全力を注ぎ込みます!!

コメント (2)

MIDOW展が始まりました。

2017年12月20日 16時15分59秒 | 球体関節人形(製作)

ぼくが出品した人形を公開します。

この人形はぼくの心に生き続けるオリジナルキャラクターです。

答えを見い出せないまま、今も物語は流動的に回想されています。

拙いキャラクターへの思いではありますが、読んでいただければ幸いです。

 

Click here for English.


 

「黒白の翼」(こくびゃくのつばさ)

 

 

死を目前に嘆き苦しむ姿を見ることは

「自己の死」という概念を持たない彼女にとって最大の苦痛なのだ。

彼女に恐れるものは何もないが、人の「死に際の狂気」には唯一恐怖する。

 

彼女の周りの大切な人達は、やがて年老いて逝ってしまう。

それらの人々が、せめて安らかに美しく逝ってくれたら・・・。

それだけを願い、それだけの目的で彼女は生きている。

 

人は死に際、不安に陥る。

生きていたことを慈しみ安堵の中、死に至ることが出来ればどんなに幸せだろうか・・・。

 

「安堵の死」。

楽しく幸せだったあの頃はどんな色、どんな温度、どんな風が吹いていただろう?

その幸せだったあのころを鮮明に思い出し、美しい音色の中、感動にむせび泣き死の床に就く・・・

それは素晴らしい生涯の幕引きのように思える。

 

また、その「安堵の死」が確実に約束されるなら多くの人はそれに縋るかもしれない。

 

人の形をした彼女は、天使か、悪魔か・・・・

長年生き続けた中で、そういった安堵のうちに人を死に至らしめる技を身につけた。

生きる限界が来た者に寄り添い最良の安らぎを与え、あちらに送るのだ。

 

しかし、それを悪用する者、それを阻止しようとする者が現れる。

彼女はそれらの者と戦い殺傷しなければならない苦しみにいつも震えている。

ただ、痛みに嘆き苦しみながら死に逝く者を見たくないだけ・・・。

見たくないだけなのだ。

 

彼女はひたすら「安堵の死を約束される者」を増やしてゆく。

しかしその行為が全人類に約束されるものでなくては「善」とは言い切れない。

それを取り巻く暗躍や倫理を振りかざす者、中には自己の死期や他人の死期を意図的に早める者も出てくる。

 

彼女の心は純粋だが、多くの悪意を寄せ付けるその行為は「悪」そのものにも成り得る。

彼女の翼のように、他者の心の色によって黒にも白にも見えるのだ。

 

「黒白の翼」は、善悪の概念を跳ね除けどこまで飛んで行けるのだろうか・・・。

 

 


長文読んでいただきありがとうございます。

感想などいただけると嬉しいです。

コンクールの結果は会期後になります。ダメだとは思いますが・・・・。

 

「人形シンポシオンMIDOW展2017」

12月20日(水)~24日(日) 10:00~18:00(最終日は14:00まで)

兵庫県立美術館ぎゃらりー棟3F

コメント (4)

I made doll for exhibition at Exhibition MIDOW.

2017年12月20日 16時15分36秒 | 球体関節人形(製作)

[Exhibition MIDOW]
I made doll for exhibition at Exhibition MIDOW.
This is a contest works.
The results of the contest will be announced later.

This doll is a character that keeps living in my heart.
The story keeps changing in my mind.
I am glad if you read it.

[日本語はこちら]


黒白の翼(ko ku bya ku no tu ba sa)
"Black and White wings"

She is immortal.
She does not want to see the person who goes dead suffer.
She is scared of seeing people suffering and going dead.
Everyone goes old and dead earlier than she goes.
At least, Her hope to Her’s precious people was painless and beautiful death.
She only wants that, and she only alive for that.

What is "Good Death"
Have fun and happiness what are your memories.
What color?
What temperature?
What kind of wind was blowing?
You remember your wonderful life.
And beautiful music flows.
A wonderful lives finale.

If everyone is surely guaranteed to be "Happy Death", that would be the best.

Is she an angel or a devil who has a human shape ...?
She was have to elder and got magical powers that it has acquired skills to give "Happy Death" to everyone.

She can embrace the person who has reached the end of life and give to the best happiness and send it to heaven.
But a bad person to exploit her appears.
Some people disturb her behavior.
She needs to fight and kill those people.
It's sad and painful.
She always trembles and weeps.

She does not want to see a person who suffers while dying.
She does not want to see it ....

She guarantees "happy death" and increases believers.
However, unless the act is promised to all mankind, it can not be decided as a good deed.
Disturbance by secret maneuvers or ethics.
Suicides and killers will increase even more.
Her heart is pure.
However, her actions attract people's wickedness.
It can also be seen as a "devil".

Like her wings, it turns black and white.

"Black and White wings"
Can she eliminate the idea of "good and evil" and keep flying up to someone far away.

 


Wrong sentences.
Inappropriate sentences.
Difference in lifestyle.
Differences in the interpretation of religion.
The other ....
I may have made you uncomfortable.
If you feel uncomfortable with me,
I sincerely apologize.
Thank you very much for reading.


Oyama, Masafumi
This is a Japanese name; the family name is Oyama.

コメント (3)

MIDOW展がもうすぐなので告知!!

2017年12月12日 13時33分25秒 | 球体関節人形(製作)

ツイッターなど各SNSに頼ってブログの更新を怠っていました。

 

「人形シンポシオンMIDOW展2017」

12月20日(水)~24日(日) 10:00~18:00

兵庫県立美術館ぎゃらりー棟3F

WIDOW展はAゾーン・Bゾーン・Cゾーンに分かれていて

A が河野滋子さん、馬場美和子さん、三上りあんさんの作品展だとおもう。

B がアールリベのワークショップなど

C が人形コンクール

そのほか色々あるみたいです。

(多分そんな感じ。違ったら教えてください訂正します。)

詳しくは三上りあん先生のフェイスブック、またはアールリベのHPをご覧ください。

 

で、ぼくはコンクール出展なんですが、今回やっと見栄のようなものがなくなり、自然に好きな人形を作れたようにおもえます。

好きな人形なのでかなり時間をかけてしまいました。

出来てみたらいつもと変わらず・・・という感じなのですが、まぁいいです。

 

人形の雰囲気が求められている物と違うので賞は狙えませんが関西圏の方に観ていただきコメントなどいただけたら嬉しいです。

一応、賞はこんな感じ・・・。

大賞

河野滋子賞

馬場美和子賞

三上りあん賞

兵庫県芸術文化協会賞

神戸新聞社賞

入選10点

これまでと違って、審査員みんなで話し合って賞を決めるんじゃなくて、各審査員がそれぞれの視点で作品を判断するという感じ。

前回までのエキサイティングなのも面白かったけど、審査員がどんな作品を選ぶのかってのも楽しみです。

 

ぼくの作品は梱包も終わりましたが、もう一度出して最終チェックします。

ちょっと2~3日休みたい気もしますが、箱人形を作る準備をしています。(フェアリーの標本作ります。)

頑張ります(∩´∀`∩)

コメント (5)