ラクッコピコりんの紙芝居

毎日人形を作ってます。日々の製作や活動を主に記してます。

書いておかないと忘れそうだから・・・。

2012年04月18日 18時17分51秒 | 球体関節人形(製作)

 

「造形は表現」で、「関節は機能」と、分けた考え方があるけど

ピコりんには顔を作るのも関節を作るのも全く同じ気持ちで作っている。

球体関節人形の基本も定義も知らないので関節数が多いとか少ないとかの区別もない。

 

自分的には人形の自然な動きというか姿勢を目指した上で最小限度の関節数でまとめているつもり。

もっと減らしたいけど、そうするとやはり動きに無理が生じる。

逆に増やしたい時もあるけど、造形美を損ねるのはイヤ。

今の関節数はいたずらに増やしているわけではなく苦渋の選択。

 

関節が少ない人形は造形美で、関節が多いのは機能美と言うなら、

ピコりんの人形は関節数が少ない造形美を意識した人形という事になる。

 

よく「関節作るのが苦痛」という話を聞くけど、ピコりんは逆にワクワクする。

「何故自分はワクワクするんだろう?」と考え

最近、やっとどうゆう人形を作ろうとしているのか、ある程度の答えにたどり着いた。

 

簡単に言うと「仕草を作りたい」んだと思う。

それを表現するのに球体関節人形は適した材料だったのかもしれない。

 

普通は人形を作ろうとするとキャラクター(人格)を作るんだと思う。

しかしピコりんは女性への憧れや希望は無い。

年齢をとったからではなく、生活環境がそれを許さないからだとおもう。

本能的に色んな事が制御されているような気がする。

 

女性への憧れや希望がないから創造できないのは当然。

いくら頭を絞っても理想の女性像がビジュアルとして出てこないのはそのためだった・・・。

仕方なく過去の女性像から人形を作ろうとするが過去は思い出であって理想にはなり得ない。

今、女性に求める物があるとすれば、ビジュアルよりもシチュエーションなんだと思う。

「体験(思い出)」が「仕草(ポーズ)」という形になったのかもしれない。

 

 

結局何が言いたいのかというと、ピコりん人形の関節は表現の根幹で顔を作るよりも重要な要素。

だから関節の可動域は機能ではなく表現だと言う事。

 

それを書いてどうなんだと思うかもしれないけど、どこかに書いておかないと忘れそうだから・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピコりんがんばります!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ

にほんブログ村

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コメント!!


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ライターでパーティングライ... | トップ | ブロックの弱点 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
機能と美についての考察 (優美)
2012-04-18 20:32:43
私も、可能な限り人間と同じようなポーズが取れる人形を目指しています。
オーソドックスな球体による関節は好きだし、独立球での関節を採用しても
球にスリットが入ってないとむしろさびしい気がするほどです。
関節に真球ばかりを求めるわけじゃなく、可動域の為なら
色んなジョイントを試すのもいいなとか、皆さんに出会えたおかげで
考えるようになりました。
造形と機能を分けるのもいいですが、機能を追求した中での美というのは
違うようで同じというか…隣り合うものに近い気がします。

私は関節より外観重視ですが(笑)、手をかけ計算されて作られた
球体関節人形は素っ裸でも美しいものだと思うので、
関節やボディ、無論顔も手を抜くべきじゃなくトータルのバランス、
すべてに愛というか心を注いで作ればいいんじゃないかななんて。

上手に文章で表せませんが、ピコりんさんとちょっと
考えは違いますが、関節は表現で美だというのはわかります。
人形作ってる人は、本当にいろんな哲学のもとに
頑張ってマスよねぇ。
Unknown (genchan_mh)
2012-04-19 11:07:17
自分も市販ドール(ニーモ)の関節を増やしラインを整えてるのですけど、直立させるとただのマネキンのように見えます。
そしてちょっとした仕草を表現するためにポーズを変えたとき、初めて女性らしさが出ます。
と言うか、その時綺麗に見えるように各パーツのラインを変えています。
そこには可動範囲と各パーツのラインのせめぎ合いが常に生じ、ある点で妥協させているのです。
だからピコリンさんの考えは全くその通りかと思います。
可動人形だらこそ固定のものにない欠点であり良いところなんでしょね。
優美さん (ラクッコピコりん)
2012-04-19 14:01:31
はいはいはいはい!!
ピコりんもオーソドックスは好きです。
大きめの股関節球とスリットは特にツボです。
スリット萌えです。
オーソドックスを敬愛した上で、自分はあえて別の道って感じです。

ピコりんも外観重視なんですが、ポーズを含めた外観重視なので、
そこが頭の中でグニャグニャして思う事と作る物に誤差が生じ、そして説明も曖昧になっちゃうんですよね~。

みんな人形作りは同じようで、その考えは微妙に違って、それが形状にもでて面白いと思います。
ちょっと、自分もみんなと微妙に違う考えみたいな事を発見したが嬉しくて、メモしときました。
ありがとうございます!!
genchan_mh (ラクッコピコりん)
2012-04-19 14:03:29
そうそう!!そうなんですよね!!
ちょっとポーズに変化をつけるだけで女性っぽくなるんですよね~。

で、欲が出てきちゃって関節いぢっちゃうんですよね!!
同じ同じ!!同じですね!!

そうんなですよね。
可動するから造形的に欠点も多い分、魅力も最大限に膨らませたいですよね。
ありがとうございます!!
表現方法 (真MAKOTO)
2012-04-19 18:44:45
自分の周りには、それこそ若いせいもあるのかもしれませんが、このように考える人間が少なくて、こうやって追及してらっしゃる方がいることは嬉しい気がします。


自分もこの件について、自分の考えをブログに書いてみようかと思います。
真MAKOTOさん (ラクッコピコりん)
2012-04-20 14:18:18
そうですか!!
ありがとうございます!!

なんかですね、人形を作っている人とか所有している人って、だいたい似た人形を持っているけど、人形への思いは千差万別でおもしろいなぁって・・・。
自分はどうなのかな?って考えたらやっぱり自分も他の人と違って面白いなとおもって書きました。

MAKOTOさんの考えも面白そうだなぁ・・・。
楽しみです。

コメントを投稿

球体関節人形(製作)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事