ラクッコピコりんの紙芝居

毎日人形を作ってます。日々の製作や活動を主に記してます。

またまたカムチェーンテンショナー

2009年02月05日 18時54分52秒 | Weblog
写真をとり忘れたので以前撮った写真で・・・。

以前言ってたカムチェーンテンショナーのプッシュロッドのオイルの話

結論からいうと、スプリングがある部分にオイルが無かったので、カムチェーンが弛んでいただけでした。
仕組みは、やはり以前言っていた通り油圧で固定する仕組みだったようです。

夏ならエンジンにオイルを入れ、暫く待つだけでスプリングがある部分にオイルが充填されるのですが、気温が低かったためオイルが固く短時間ではオイルが充填されなかったようです。

写真の下の矢印の所のボルトを外してオイルを注入するのが正式なメンテナンスの方法だそうです。
(ピコりんとこに来ていただいているがしらさんに教えてもらいました)
ピコりんはそんな事を知らなかったので、こんな大掛かりな事になってしまったのです。

カムチェーンが伸びていたわけでも、プッシュロッドのバルブが詰まっていたわけでもなかったようです。
知っていて当たり前。知らない事は罪です。カブごめん。

ここのボルトの穴にオイルを注入し、さらにエンジンにオイルを注入すると、数分後に正常に動くのです。

今回は、エンジンを閉じてしまう前に動作確認したかかったので、上の矢印、プッシュロッドの穴からもオイルを注入し、動作の確認をしてみました。

プッシュロッドの穴にオイルを少しいれて待ち、少しいれて待ち、プッシュロッドをにテンションをかけて見ます。
プッシュロッドが「ジュボジュボ」オイルを吸っているような音が聞こえます。
何度もオイルを注入してはプッシュロッドにテンションをかけて行くと、最初はフニャフニャだったプッシュロッドがだんだん固く、なってきます。
ゆっくりしたテンションに対しては、抵抗は少ないのですが、急激なテンションに対しては、ガッチリと抵抗がかかります。

これで、エンジンにオイルが充填されればカムチェーンテンショナーが正常に作動しそうです。
とりあえず良かった。

次はとっても気になるキャブレターを点検・・・・。
コメント (2)