ラクッコピコりんの紙芝居バックナンバーリスト
ピコりんの描いたお話を紹介します。
 




やぁ!!・・・・ん?
なに?このTシャツ?
カッコいいでしょ。この色好き。オシャレな水色だよね。
え?なに?水色じゃない?ピンク?これピンクなの?
かわいいって?女の子用の服じゃないかって?
ええっ!!ホント!?

ん?・・・なになに?くつした?

くつしたがどうしたって?




これ見て。これ僕が描いたの。

へん?

道路の色だよね。
アスファルトの色はピンクじゃないよね。
そんなこと知ってるよ。
なぜ、知っているのにピンクに塗ったのかって?
その時はピンクがグレーに見えたんだよ。

色弱とか色盲って聞いたことないかなぁ?僕それ・・・。
色覚異常っていうらしいよ。
色の見え方が普通の人とちょっと違うらしいんだよ。

だから、たまに色を間違っちゃうんだ。




実は、これを描いて、大変な事になったの。
先生には「ふざけるな!!」って叱られるし、同級生のみんなからは笑われるしね。
みんなは、僕が「色覚異常」だって解ると、大騒ぎするんだよ。

「ええ!!色が解らないってどうゆう事!?」
「色盲!!色盲!!」
「じゃぁ信号は何色!!何色に見えるの?」
「白黒なのか!!」
「空がピンクに見えるなら緑が赤に見えたりするのか?」
「だれだれ?誰が色盲だって?」
「ねぇねぇ!!これ何色?これは?じゃぁこれは?」
「目を見せろ!!目に色付いてるのか!!」
「道路がピンクってバカじゃねぇ?アハハ」
「色盲と色弱ってなに?どうちがうの?」
「色が解らないってかわいそう~」
「かわいそう~」

言う事はみんな色々…。
知らないから気になる事をどんどん聞くんだ。
でも僕だって知らないよ。
僕って、そんなに可哀想なのかな?
今まで全然、気にしていなかったんだけど…。




どう言うふうに見えるか気になる?

例えば桜の花はピンクだよね?
僕も桜はピンクに見えるんだ。
桜のピンクはとても綺麗な色なんだよね?
でも僕にはよくわからないんだ。
曇り空の下、桜があっても白い花に見える事が多いの。




赤は目立つ色だよね?
信号機は赤が目立つって言うよね?
でも僕にとっては黄色や青の方がはっきり見えるの。

秋は紅葉がきれいと言うよね。
赤いのは解るんだけど、紅葉が燃えるような赤には見えないんだよ。
葉が枯れはじめて茶色っぽくなると緑との区別ができなかったりね。

学校では先生が黒板にチョークで字を書くけど大事な所は
ピンクのチョークで書くの。
あれ、じつは白より目立たないんだよ。
中にはいろんな色のチョークで書く先生がいるけど、
色が気になって何を勉強しているのかわからなくなっちゃうよ。




僕は可哀想な人って言われたくなくて、色を間違わないようにした。
「この茶色いバッグしぶいね!!」なんて言うと「ええっ!!これ緑色だよ!!」
なんて驚かれることも多かったから、色の話題には触れないようにした。
絵を描く時は色の名前を見ながらね、何と何を混ぜると何色になるのかも
勉強したよ。
君の驚いた顔を見たくないから…。
いつも怯えているんだよ。




君が僕の絵を見て言った。「あ!!そこ緑がいいんだ!!」

僕は木の幹を塗っていたんだけど、ぼーっとしていて
緑を塗っていたんだ。色覚異常って騒がれるのが恐くて
僕は慌てて絵を隠したんだよ。

でも君はニコニコしながら言った。
「あの幹の色、茶色っぽくないよね~?
迷ったんだけど、ぼく茶色に塗っちゃったよ。
こっちの方がきれい。緑の方がきれいだよね。」

君の優しい言葉に僕は救われたんだ。




みんなが言った「この桜、きれいなピンクだね」

そうか・・・きれいなピンクなのか・・・・。
こっそり色を言ってもらえれば、君の見ている景色が目の前に広がるよ。
ほんとだよ。僕はきれいな色を知っている。
君が驚かないなら、僕は可哀想な人じゃないんだよ。

「ほんとだ・・・・。本当にきれい。きれいなピンクだね。」


おわり


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )