「傷だらけの人生」です、傷だらけで、身も心も痛いのでございます。

鶴田浩二さんが唄う「傷だらけの人生」

是非、歌詞を検索してからお読みくださいませ。
(リンクを貼るのも許諾が必要でございます、真っ暗闇でございます。)

天下のJASRAC様が、仰るには、
歌の題名は、天下のJASRAC様の集金対象にはならないのでございます。

名作です。

天下のJASRAC様と契約していないブログ運営会社での、
歌詞の引用は、ご法度でございます。

天下のJASRAC様は、いつでも平等性の担保の為に、
訴える準備が、あるそうでございます。


カラダじゅうが、傷だらけでございます。
肘、背中、膝、額、

誰かにやられた訳じゃございません。

勿論、天下のJASRAC様にやられた訳でもございません。

自制心ってものの欠如ってものでござんしょうかね。
いまさら、愚痴を言っても始まりやせん、

飲み過ぎたってことでございましょう。
お恥ずかしいことでございますが、
楽しいことの後に、起こりやすいことでございます。

久しぶりに、久しぶりが、重なれば、
久し久しぶりぶり、ってことになるんでございましょう。

痛さを感じ始めるのも、
久しぶり、とまではいきやせんが、
時間がかかるものでございます。

やっぱり、古い人間でござんしょうかね。

まったく‥‥馬鹿な人間でございます。

真人間に戻り、
落語に、少しづつですが、近づこうと思った矢先です、
明るすぎるんでしょか、俺らには。

傷だらけのカラダとココロを癒すため、
こんなことを書いているわけでございます。

笑ってやってくだせぇ、馬鹿な人間と。

おっと、忘れちゃいけません、
傷だらけ、とつくと、天使ってものもあることを。

これも、名作です。

所詮、古い人間なんでしょう。

天下のJASRAC様は、
どうお考えになるんでござんしょうかねぇ。

どこが痛い?
こうこう、と、こうこう、と〜っ、
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゲシュタルト崩壊が起こる素敵な談笑一門会。

ゲシュタルト崩壊とは、

《「ゲシュタルト」は形態・姿の意》全体性が失われ、
各部分に切り離された状態で認識されるようになる現象。

[補説]
文字の認識などでも見られる。
例えば、一つの漢字を注視しているとパーツごとにばらけて見え始め、
ひとかたまりの文字として認識することが難しくなったり、
よく知っているはずの文字の形に疑問をもち始めたりするなど。

(デジタル大辞林より)

平成29年7月29日(土)19時開演
武蔵野公会堂
2,500円/学割 1,500円
自由席

第47会
立川談笑一門会

立川談笑一門会という全体性が失われ、
各落語家とその個性ある落語に切り離された状態で認識されるようになる現象の会。

錦大「かぼちゃ屋」
笑ニ「黄金餅」
〜仲入り〜
吉笑「ほめ殺し」
談笑「佃島」

誠に、お久しぶりでございます。
何年振りでございましょう、
談笑師匠や吉笑さん、笑ニさんの落語に触れるのは、

皆さんお変わりなくと申し上げたいのですが、、
お久しぶりの分、随分と、その変わり具合に、
目を白黒させて、崩壊した自分を取り戻すのを、忘れるほど、
笑い、落語に釘づけとなりました。

そろそろ、崩壊した自分を取り戻すために、
真人間に戻り、少しづつですが、落語に触れていきたいと思っている所存でございます。

皆さま、
何卒、宜しくお願い申し上げます。

皆さまとは、もちろん、皆さまのことでございます。

隅田川花火大会は、大雨のなか、決行されたそうです。

会にも、もちろん、いろいろでございます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )