やせないやるせない

6月22日(月)71.6   7,484歩
6月23日(火)71.8     81歩
6月24日(水)71.1   9,627歩
6月25日(木)71.5   377歩
6月26日(金)71.1   5,720歩
6月27日(土)70.8   7,593歩
6月28日(日)72.0   24,164歩 
6月29日(月)72.1  13,361歩
6月30日(火)72.2   4,084歩
7月01日(水)70.3   7,447歩
7月02日(木)71.1   9,337歩
7月03日(金)70.6   1,630歩
7月04日(土)71.0  22,851歩
7月05日(日)71.7  13,136歩
7月06日(月)72.6  4,781歩
7月07日(火)71.2  10,455歩
7月08日(水)72.2   9,373歩
7月09日(木)73.2  2,450歩
7月10日(金)71.5   1,560歩
7月11日(土)71.5  31,865歩
7月12日(日)72.4   -
7月13日(月)72.1   -
7月14日(火)71.3  11,286歩
7月15日(水)73.3  12,154歩
7月16日(木)71.5   3,119歩
7月17日(金)71.5   1,995歩
7月18日(土)70.9  16,026歩
7月19日(日)71.1  1,643歩
7月20日(月)71.8  8,714歩
7月21日(火)71.8  6,276歩
7月22日(水)70.9   6,395歩
7月23日(木)70.1  3,153歩
7月24日(金)71.9    0歩
7月25日(土)72.1  20,797歩
7月26日(日)72.1  1,597歩
 
摂取-消費=体重
摂取量を減らすか、消費量を増やすか、です。
単純なのですが…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

もう考えることもない文左衛門。

文鳥舎が7月いっぱいで、店を閉めるという。
こじんまりとした空間で、
演者を間近に落語を楽しむ場がひとつ消えてしまうのは、
とても残念なことである。

2009年7月25日(土)15時 ¥2,500
文鳥舎寄席
橘家文左衛門の会
考える文左衛門 vol.7
文鳥舎

橘家文左衛門 「粗忽長屋」
柳家小んぶ  「子ほめ」
橘家文左衛門 「芝浜」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やってられないひとり会

ひとり会のチケットが7万円に高騰してるといって、
たいそうご機嫌がななめでありました。
この会の価値を下げてやると、前座、二つ目と投入する会でした。


2009年7月15日(水)18時30分 ¥6,000
談志ひとり会
国立演芸場

立川談吉 「初音の鼓」
立川談志 「勘定板」
~仲入り~
立川平林 「名古屋弁浮世根問」
立川談志 「よかちょろ~山崎屋・序」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

最後の独壇場。

2009年7月14日(火)19時30分 ¥2,500
文鳥舎寄席 
喜多八独壇場!vol.28
文鳥舎

柳家ろべえ 「青菜」
柳家喜多八 「算術」
柳家喜多八 「蜘蛛駕籠」
~仲入り~
柳家喜多八 「らくだ」

「らくだ」という噺は、好きだ。
文鳥舎の喜多八師匠の会は、諸般の事情により、今日で最後という。
その大トリの根多が「らくだ」だった。

喜多八師匠の「らくだ」、
屑屋が、野良猫を抱くラクダを観た、
なんだか淋しそうだったが、
翌日には、その猫の革を売りつけられた。
やっぱり、らくだだ。

サゲは、「冷でいいからもう一杯」まで演った。

「らくだ」は、好きな噺だ。

喜多八師匠、お疲れさまでした。
文鳥舎で観ることができなくなるのは、さびしいですが。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

志らくのらくだ。

2009年7月5日(日)16時30分 ¥3,000
立川流特選会
立川志らく独演会
なかのZERO小ホール

立川らく太 「青菜」
立川志ら乃 「持参金」
立川志らく 「死神」
~仲入り~
立川志らく 「らくだ」

丁の目の半次、屑屋の脅し方、
見事な、志らく演出。
白目をむいて、うぉ~っと叫びながら、
泥酔した酔っ払いのごとく、
腰を軸に上半身をぐるぐる回す。

いろいろ「らくだ」を観たけれど、
この志らく演出には、噴き出して笑ってしまった。
馬鹿馬鹿しいほど誇張した表現ですが、
つべこべ言うより、妙にリアルな演出です。

らくだが、地面に描いた丁の目の半次の似顔絵を屑屋に買わすのも、
志らく演出ならでは、
「死神」といい、「らくだ」といい、
久しぶりに志らく演出、志らく落語を堪能しました。

「らくだ」は、願人坊主が焼かれて暴れて、
「かんかんのうを踊ってらぁ」まで演りました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「死神」のさげ袋 その4袋

2009年7月5日(日)16時30分 ¥3,000
立川流特選会
立川志らく独演会
なかのZERO小ホール

立川志らく 「死神」

第二の誕生日だから、祝ってあげるよ。
誕生日、おめでとう。

ふぅ~、
ろうそくを吹き消して、倒れ込む。

呪文:
あちゃらかもくれん、金正日。
実の子より、赤の他人の写真の方が似てますか?

あちゃらかもくれん、雨の中のらくだ、
ところで、赤めだかより売れましたか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )