葬儀のらくだ

叔父の葬儀で千葉に行った。
ものすごい雷雨の日だった。
名古屋の叔母が新幹線に閉じ込められたと、
葬儀が始まってから遅れて会場に入ってきて僕の隣に座った。
厳粛とすすむ葬儀、隣に座るなり僕の顔をのぞき込んで、
「お久しぶり」と笑みを浮かべた。
泣いている遺族のいる中、お辞儀で応えた。
むかしから、陽気でおっちょこちょいの叔母だった。
いまで言えば、空気が読めない、KYな叔母だ。
儀式が終わり、精進落としのテーブルで、叔母は、
「うれしいね、こういうみんなが集まるイベント、楽しいねぇ。」って、
ビールを注いでまわっている。
たしかに、亡くなった叔父は80に近く天寿といえなくはないが
肝臓を患っての他界である。
しかし、たしかに、正月・盆暮れに親戚一同が集まる機会はなくなり、
冠婚葬祭しか集まることはなく、
無邪気に喜ぶ叔母が不謹慎と思いながら微笑ましく思えた。
僕自身も冠婚葬祭にさえも不義理をして、
こうして親戚一同に遭うのは十何年ぶりで懐かしかったからだ。

さらに、叔母の不謹慎な無邪気さをを怒れなかったのは、
この葬儀を急いで切り上げ千葉から三鷹に向かったからだ。

さて、三鷹に着くと改札で、本日独演会の演者、
文左衛門さんが黒いTシャツに雪駄でどなたかを待ち構えていた。

いつか聴いた文左衛門さんのまくらじゃないけど、
野球場の入り口にあの格好でいたら、「チケット余ってないですか?」と
訊いてしまいますよ。


2008年8月29日(金)19時30分~ ¥2,500
文鳥舎寄席 橘家文左衛門の会
考える文左衛門 vol.2
文鳥舎

橘家文左衛門 「あくび指南」
三遊亭歌ぶと 「権助魚」
橘家文左衛門 「らくだ」


びっくりしましたね、
葬儀の後に落語会に行く機会も少ないだろうが、
人が死んだ噺「らくだ」だった。
演目になっている「らくだ」は、もう死んでしまって、
過去形でしか登場しない変わった噺。

この「らくだ」本来は「もう半分」を根多だししていたのを、
お披露目するには、もう少し、ということで急遽、
文左衛門さんが演目を変えたのでした。

土砂降り越しに明かりのついた居酒屋を見送り家路に急いだ。
もちろん、家呑み、で、
「まぐろの赤身を持ってこいっ、つべこべ言ったら…」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

はな、鹿芝居

2008年8月23日(土)18時~ 3,000
ボク達の鹿芝居'08 妾馬~あの八五郎が出世かよ!~
なかの芸能小劇場

♪Close your eyes
 瞳を閉じれば
 あなたが私に
 ほほえみかけるよう

ミュージカルですか?
妾馬のなかに、コーラスがはいるなんて。
流石、鹿芝居、台本どおりか、アドリブか、
皆さん楽しんでやっています。

八五郎      春風亭一之輔
弟・昌朗     三浦昌朗(ロケット団)
母・おみつ    倉本剛(ロケット団)
妹・おつる    柳亭こみち
三太夫/大家    鈴々舎わか馬 
家臣       桂笑生
御門守父・辰之助 入船亭扇辰
赤井御門守    橘家文左衛門
語り       柳家喬太郎
囃子       恩田えり
照明       柳家ほたる

脚本       橘家文左衛門
演出       ボク達の鹿芝居プロジェクト


しかし、扇辰さんの高座では観ることが出来ない
新しい一面を拝見いたしました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やっぱり円朝まつり

2008年8月10日(日)
やっぱり落語協会
円朝まつり2008
谷中 全生庵

今年、感謝祭から円朝まつりに、
名称を戻しました。
足を運ぶこちらも円朝まつりの方が、
足がなぜかうきうきしますね。

また、昨年は、汗が流れでるほど暑かったのですが、
今年は涼しく、飲み物もあまり進まなかった。
売り上げにも影響があったのではないでしょうか。

しかし、いつも高座で観る噺家さんが目の前にいる。
テンション揚がりますよ。
一緒に行った60代のご婦人は、
喬太郎さんに二度もサインと写真をねだっていました。
一度目のサインがサイン帳の真ん中でなく端っこだったからだそうだ。
いつもは、スローモーで静かな方なのですが…
来年も行きたいと気合たっぷりです。

来年は、昼から行っても食べ物あるかしら?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二枚看板に、ぼんそわ

2008年7月28日(月)19時~ 3,500
<銀座の噺小屋>文月の二枚看板
入船亭扇辰と柳家喬太郎
博品館劇場

春風亭正太郎 「牛ほめ」
柳家喬太郎  「諜報員メアリー」
入船亭扇辰  「井戸の茶碗」
~仲入り~
入船亭扇辰  「茄子娘」
柳家喬太郎  「心眼」

メアリーといえば、
「壁に耳あり、障子に目あり。」
ちょっとお知らせ、
http//www.furo.tv
「MEARY」
まぁ、おんなじ駄洒落ですゎな。


落語が凄いのは、
「茄子娘」みたいなファンタジーな演目があることですね。
師匠の扇橋さんの方が、艶かしいですかね。
扇辰さんは、よりファンタジーの世界が強いような不思議な噺。

「ぼんそわ」という立ち呑み屋に寄って、キャッシュオンデリバリーで
駆けつけ3杯、誰に脅されることもなく、自主的に。
もう2杯、積極的にお替りをして、また酔ってしまって、自嘲的に帰りました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鬼籍、喬太郎はわたす。どうして、この日に。

かみさん方のお母さんのお母さん、義理の祖母が死んだ。
7月21日(月)午前3時30分を回った頃、義理の母からの電話で知った。
始発を待って病院に駆けつけることにした。
6月1日(日)に、祖母は倒れて救急車で病院に運ばれていた。

義理の母は、柳家喬太郎さんが大好きで、
円朝祭りでは、年甲斐もなく、喬太郎さんに並ぶ列へ駆け寄り、
サインをねだり、ツーショットの写真を収める。
ひそかに、その前に、口紅、化粧を整える姿は、愛らしい。

6月1日は、八王子で喬太郎・菊之丞の二人会。
この日に、祖母は病院に運ばれ、
7月21日は、大銀座落語祭の柳家喬太郎と上方落語。
この日に、祖母は、他界した。

どちらも、義母とかみさんと一緒に行こうとしていた会だった。
祖母には、落語会のことは一切話していないし、
喬太郎さんのことは一言も話していない、ので、知る由もないのだが、
どうしたことか、やきもちを焼いたのだろうか。

余ったチケットは、最近、落語を聴きはじめた僕の姉夫婦に譲った。
それが、お陰で、この2回で、喬太郎のファンになったようだ。

祖母が、元気だったら、落語会に一緒に行ってもよかったんだけどなぁ。
89歳、見た目で言えばまだまだ若いという感じで過ごしていたが、
日本女性の平均寿命86歳でいえば、天寿といっていいでしょう。
最期は、それでもやはり外見でみても痩せ衰えていた。
天上で、昭和の名人を楽しんでください。

しかし、
「喬太郎と上方落語」で、「擬宝珠(ぎぼじ)」を演ったそうだ。
演るんじゃないかと予想していた。
この噺は、現在、喬太郎さんしか演らない。
金物舐めがしたくてたまらない嗜好を持つフェチな若旦那とその両親の噺。
義母に聴かせたかったなぁ、洒落じゃなく。
どうも、そういう性癖が義母にもあるようだからである。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )