手の上のレシート、最大公約数は、

コンビニエンスストアのレジで、

空(す)いてる時もあれば、レジの店員が、1人しかいなくて、
レジを待つお客さんの列が出来る事もある。

マニュアルなのか、お釣りを渡す時、
レシートの上に、お釣りをのせる店員がいる。

急いでいるのに、行列が出来ているのに、
手の上から、レシートを抜いて、
レシートを捨てる箱に入れる手間がひとつ増える事になるのに。

マニュアルを守っていないのか、
レシートを、はなから、渡さない店員もいるし、

お釣りの上に、レシートをのせて渡す店員もいる。

そもそものマニュアルの正解を知らないけれども、
お釣りの下のレシートは、辞めた方がいい。


いちいち、袋入りますか、このままでいいですか、と、
こちらは、袋の経費がかかるから、聞く手間は省けないだろうけど、
レシートが、必要な人もいるだろうから、
レシートの必要は聞かないで、
お釣りの上に、レシートを置くのがいいんじゃないだろうか。

店員としては、なにか問題があるのだろうか。
なにかの拍子に、レシートが、
風にあおられて、飛んでいったら、を心配してるのだろうか。

まずは、お釣りを確かめてもらい、
レジから離れても、レシートは、捨てることができるからか。


しかし、メジャーなコンビニのことだから、
レシートを下にして、お釣りを渡す、理由は、ちゃんとあるんだろう。

だが、プライベートブランドを増やして、
消費者の選ぶ楽しみを失くしている昨今であるから、
実際、どこに視点を合わせているか、わからない、ものだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« だだ、漏れ、... ホッケの岩下... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。