庶民のしたたかさ。庶民のしたたかさを踏む、世襲議員のしたたかさ …… 。

庶民のしたたかさ、と、ひとは云う。

世知辛い(せちがらい)この世の中。
自分たちの思いがままならない、この世の中がある。

そして、したたかに、生きるひとたちがいる。


選挙には、街頭演説がある。

今回、多数、票を集めた、世襲議員。
「憲法改正」も、「もりかけ」の説明も、訴えない。
街頭演説、という庶民へのサービスがある。


今回、「もりかけ」を説明します、と言ったりしたが、
本来したい「憲法改正」も、
何も、訴えない。


さすが、庶民のしたたかさ、に対する、
世襲議員のしたたかさ、である。


やるなら、すべてを、つまびらかに、話して欲しい。
勝ったからって、すべてを、水に流さないで欲しい。

消費税、5%の内訳が、
1%が、全世代型の社会保障に、
残りの4%が、税政再建の赤字補填に。


消費税、1%、約1兆円で、
世襲議員は、全世代型の社会保障といって、何をしてくれるの。
全世代、って、世襲議員のコトバの解釈が、独特、オリジナリティ、ユニーク。
具体的に、世襲議員は、演説しましたか。

地方のゴマスリ演説じゃなく、
肝心要(かんじんかなめ)の大事なことを、世襲議員は、演説してました、か。



この解散選挙を行い、小選挙区制で、ばらけた野党を相手に、
庶民の再任を、得る為に、いくら、使ったんですか。

衆院議員を選ぶ「総選挙」にかかる費用は、
前回2014年12月の実施分は616億9335万円に上って、
今回も同規模が投じられる見通しだ、そうだ。
( 毎日新聞2017年10月13日 12時07分 より)

この金を使う解散選挙で、世襲議員は、
この国を、どうしたいんですか。



そこまでしてこそ、庶民のしたたかさ、に、
ゴマすって、ゴマかして、ゴマ塩、パラパラッ、て、
世襲議員のしたたかさは、この国を、「うつくしい国」と、呼ぶ。

庶民のしたたかさ、を、踏む、世襲議員のしたたかさ、万歳。
隣の国でなく、この国の、万歳((まんせい)だ。

将軍、総統、主席、総裁、総理、首相、
どの称号、別な称号(蔑称)? に、就くんだね。


もうひとりの世襲議員は、将軍さまのおかげで、勝てましたと、
みぞうゆう、な、発言をされてましたがね。
口はゆがんでも、コトバは、まっすぐ、です、な。

そのコトバを、ジョークと言って、
二階から目薬のような、ジョーク。
政治家のコトバって、ジョークと言って、すまされるほど、
軽い、軽い、軽い、コトバ、なんですね。


米国から、この国を観ると「安定したファシスト政権」に、
見えているんだ、そう、だ。

「うつくしい国」とは、こうしたものだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

庶民のしたたかさ。新しいライフスタイル …… 。

庶民のしたたかさ、と、ひとは云う。

世知辛い(せちがらい)この世の中。
自分たちの思いがままならない、この世の中がある。

そして、したたかに、生きるひとたちがいる。

某新宿の、某有名なデパートがある。

いろんな有名ブランドも入り、若者向けに、
1階フロアで、特売の洋服の売り場というセールのサービスがある。

日中、その特売の洋服、シャツと上着を、試着した30代前半の男性。
試着した服を着たまま、堂々と、デパートから出て行った。
おい、おい、お金を払って、買わないのかい。
喰い逃げ、ならず、着(ちゃく)逃げ、だよ。

さすが、庶民のしたたかさ、である。


お店を出たら、犯罪だよ。
やるなら、デパートから、出ないで欲しい。
食品売場で、試食で、お腹を満たし、
寝具売場で、睡眠を、取る。

着逃げ、なんかしないで、居残り、住みついて欲しい。
衣食足りて礼節を知る。
おまけに、食う寝るところに住むところ、長久命の長助、だ。


そこまでして、庶民のしたたかさ、だと、「うつくしい国」は、呼ぶ。
庶民のしたたかさ、万歳。

「うつくしい国」とは、こうしたものだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

庶民のしたたかさ。スーパー椅子取りゲーム …… 。

庶民のしたたかさ、と、ひとは云う。

世知辛い(せちがらい)この世の中。
自分たちの思いがままならない、この世の中がある。

そして、したたかに、生きるひとたちがいる。

某都内近郊、某有名スーパーマーケットの入口に、ベンチがある。

夏は冷房、冬は暖房、
お店まで、いらして頂いて、ありがとうございます、というサービスである。

日中、いつもの時間、いつもの老人たち、
おしゃべりをして、何も、買わないのかい。

某有名スーパーマーケットは、
とうとう、ベンチを撤去した。

そしたら、隣の、某有名スーパーマーケットに、
居場所を移した。

さすが、庶民のしたたかさ、である。


やるなら、トランプ、持って来て、婆、抜いて、爺、抜いて欲しい。
花札持って、こいこい、だ。なんなら、雀卓もって、健康麻雀。

そこまでして、庶民のしたたかさ、だと、「うつくしい国」は、呼ぶ。
庶民のしたたかさ、万歳。

「うつくしい国」とは、こうしたものだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

庶民のしたたかさ。新しいお茶のブランド発表 …… 。

庶民のしたたかさ、と、ひとは云う。

世知辛い(せちがらい)この世の中。
自分たちの思いがままならない、この世の中がある。

そして、したたかに、生きるひとたちがいる。

区役所には、水とお茶の無料のサーバーがある。

最寄駅から、距離がある区役所に、
わざわざ、バスや、徒歩で、来て頂いて、
感謝と、ねぎらい、で、というサービスである。

その区役所で、ペットボトルに、
お茶を、蓄える、70歳代のお婆さん。
手続きで、何回か、通ったが、いつもいる。
日課なんだ。

さすが、庶民のしたたかさ、である。


やるなら、何本も、何本も、詰めて、貯(た)めて、
ラベルを貼って、商品にして販売して欲しい。

その商品で、生計を立てて欲しい。

そこまでして、庶民のしたたかさ、だと、「うつくしい国」は、呼ぶ。
庶民のしたたかさ、万歳。

「うつくしい国」とは、こうしたものだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

庶民のしたたかさ。カルディで間食を …… 。

庶民のしたたかさ、と、ひとは云う。

世知辛い(せちがらい)この世の中。
自分たちの思いがままならない、この世の中がある。

そして、したたかに、生きるひとたちがいる。

駅の近くに、食品雑貨の、楽しい、お店がある。

この店のサービスで有名なのが、
入口で、コーヒーを渡してくれて、
飲みながら、お店を楽しんでください、というサービスである。

その店内で、夕方、
20代半ばのカップルが、
近くのパン屋で買って来た、パンを片手に食べながら、
サービスのコーヒーを店内で、わがまま顔で、飲み歩く。
おい、おい、食べ終わるまで、店内を、練り歩き、何も、買わないのかい。

さすが、庶民のしたたかさ、である。


やるなら、家族で、やって来い。
朝ごはんを食し、ランチを食べ、晩飯を喰って欲しい。
そして、毎日、そして、おかわりも、して欲しい。

そこまでして、庶民のしたたかさ、だと、「うつくしい国」は、呼ぶ。
庶民のしたたかさ、万歳。

「うつくしい国」とは、こうしたものだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )