何らかの組織の「組織の仕業」と、我々の組織。突然、他人のモノを、自分のアナに入れると、恥づかしいものだろうか、

仕事中の移動の電車の中、
隣に、座った、自分好みのタイプのひとが、
夢中になってるイヤホンの音楽(であろう)の、
リズムに合わせて、指先を静かに動かす、その状態を、
我々の組織では、「組織の仕業」と呼んでいる。

我々の組織では、と言っても、
我々の組織には、我、つまり、わたくし、ひとりが、
残念ながら、所属しているのみである。

ピーターも、サムも、ジェームスも、ジェイソンも、いない。
強力なボンドも、折れないボーンも、いない、のである。

「組織の仕業」とは、
我々の組織とは、別の、何らかの組織が、何らかの意図を持ち、
周知の中、イヤホンから流れているであろう音楽の、
リズムに合わせて、指先を、控えめに動かせている。

そう、我々の組織では、解釈している。

何らかの組織の、「組織の仕業」の真意は、
我々の組織には、判りかねるのである。

しかし、
我々の組織としては、
得体の知れない「組織の仕業」で、
イヤホンから流れているであろう音楽の、
リズムに合わせて、指先を静かに動かされている、
そのひとの両耳のイヤホンから、片方のひとつを取って、自分の耳に、当てがい、
同じ様に、イヤホンから、流れているであろう、音楽を共有し、
ただ、隣に座っている状態以上に、距離を縮めて、
こちらも、一緒に、指先を静かに動かす。

そんな衝動に駆られるのである。

この国には、
「にゅうよくざい(入欲罪)」というモノがあり、
一緒に、指先を静かに動かす、
その際のうっとりした素敵な表情を、記録媒体に、秘密裏に、残す事は出来るのだろうが、
公に、その記録を、表に現す事は出来ない。

そもそも、撮影行為も、判明すると、
犯罪行為に、変わってしまう怖れがある。
頭の記憶に残すのみである。

実際に、行動に移す事は、
実行力のない、我々の組織では、出来ない事である。
すべて、我々の組織の、妄想の中での、ミッションである。

ミッション インポッシブル、ではなく、
インポッシブルなミッション、である。


この記事により、示唆されたと、訴えても、

例によって、
君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、
当局は一切関知しないから、そのつもりで。

なお、このブログは自動的には、消滅しない。
成功を祈らないから、
不可能な行為として、この事を、控えた方が、望ましい。


なお、
この組織の我は、
孤独で、寂しい、存在である、と、思われる。

また、
この組織の我は、
この世の中の、「組織の仕業」を、
秘かに、探すのを、秘かな、楽しみにしている、と、思われる。

とにかく、
この組織の我には、
気を、確かにもって、
生きて行ってもらいたいものである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何らかの組織の「組織の仕業」と、我々の組織。偽装とバレている、と判っているのか、いないのか、どっちなのだろうか、

取引先との商談の際、
明らかに、その商談相手の頭部の髪質が違い、
もみあげの部分が、浮いている、その状態を、
我々の組織では、「組織の仕業」と呼んでいる。

我々の組織では、と言っても、
我々の組織には、我、つまり、わたくし、ひとりが、
残念ながら、所属しているのみである。

ピーターも、サムも、ジェームスも、ジェイソンも、いない。
強力なボンドも、折れないボーンも、いない、のである。

「組織の仕業」とは、
我々の組織とは、別の、何らかの組織が、何らかの意図を持ち、
周知の中、頭部の髪質を違わせ、もみあげの部分を浮かさせている。

そう、我々の組織では、解釈している。

何らかの組織の、「組織の仕業」の真意は、
我々の組織には、判りかねるのである。

しかし、
我々の組織としては、
得体の知れない「組織の仕業」で、
頭部の髪質を違わせ、もみあげの部分を浮かさせている、
お得意様といえども、商談中は、帽子を取る様に、
礼儀というものを、教え諭し、脱帽させたい。

そんな衝動に駆られるのである。

この国には、
「礼節」というモノが、かろうじて、わずかに、残されており、
商談相手が、脱帽した、
その際の素敵な表情を、記録媒体に、秘密裏に、残す事は出来るのだろうが、
公に、その記録を、表に現す事は出来ない。

そもそも、撮影行為も、判明すると、
犯罪行為に、変わってしまう怖れがある。
頭の記憶に残すのみである。

実際に、行動に移す事は、
実行力のない、我々の組織では、出来ない事である。
すべて、我々の組織の、妄想の中での、ミッションである。

ミッション インポッシブル、ではなく、
インポッシブルなミッション、である。


この記事により、示唆されたと、訴えても、

例によって、
君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、
当局は一切関知しないから、そのつもりで。

なお、このブログは自動的には、消滅しない。
成功を祈らないから、
不可能な行為として、この事を、控えた方が、望ましい。


なお、
この組織の我は、
孤独で、寂しい、存在である、と、思われる。

また、
この組織の我は、
この世の中の、「組織の仕業」を、
秘かに、探すのを、秘かな、楽しみにしている、と、思われる。

とにかく、
この組織の我には、
気を、確かにもって、
生きて行ってもらいたいものである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何らかの組織の「組織の仕業」と、我々の組織。生きていく、と云うことの、バランス感覚が、お見事なのだろうか、

夜更けの帰り道、
仕事の残業作業を終えた道すがら、見かける、
(酔っ払いと云う体裁で)
足をふらつかせ、その業界では、千鳥足と、呼ぶらしい、その状態を、
我々の組織では、「組織の仕業」と呼んでいる。

我々の組織では、と言っても、
我々の組織には、我、つまり、わたくし、ひとりが、
残念ながら、所属しているのみである。

ピーターも、サムも、ジェームスも、ジェイソンも、いない。
強力なボンドも、折れないボーンも、いない、のである。

「組織の仕業」とは、
我々の組織とは、別の、何らかの組織が、何らかの意図を持ち、

夜も更け、住宅街の窓の灯りもまばらとなった、街灯の下、
足をふらつかせ、その業界では、
千鳥足と、呼ぶらしい、脚鳥という、鳥にさせられている。

(実は、大きな声では、言えないのだが、
我も顧みず、脚鳥という、鳥類にさせられた事が、
両手の指では、数えきれない程、あるのである。
その事を、組織同士の確執とは、我々の組織では、捉えてはいない。)

そう、我々の組織では、解釈している。

何らかの組織の、「組織の仕業」の真意は、
我々の組織には、判りかねるのである。

しかし、
我々の組織としては、
得体の知れない「組織の仕業」で、
ふらつく脚鳥が、ご近所の知った人だと、つい、肩を貸したくなる、
そんな衝動に駆られるコトもある、のである。

実際、ふらつく脚鳥の、ご近所の知った人に、出会う確率は、
百歩、千歩、いや、万歩、譲ったとしても、
稀なことかも知れないが、
この際、どうか、話の流れ上、眼をつぶって、頂きたいのである。

この国には、
「おせっかい」というモノがあり、
その際の、親切と思われる行為が、
助けたひとの何かが、無くなったりした途端に、アダとなったり、
または、何らかの組織が、その親切な行為の人物を、陥れるために、
犯罪者として、容疑をかけさしたり、
故意に、かける事が、出来る、という事である。

街には、防犯カメラが、各所にあり、
犯罪検挙に貢献している報道機関の情報で、
とても、有難がっているけれども、

実際には、「監視社会」という世の中であり、
記録媒体には、皆さんの無防備な姿が、その公な映像が、記録されており、
場合によれば、公に、その映像が、晒されることになる。

そんな事は、他人事だと、
監視されている事に、関心を持たずに、生活しているのである。

親切な行為は、幻想の、頭の記憶に残るのみである。

実際に、行動に移す事は、
実行力のない、我々の組織では、出来ない事である。
すべて、我々の組織の、妄想の中での、ミッションである。

ミッション インポッシブル、ではなく、
インポッシブルなミッション、である。


この記事により、示唆されたと、訴えても、

例によって、
君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、
当局は一切関知しないから、そのつもりで。
なお、このブログは自動的には、消滅しない。

成功を祈らないから、
不可能な行為として、この事を、控えた方が、望ましい。


なお、
この組織の我は、
孤独で、寂しい、存在である、と、思われる。

また、
この組織の我は、
この世の中の、「組織の仕業」を、
秘かに、探すのを、秘かな、楽しみにしている、と、思われる。

とにかく、
この組織の我には、
気を、確かにもって、
生きて行ってもらいたいものである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何らかの組織の「組織の仕業」と、我々の組織。指名手配の主犯は、誰、なのだろうか、

分裂したり、くっついたり、
党首っていったり、首長を続けるっていったり、
「首班指名」が、話題とされている、その状態を、
我々の組織では、「組織の仕業」と呼んでいる。

我々の組織では、と言っても、
我々の組織には、我、つまり、わたくし、ひとりが、
残念ながら、所属しているのみである。

ピーターも、サムも、ジェームスも、ジェイソンも、いない。
強力なボンドも、折れないボーンも、いない、のである。

「組織の仕業」とは、
我々の組織とは、別の、何らかの組織が、何らかの意図を持ち、
周知の中、党首と、元党首が、「首班指名」を、話題とさせている。

そう、我々の組織では、解釈している。

何らかの組織の、「組織の仕業」の真意は、
我々の組織には、判りかねるのである。

しかし、
我々の組織としては、
得体の知れない「組織の仕業」で、
話題にされている「首班指名」というコトバに、
「手配」というコトバをくっ付けてみたい。

「手配」となれば、
追い詰められたら、逃げるに、決まっている、のである。

そんな衝動に駆られるのである。

この国には、
「選挙」というモノがあり、「多数決」というモノがある。

一票を、どう、(騙し)取る、か、
それが、多数決、だとしたら、

指名手配が、多数決で、捕まって、主犯が、総理の座につく。

捕まったあと、大多数を占めた国会の中で、
主犯格の、総理は、どんな犯罪を企て、実行に移すのだろうか。

その審議等は、共謀罪とは、
なんの関わりもないと言えるのだろうか。

その際の、主犯の悪辣な表情を、
記録媒体に、秘密裏に、残す事は出来るのだろうが、
公に、その記録を、表に現す事は出来ない。

いや、今回に限り、
舞台裏のブラックボックスの部分は、判りようもないが、
審議の模様を、公にする、国会中継というモノは、ある。

そもそも、撮影行為も、判明すると、
犯罪行為に、変わってしまう怖れがある。
頭の記憶に残すのみである。

しかし、今回に限り、
NHK第一という、放送局に、
チャンネルを、合わせれば、テレビ受信機により、
いとも簡単に、その映像を、観ることも出来るし、
録画機能の機械があれば、録画をすることも出来る。

だが、
日中、仕事をするモノには、
なかなか、ライブで、一部始終は、観ることは出来ないし、
カメラの性格上、観たい場面の、観たい表情までもは、
すべて望めないことである。


実際に、行動に移す事は、
(日中、賃金労働という別の任務があり、録画機能の機械を所有しない)
実行力のない、我々の組織では、出来ない事である。
すべて、我々の組織の、妄想の中での、ミッションである。

ミッション インポッシブル、ではなく、
インポッシブルなミッション、である。


この記事により、示唆されたと、訴えても、

例によって、
君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、
当局は一切関知しないから、そのつもりで。

なお、このブログは自動的には、消滅しない。
成功を祈らないから、
不可能な行為として、この事を、控えた方が、望ましい。


なお、
この組織の我は、
孤独で、寂しい、存在である、と、思われる。

また、
この組織の我は、
この世の中の、「組織の仕業」を、
秘かに、探すのを、秘かな、楽しみにしている、と、思われる。

とにかく、
この組織の我には、
気を、確かにもって、
生きて行ってもらいたいものである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何らかの組織の「組織の仕業」と、我々の組織。今日は、何の役になろうとしているのだろうか、

朝の通勤電車の中、
ラッシュアワーの、特等席に、陣取り、
素敵な自慢の素顔なのだろうか、その顔を、特殊なメイクに包み込む、その行為を、
我々の組織では、「組織の仕業」と呼んでいる。

我々の組織では、と言っても、
我々の組織には、我、つまり、わたくし、ひとりが、
残念ながら、所属しているのみである。

ピーターも、サムも、ジェームスも、ジェイソンも、いない。
強力なボンドも、折れないボーンも、いない、のである。

「組織の仕業」とは、
我々の組織とは、別の、何らかの組織が、何らかの意図を持ち、
周知の中、堂々として、素顔をと思われる顔から、
ポーチの中から、取っ替え、引っ換え、
特殊と思われる道具を、取り出し、
その変装の一部始終を、挑発的に、その技術を、見せ付けているのである。

そう、我々の組織では、解釈している。

何らかの組織の、「組織の仕業」の真意は、
我々の組織には、判りかねるのである。

しかし、
我々の組織としては、
得体の知れない「組織の仕業」で、
見事に変装をしていく、その技術に対して、
「ご満足です、か?」、「仕上げは、これからですか ?」、「別人になれました、か?」と、
声を掛けたい、そんな衝動に駆られるのである。

この国には、
「侮辱罪」というモノがあり、
その際の変装の過程を、記録媒体に、秘密裏に、残す事は出来るのだろうが、
公に、その記録を、表に現す事は出来ない。

車内での、羞恥に対して、侮辱するという事が、
その技術への、侮辱に、誤解されてしまう危険がある。

そもそも、撮影行為が、判明すると、
犯罪行為に、変わってしまう怖れがある。
同じ変わるでも、変装どころでは、無くなってしまうのである。
頭の記憶に残すのみである。

実際に、行動に移す事は、
実行力のない、我々の組織では、出来ない事である。
すべて、我々の組織の、妄想の中での、ミッションである。

ミッション インポッシブル、ではなく、
インポッシブルなミッション、である。


この記事により、示唆されたと、訴えても、

例によって、
君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、
当局は一切関知しないから、そのつもりで。

なお、このブログは自動的には、消滅しない。
成功を祈らないから、
不可能な行為として、この事を、控えた方が、望ましい。


なお、
この組織の我は、
孤独で、寂しい、存在である、と、思われる。

また、
この組織の我は、
この世の中の、「組織の仕業」を、
秘かに、探すのを、秘かな、楽しみにしている、と、思われる。

とにかく、
この組織の我には、
気を、確かにもって、
生きて行ってもらいたいものである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何らかの組織の「組織の仕業」と、我々の組織。逆に、スマホに操作されているのだろうか、

電車の中、または、構内、公共の場所にて、
スマホに、我を忘れて、夢中になり、
周囲に気配り出来ない、その状態を、
我々の組織では、「組織の仕業」と呼んでいる。

我々の組織では、と言っても、
我々の組織には、我、つまり、わたくし、ひとりが、
残念ながら、所属しているのみである。

ピーターも、サムも、ジェームスも、ジェイソンも、いない。
強力なボンドも、折れないボーンも、いない、のである。

「組織の仕業」とは、
我々の組織とは、別の、何らかの組織が、何らかの意図を持ち、
周知の中、通行の邪魔をさせ、急ぐ人々の妨害行為をさせている。

そう、我々の組織では、解釈している。

何らかの組織の、「組織の仕業」の真意は、
我々の組織には、判りかねるのである。

しかし、
我々の組織としては、
得体の知れない「組織の仕業」で、
夢中になっている、そのスマホを、叩き落とす、
そんな衝動に駆られるのである。


この国には、
「迷惑行為」というモノがあり、
夢中になっているスマホを、叩き落とす行為が、
逆に、「迷惑行為」で、器物破損罪となる恐れがあり、
その際の素敵な表情を、その破壊されたスマホを、
記録媒体に、秘密裏に、残す事は出来るのだろうが、
公に、その記録を、表に現す事は出来ない。

そもそも、撮影行為が、判明すると、
犯罪行為に、変わってしまう、怖れがある。
頭の記憶に残すのみである。


実際に、行動に移す事は、
実行力のない、我々の組織では、出来ない事である。
すべて、我々の組織の、妄想の中での、ミッションである。

ミッション インポッシブル、ではなく、
インポッシブルなミッション、である。


この記事により、示唆されたと、訴えても、

例によって、
君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、
当局は一切関知しないから、そのつもりで。

なお、このブログは自動的には、消滅しない。
成功を祈らないから、
不可能な行為として、この事を、控えた方が、望ましい。


なお、
この組織の我は、
孤独で、寂しい、存在である、と、思われる。

また、
この組織の我は、
この世の中の、「組織の仕業」を、
秘かに、探すのを、秘かな、楽しみにしている、と、思われる。

とにかく、
この組織の我には、
気を、確かにもって、
生きて行ってもらいたいものである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何らかの組織の「組織の仕業」と、我々の組織。無音の発声練習、もしくは、気長な摂食行為なのだろうか、

朝の通勤電車の中、
ラッシュアワーの、特等席に、陣取り、
首をあげ、口を開け、気持ち良さそうに、眠る人々の、その状態を、
我々の組織では、「組織の仕業」と呼んでいる。

我々の組織では、と言っても、
我々の組織には、我、つまり、わたくし、ひとりが、
残念ながら、所属しているのみである。

ピーターも、サムも、ジェームスも、ジェイソンも、いない。
強力なボンドも、折れないボーンも、いない、のである。

「組織の仕業」とは、
我々の組織とは、別の、何らかの組織が、何らかの意図を持ち、
周知の中、人々の、目を閉じさせ、首をあげさせ、口を開けさせている。

そう、我々の組織では、解釈している。

何らかの組織の、「組織の仕業」の真意は、
我々の組織には、判りかねるのである。

しかし、
我々の組織としては、
得体の知れない「組織の仕業」で、
大きく口を開けている、その人々の、口の中に、
江戸時代の忍者が、糸を、口元まで垂らして、毒薬を流し込むように、
(この行為は、実際は、フィクションとの説が強いが)
カリフォルニア産のレモン汁を、数滴、流し込みたい、
そんな衝動に駆られるのである。

この国には、
「肖像権」というモノがあり、
その際の素敵な表情を、記録媒体に、秘密裏に、残す事は出来るのだろうが、
公に、その記録を、表に現す事は出来ない。

そもそも、撮影行為も、判明すると、
犯罪行為に、変わってしまう怖れがある。
頭の記憶に残すのみである。

実際に、行動に移す事は、
実行力のない、我々の組織では、出来ない事である。
すべて、我々の組織の、妄想の中での、ミッションである。

ミッション インポッシブル、ではなく、
インポッシブルなミッション、である。


この記事により、示唆されたと、訴えても、

例によって、
君、もしくは君のメンバーが捕えられ、あるいは殺されても、
当局は一切関知しないから、そのつもりで。

なお、このブログは自動的には、消滅しない。
成功を祈らないから、
不可能な行為として、この事を、控えた方が、望ましい。


なお、
この組織の我は、
孤独で、寂しい、存在である、と、思われる。

また、
この組織の我は、
この世の中の、「組織の仕業」を、
秘かに、探すのを、秘かな、楽しみにしている、と、思われる。

とにかく、
この組織の我には、
気を、確かにもって、
生きて行ってもらいたいものである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )