「たちきり」、ここまで進化しました。

2010年3月27日(土)18時30分 ¥5,500
立川談春 25周年スペシャル独演会ーTHE FINAL-「たちきり」
東京厚生年金会館

立川談春 「粗忽の使者」
立川談春 「愛宕山」
~仲入り~
立川談春 「たちきり」

でっかい会場、高座が小さく見えます。
高座の背景に大きな白いスクリーン。
なんと!、スクリーンに高座の演者を映すという、趣向。
高座か、スクリーンか、どちらに集中するのか、
で表情がよく見えるが、
良いような、悪いような。

久しぶりの「粗忽の使者」、地部田殿、大いに笑う、滑稽な噺です。

厚生年金会館の思い出を、楽屋から話す談春さんのVTR。

そして、師匠、談志の厚生年金会館での過去の実演映像がながれる、
このときも、スクリーンを背負っての高座。
このスクリーンを背負った高座の状況を確認するために、
家元が観客席に行き、私服姿の談春さんが、高座に呼ばれ座って、落語のさわりを。
この環境を、状況を「満更悪くないと」、家元は言った。

そして、志ん朝さんとの思い出話。
志ん朝さんに憧れていた少年談春。
落語の90%は志ん朝さんで覚えていたと。
厚生年金会館で、志ん朝、小三治二人会で前座を務めた談春さん。

この二つの思い出が、厚生年金会館にあるんだと。

そして、「愛宕山」、

京都の愛宕山から、かわらけ投げを談春さん自ら実演した映像も見せ、噺に入る。
実際は、かわらけの端を欠きません。
とてもイメージしやすい趣向です。

仲入り後、
「たちきり」
この噺、以前聴いたときより、
番頭さんの行動の動機が非常に分かりやすく、
噺を刈り込んで、継ぎ足していた。
なるほど、公演タイトルに「たちきり」とつけた意味は、
こういうところにあり、自信があったんですね。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

猫定、めったに聴けない噺です。

2010年3月16日(火)19時30分 ¥3,500
成城ホール

立川談春 「野ざらし」
~仲入り~
立川談春 「猫定」

「猫定」、この噺、談春さんが演らないかぎり、
もう、聴くことができない気がします。

街中で、黒猫を見ると、「猫定」を思い出します。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

談春、一番弟子、こはる、二つ目トライアル。

2010年2月20日(土)18時 ¥3,000
立川談春独演会
麻生市民会館 大ホール

立川こはる 「天災」
立川談春  「紙入れ」
~仲入り~
立川談春  「厩火事」

前座で「天災」!?
こはる、二つ目のトライアルだそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

火事息子の系譜

2010年2月17日(水)19時30分 ¥3,500
立川談春独演会
アナザーワールドII
成城ホール

立川談春 「火事息子」
~仲入り~
立川談春 「三軒長屋」

談春の「火事息子」は、
鶴橋の志ん生、三木助、談志の系譜の「火事息子」。

寝るときに、志ん朝の「火事息子」、三木助の「火事息子」を聴きました。
こういう楽しみもあります。

家元と志ん朝の会話、談春「火事息子」のまくらも
楽しかったです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

きらりっ、談春の包丁

2010年1月26日(火)19時 ¥3,500
立川談春独演会
三鷹市芸術文化センター星のホール

立川こはる 「元犬」
立川談春  「百川」
~仲入り~
立川談春  「包丁」

星のホール、最期の高座。
トリは、「包丁」、
「猫がトタン板」、この台詞、背中が首筋からゾックときます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鰍沢、根多おろし、です。

2010年1月5日(火)19時30分 ¥3,500
立川談春独演会 アナザーワールド
成城ホール

立川談春 「鰍沢」
~仲入り~
立川談春 「明烏」

いいです、根多おろし、そして、春です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

落語三昧、第二夜。

2009年11月19日(木)19時 ¥3,150(会員前売り)
立川談春独演会
三鷹市芸術文化センター 星のホール

立川春樹 「饅頭怖い」
立川談春 「夢金」
~仲入り~
立川談春 「居残り佐平次」

吐く息が白くなるくらいの寒い夜。
小雨が降って、さらに寒さが強い。

こんな寒い夜は、「夢金」かぁと予想すると、
どんぴしゃり、こういう夜は、
噺がよりよく聴こえるというものです。

さすがに、「居残り佐平次」を当てることはできませんでした。
いつもこの噺、映画「幕末太陽伝」のフランキー堺が邪魔をして噺に入りきれないのですが、
今晩はまったく邪魔されずに、談春の佐平次に楽しく酔いました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夢の落語三日間、三日目。

家元談志休演で、キャンセルしようかどうか悩んだ会。

2009年10月19日(月)19時  ¥5,000
練馬文化センター・小ホール

柳亭市楽  「桑名船」         
立川談春  「牡丹灯籠 お札はがし」 
~ 仲入り ~
笑福亭鶴瓶 「ALWAYS~おかあちゃんの笑顔」
柳亭市馬  「らくだ」

楽しい落語連続三日間が終わってしまった。
しかし、落語はたのしい。        
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

もう秋です、夜は虫の声が聴こえてきます。談春独演会

2009年8月27日(木)19時 ¥3,150
立川談春独演会
三鷹市芸術文化センター星のホール

立川こはる 「転失気」
立川談春  「首提灯」
~仲入り~
立川談春  「汲み立て」
立川談春  「桑名舟」

「汲み立て」を終え、家元の容態を話して、
「桑名舟(鮫講釈)」に入りました。

談春さんを聴くと、よかったなぁ、と満足させてくれます。

後日、家元のDVD「鮫講釈」を観返しました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

喬太郎の二人会は、「井戸の茶碗」と「寝床」なんです。

2009年6月7日(日)12時 ¥3,600
民音落語会
立川談春・柳家喬太郎二人会
よみうりホール

柳家喬之進 「金明竹」
柳家喬太郎 「井戸の茶碗」
~仲入り~
立川談春  「寝床」

5月の余一会
文左衛門・喬太郎二人会
喬太郎が「井戸の茶碗」、文左衛門が「寝床」。
談春・喬太郎二人会
喬太郎がおなじく「井戸の茶碗」、談春が「寝床」。
喬太郎の「井戸の茶碗」は進化した、「井戸の茶碗」。
進化?、工夫をして変えてきたという事です。
文左衛門と談春の「寝床」、書くまでもなくまったく違うものです。

たまたまだと思います。
こういう会、聴き比べるということでもないけれど、
こういう楽しみに出会うという事もあるということですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

柿落とし、落語会。

2009年6月1日(月)19時30分 ¥3,500
成城ホールこけら落とし公演
立川談春独演会
成城ホール

立川談春 「九州吹き戻し」
~仲入り~
立川談春 「棒鱈」

こけら落としに、
この演目、「九州吹き戻し」を選ぶんですね、談春さんは。
奉納落語といってました。
確かに、根多帳には、今後、「九州吹き戻し」とは、書かれないでしょうしね。

この演目、あとは、五街道雲助さんが、演るくらい。
まさか、この成城で、雲助師が演る確率は限りなく低いでしょうから。
ちなみに、今月21日、“雲助蔵出し”でこの「九州吹き戻し」を演りますね。
ぜひ、聴きに行きたいと思っています。

そして、笑って大人の別れをいたしましょう、と、「棒鱈」。
笑える鉄板根多ということなんでしょう。

19時30分から始まって、21時30分終了、
成城で、ちょっと大人の会ってな感じでしょうか。

成城の赤ちょうちん、
もつ焼きを食べて、ちょっと飲みすぎた夜でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

談春、今日も談春。

きのう、演目を書いてしまい、
今日も同じ演目ということもあって、
配慮が足らなく申し訳ないことをしていまいました。

本日、楽しみにしていて、
演目をご覧になってしまった方、すみませんでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

談春、

久しぶりの談春。
と、言っても一ヶ月ぶりですか。
「不動坊火焔」も久しぶり。
こんな面白い噺でしたっけ、というほど面白かった。
幽霊になって脅す前、銭湯での金貸し・利吉の妄想をたっぷり。
この妄想の暴走が笑いを大いに誘います。

「木乃伊取り」も久しぶりです。
談春キャラクター集、お婆さんに、飯炊きの清蔵。
このキャラクターに大いに笑う。

実は、本日も談春。
同じ演目と知りつつも、まくらはどうだぁ。

2009年5月28日(木)19時 ¥3,150(会員前売り)
立川談春独演会
三鷹市芸術文化センター星のホール

立川こはる 「金明竹」
立川談春  「不動坊火焔」
~仲入り~
立川談春  「木乃伊取り」

こはるは、「金明竹」の言い立てに緊張をするも、
面白い噺を面白く伝えることができるほどに、
前座口調ではあるもののうまくなったことに感動。
可愛くてしようがないです、これからが楽しみでもあります。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

慶応の義塾で、落語の講義、の名目。

朝日カルチャーセンター横浜が、
開講30周年記念ということで、
立川談春先生をお呼びして講義と落語をという会。

久しぶりの低気圧に覆われて、
強く冷たい雨の中、東横線、日吉駅、慶應義塾大学まで足を運びました。
談春先生、
談春・お馴染みさんと、カルチャーセンターお馴染みさん、
つまり談春、落語の初心者さんが混じる会場で
談春・お馴染みさんには大らかな気持ちでと、
カルチャーさんをターゲットに宣言をして、

付け焼刃は剝げやすい、
江戸の寄席は町内にひとつはあって、
耳からためになる話を聴くが、
これが、下手するとなんて、講義のまくら、その1から

2009年4月25日(土)18時 ¥3,500
開講30周年記念講座
立川談春独演会
落語で江戸の風情を味わう
藤原洋記念ホール

立川談春「子ほめ」
~仲入り~
立川談春「大工調べ」
立川談春「小猿七之助」


談春版「子ほめ」
婆さんが自転車に乗って買い物に行くのが、好きであります。
最近、寄席で聴く「子ほめ」は自転車に乗らせないのでさびしいのです。

高座では、演者の膝が、客席のお客さんの額の位置に来るのが、
会場の皆さんに観てもらうことができるベストポジション。
ということで、位置が低かった高座をビールケースで急ごしらえ、
談春さんが、高座で体重移動するだけで、ギコギコ、音が出る。
ノイズより観やすさを選択したのであります。

さて、仲入り後、
講義その2、カルチャーセンターの先生は、
真面目の講義モード、メモを片手に、
江戸の町の成り立ち、長屋、家主・大家の成り立ちから、
「大工調べ」
なんとも笑いを誘う与太郎さんに、
いい啖呵を聴かしていただきました。

「大工調べ」を終え、時間がまだ20分ほど残っている。
サービスタイムは、なんと「小猿七之助」

談春初心者は、「惚れてまうやろぉ」。

ホールを出た後は、小雨になってました。
こんな機会でもないと、日吉には来ないよなぁ。
雨にも負けず、満足の会でありました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

昼に、落語の独演会。

2009年4月2日(木)14時~ ¥3,500
立川談春独演会
ひる落語ひる談春
北沢タウンホール

立川こはる 「松竹梅」
立川談春  「宮戸川」
立川談春  「持参金」
~仲入り~
立川談春  「大工調べ」

こはるさんが、すごく上手くなった。
家元に、二つ目、真打ちを認めてもらうには、
と、勝手に想像すると、目頭が熱くなりました。

談春さん、
世田谷区民のちょっと落語でもという初心者から
メモを取り続ける談春コアファンの混沌とした下北沢、昼の会場に向けて。

志らくさんが、
人情噺を演ることについての否定的な意見に対して、
日本で落語を演ること、その日本を東京だけに限らず地方も考えると、
人情噺を演る意味があると思うとして、
人情噺に入るのかと思いきや、…

寄席・新宿末廣亭の三月余一会の楽屋話、
寄席に出るということについて。
寄席は寝ていても話せる噺しか演らない、できない、
なぜなら、寄席の楽屋は、集中して高座に上がるような空間ではないからだ。

興味深いお話でした。
早くから、ビールでいっぱいのひる落語でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ