Tabbed  YUGA

我等のスーパーアイドル大和悠河さんについて関係あるものは大小全て記録して来たブログです
現在の活動は公式サイトへGO!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歌舞劇「綺譚桜姫」

2011-04-02 | 観劇

吉田家の息女桜姫は生まれつき左手が開かない

ある日、桜姫が長谷寺の僧侶清玄のもとを訪ねると、不思議なことに手が開き、中から香箱の蓋が落ちた

清玄は17年前に稚児の白菊丸と心中を図り自分だけが生き残ったのだがその香箱の蓋は、その折に彼にもたせたもので桜姫こそ白菊丸の生まれ変わりだということを知る

その様子を釣鐘権助という悪党が影から見ていた。この権助はかつて桜姫と一夜の契りを交わし姫が密かに捜し求めていた男でもあった。

再会を喜び庵室にこもる二人

ところが 室の密会が発覚し、姫の相手が清玄だと濡れ衣を着せられ、清玄は桜姫ともども寺を追われる。今度は桜姫と心中を図る清玄であったが、誤って自分だけが死んでしまう。

桜姫のほうは、権助によって女郎やに売られてしまうのだが、その姫言葉から「釣鐘」鳴らぬ「風鈴お姫」と呼ばれ売れっ子となる

ところが夜な夜な枕元に清玄の霊が現れ、女郎やから帰されてしまう。

 

 

 

零落していく桜姫。姫との前世の因果に苦しみ自滅する僧侶 ならず者の権助

流転の末に運命に絡めとられていく3人の運命は?

コメント   この記事についてブログを書く
« ぴーかんテレビ | トップ | 御園座の名物といえば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

観劇」カテゴリの最新記事