三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

新緑の中

2018年05月05日 | 俳句
今年も「トカゲ」の順一郎が顔を見せた。
最初に、この蜥蜴を見たのは小泉首相の時代で、それに因んでこの名前を付けたのだから随分と古い顔馴染みである。
もっとも、こちらは同じ順一郎と思っているが、曾孫の順一郎に代替わりしているかもしれない。
去年は顔を見なかったし、鵙の贄になっているのを見たので我が庭からは居なくなったと思っていた。
妻は、七色に光る姿が大っ嫌いで悲鳴を上げる。
何とか駆除してくれと言う。
殺虫剤は効かないし、蜥蜴が嫌う薬を撒くていどで、動きが速すぎてお手上げ状態である。

  ・新緑に立てば万物話しかけ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 八十八夜 | トップ | クワガタの幼虫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事