三太夫の残日録

俳句を詠み、PCでニュースを読むこれを日課とす。
三太夫は先祖の位牌に書いてあつた名前
これを一寸借用した。

地震

2018年06月22日 | 俳句
先日の大阪地震で本に潰された人がいたとの報道を見て、自分も本棚を見直した。
何でこんな本があるのか、手に取って読んだ記憶の無い本まである。
昼寝をする時に枕に丁度良い本ばかり。
読み始めて途中で投げ出した本がほとんど。

白内障の手術後は本はほとんど読まないし読むのは苦痛。

本に潰された自分を想像するのも惨め。
笑い者にならないよう処分することとした。


 ・赤土のひび割れ避けて蟻の列
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 半化粧 | トップ | 肥満した雀が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事