ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競走馬 近況 【シルク】

2016年07月30日 | シルク
パーシーズベスト・・・

クラス:1000万

成績:2-2-0-2 6戦2勝※地方成績も含む

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき

調教内容:トレッドミル調整

次走予定:秋競馬

厩舎長「ここにきてガラッと体調が上向いてきたのか、冬毛が抜けて毛艶がかなり良くなってきました。思いのほか仕上がりが早そうなので、今週は少しペースを落としてトレッドミルで軽めのメニューに切り替えました。来週からペースを戻し、帰厩に向けてピッチを上げて行かないといけない時期でもありますから、調教師と相談して今後の進め具合を相談したいと思います。馬体重は480kgです」



サーブルノワール・・・

クラス:新馬

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄

調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで14-14、週1回は15-14

次走予定:4回中山開催

天栄担当者「引き続き順調ですし、坂路でもしっかりと走れるようになっています。中山開催でのデビューを予定していますので、お盆過ぎには入厩することになると思いますが、それまでしっかりと乗り込んで成長を促して行きたいと思います」馬体重507㎏



ビートフォーセール・・・

クラス:未勝利

成績:0-0-0-1 1戦0勝※地方成績も含む

在厩場所:栗東トレセン

調教内容:軽め調整

次走予定:小倉8月20日 芝1800m

池江調教師「レース後も特に状態は変わりありませんでしたし、今朝の様子を見ている限り、精神的にも悪い方に向いていません。テンションが上がるようなら一旦短期で放牧に出すことも検討していましたが、今の感じならこのまま続戦させても支障はなさそうなので、少し間隔を空けて8月20日の芝1800mに向かうつもりです。出来れば同じホワイト騎手に乗ってもらいたいところですが、21日の札幌記念に騎乗依頼馬がいるようで、その為に前日の予定がまだ決まっていないと言っていましたから、無理なら違う乗り役を早めに手配しようと思います。前走を見る限り、折り合いもスムーズでしたし、乗り替わりで影響が出るような感じはしないので、どちらに転んでも対応出来るように調整していきたいと思います」



パーシーは体調面が急激に上向いてきたようです。
いいですね。
今後の予定がどうなるのか少し気になるところです。


ノワールは秋競馬に向けて盆過ぎで入厩するみたいです。
でも、どうなんだろう?
馬って元々暑さは苦手だと聞いています。
2歳馬にとって暑さの方がキツイと思うんだけどね。
何回も言いますが、デビュー時期を間違えたね。


ビートはもう一回使うらしいです。
ホワイトはもういいです。
却下です。
はっきり言って下手だと思う。
外国人で下手だから乗って欲しくない。
コメント

競走馬 近況【キャロット】

2016年07月30日 | キャロットクラブ
ピグマリオン・・・27日は軽めの調整を行いました。
「先週は肝心なところで詰まって持ち味を存分に活かしきれずに終わってしまいましたね…。内を狙えれば理想的という話を事前にしてはいたのですが、結果的には近くにいた2頭の馬たちの動きに惑わされてしまった感じもありました。脚色からしてスムーズであれば…という思いもあるのですが、こればかりは今言っていても仕方ありません。2回使いましたし、このあとはひと息入れて秋に備えるべきかなと思っていたのですが、レース後の様子を見ていても変わらずに調子は良さそうなんですよね。それなので急遽段取りをつけて、そのまま函館に残すことにしました。しばらく様子を見ますが、もしガクッと来るようなことがなければそのまま札幌戦へ向けて連戦しようかと考えています」(加藤征師)


ディアデルレイ・・・トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「帰ってきて最初のうちは疲れを取る意味で軽めの調整にしていましたが、この中間から乗り出し、普通のメニューを問題なくこなしてくれています。じっくりと乗りながら秋に備えていけるよう、体調面をよく確認しながら進めていきます」(天栄担当者)


クルーガー・・・ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「この中間も様子を見ながらマシン運動を取り入れています。今のところ、2~3ヶ月は脚元の経過観察を行った上で、具体的な治療方針を固めていければと考えていますが、可能な限り早いタイミングで復帰できるよう、しっかりと取り組んでいきます」(空港担当者)


クラシックリディア・・・27日は栗東坂路で追い切りました(54秒7-39秒3-25秒4-12秒7)。28日は軽めの調整を行いました。
「水曜日に坂路で併せて追い切っています。終い強めに乗ってもらったのですが、しっかりと動けていましたし調教の内容は良かったと思います。引き続き元気いっぱいでカイバが落ちるようなこともありません。お伝えしたとおり距離を延ばすよりはと思い、1200mの方に使わせていただきますが、スピードのある馬なのでうまく対応してくれるでしょう。前走内容からここも期待したいと思います」(石坂師)
31日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1200m)に浜中騎手で出走いたします。



ピグは、続戦となりました。
先週のレース、色々と言われていますが私はいい騎乗だったと思います。
確かに内を突きそこが詰りましたが、それは結果論です。
勝ちに行くレースをしか結果です。
前々走の無難に外を廻すレースよりも全然よかった。
若手にはもっとこういった騎乗をして欲しいし、こういった騎乗をしてくれる騎手にもっと乗って欲しいです。
はっきり言って、ルメールやデムーロなどJRAの騎手になった人を除いて外国人に騎手にはあまり乗って欲しくないし、
乗ったならば最高の結果ではないと嫌です。



レイは、また長い休みになるのでしょうね。
関東地方はようやく梅雨明けしましたが、残暑は逆に長くなると思います。



クルーガーは経過がでませんね。
少し心配です。
あまり状況が芳しくないのかな。


リディアは今週出走。
どういったレースとなるのかな。
コメント

競走馬 近況【シルク】

2016年07月23日 | シルク
パーシーズベスト・・・

クラス:1000万

成績:2-2-0-2 6戦2勝※地方成績も含む

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき

調教内容:周回コースでハッキング、キャンター 坂路で15-15

次走予定:秋競馬

厩舎長「日毎に毛艶が良くなり、だいぶ見栄えが良くなってきました。調教師もじっくり進めていけば更に良くなりそうと仰っていましたから、夏場はこちらでしっかり調整をして秋競馬に備えて行きたいと思います。坂路で16秒から15秒のところまで進めていますし、これから更に体調が上向いて行きそうです。馬体重は479kgです」


 
サーブルノワール・・・

クラス:新馬

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄

調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで14-14、週1回は15-14

次走予定:未定

天栄担当者「特に問題なく順調に来ています。こちらもだいぶ暑くなってきたので、体調管理に気を付けていきます。上手く夏を越して、良い状態でデビューを迎えられるようにしたいですね」馬体重506㎏



ビートフォーセール・・・

クラス:新馬

在厩場所:栗東トレセン

調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 20日にCWコースで追い切り

次走予定:中京7月23日 メイクデビュー中京・芝1400m[D・ホワイト]

池江調教師「昨日(20日)、CWコースで追い切りました。今週は助手が乗って半マイルから時計を出しました。先週の追い切りに騎乗したホワイト騎手は『最後まで手応え十分で軽快な動きをしていました。まだ息遣いは2歳馬らしく、これからだと思うけど、前向きな気性で仕上がり上々だから初戦から良い走りをしてくれそうだよ』と言っていました。牝馬特有の気性の持ち主で、前向きなところがありますから、初戦から力を発揮してくれそうです。スピードが勝っているので楽な競馬が出来そうですし、反応の良い馬なので最後までしっかり走ってくれるでしょう。今週は天気も持ちそうですから、良馬場で競馬が出来そうなので相手次第ではいい結果を出してくれると思いますよ」



パーシーは確実に良化をしていますね。
目標とする舞台にまずはたてるように。


ノワールは変わりなし。


そして、ビートは今週出走です。
一生に一度のメイクデビュー。
まずはしっかりとレースをすること
コメント

競走馬 近況【キャロ】

2016年07月23日 | キャロットクラブ
ピグマリオン・・・20日は札幌ダートコースで追い切りました(70秒5-55秒0-40秒4-12秒5)。
「先週は基本的にじっくりと乗るようにして週末に少しだけ時計を出しました。その後の状態も悪くないので、今週の競馬に備えて調整を進めていますよ。土曜日の競馬になりますし、今回は札幌で調整しているため輸送もありますから水曜日の今日、追い切りを行いました。全体時計としてはそこまで速いものではないですが、終い重点で最後に少し伸ばしています。時計的にも脚取りも悪くはないなと思えるものでしたから、順調に調整できたといえるのではないでしょうか。一度使っての今回ですし、しっかり調整していますからここは何とかいい結果を残してほしいですね」(加藤征師)
23日の函館競馬(駒場特別・ダ1700m)に菱田騎手で出走を予定しています。


ディアデルレイ・・・トレッドミル調整を行っています。
「先週は残念ながら除外になってしまったので無理はせず、いったんこちらに帰って来ることになりました。幸い、無理にレースへ向かわなかったことで馬のダメージはそこまでありません。このぶんならこの夏を無理なく過ごすことができるでしょうし、秋へ向けての調整もしやすく、今後を考えた場合、馬にとってはいいはずです。今はトレッドミルで運動を行っていますが、体調面はまずまずなので、様子を見ながら徐々に乗っていければと思っています」(天栄担当者)


クルーガー・・・ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「こちらに移動してきてからはいい形でリスタートを切れるようにリフレッシュに専念してきました。以前に骨折歴のある馬なので、万全には万全を期す意味で脚元のレントゲンを撮ったところ、右前膝を骨折していることが判明しました。この春に今一つ状態が安定しないところがあったのは、もしかしたらこれが遠因だったのかもしれません。まずは経過を観察したうえで今後の治療方針を決めていくことを検討していますが、力はありますし、まだまだ良くなる余地がある馬なのでしっかり対処し、いい形でまだ競馬場に送り出せるように努めていきます」(空港担当者)



クラシックリディア・・・20日は軽めの調整を行いました。
「この中間、乗り出してからも特に問題なく順調に来ています。前走は思ったよりも馬体重が減っていたのですが、先週の段階でプラス4キロと戻ってくれていますし、カイバ食いも良好です。小倉の芝は1200mか1800m以上かという極端な距離になってしまうのですが、これまでのレースぶりを見ていても距離を延ばすのはあまり良くないような気がしています。1200mで出たなりで運べれば自然と脚も溜まるでしょうし、浜中を確保して開幕週のレースを使うつもりでいます」(石坂師)
31日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1200m)に浜中騎手で出走を予定しています。



ピグは今日出走予定。
出走頭数は少ないですが、なかなか骨のあるメンツが揃いました。


レイは放牧にでましたが、クラブももう少しコメントと配慮することを考えては。。。
幸い、無理にレースに向かわなかったのではない
体調面などに不安があって向かわなかったのではない
何の策もなくレースに登録し、除外になり調整したのにもかかわらずレースにでれなかったのです
いたずらに消耗をさせただけなのに、よくこんなコメントを載せたな
本当にアホです。


クルーガーは残念ながら骨折が再発してしまったそうです。
これからの飛躍を期待できた馬だけに非常に残念です。
でも、まだターフに戻ってこれるはずです。
最低でも命はあります。
ゴルトブリッツで辛い経験をしているので、それを考えれば全然いいです。
もう少し早く発見できていればとも思いますが、それでも陣営が中心となって大目標であった安田記念をパスしたし、
その過程で強い調教をしてこなかったし、ダメージはそこまでないのではないでしょうかね。
競走馬である以上怪我はしょうがないことだし、この怪我は防げなかったことだししょうがないです。


リディアは浜中騎手を確保しました。
距離は短すぎるかなとの感はありますが、しっかりとこなしてくれるといいですね。
コメント

16年度 出資候補② 【キャロット】

2016年07月17日 | 出資馬検討
今年から募集を開始するオルフェーヴル産駒。
目玉となりそうですが、セレクトの評価はイマイチでしたね。
多くの人が予想するように、ステゴのように走る馬とそうじゃない馬に完全に分かれそうです。
そして、ポイントは性別と血統ではないかな。
初年度は牡馬のみに絞った方が無難だと思っています。



⑦クルソラの15 (父オルフェーヴル)

ステゴのポイントであるNTの血を意識した配合を考えた場合、NDは無視できません。
クルソラはバブルカンパニーを通してリファール~NDの血がはいることと、
NTのポイントはレディアンジェラのクロスですが、このレディアンジェラの父ハイペリオンのクロスが3本入ります。
興味深い血統です。
募集価格は4,000万円でしょう。



⑧シンハリーズの15 (父オルフェーヴル)

こっちはシグルスピールが母父だからヘイローのクロスが出来上がります。
これは姉の活躍で値段が上がり6,000万円でしょうね。
私は前者の方が好みかな。



⑨アンナヴァンの15 (父ロードカナロア)

母系はバレークィーン系。
産駒は活躍馬がいませんが、あまりいい種牡馬を付けられていなかったので繁殖能力が低いとは言い切れません。
馬体次第です。



⑩ペルレンケッテの15 (父ノヴェリスト)

無条件に出資します。
余程のことがなければね。
血統が非常に重めなので、母父ディープ頼みです。
下の仔のロードカナロアは流産したみたいなので、そこは非常に残念です。
この仔の時も最初はカナロアを試みてその後ノヴェリストだったみたいですしね。
募集価格は母と一緒で3,200万前後かな。
でも、正直ノヴェリストは日本で未知数ですよね。
日本の芝向きのスピードはディープ頼みです。



⑪カドリーユの15 (父ダノンシャンティ)

この馬もほぼ出資をします。
余程のことがなければね。



コメント

16年度 募集馬 検討①【キャロ】

2016年07月17日 | 出資馬検討
今年もこの時期がやってきました
キャロットクラブの募集予定一覧が同封されてきました。
今年は、キャロットの優先枠にバツイチの権利をもっていることと、
母優先枠の本命のペルレンケッテの15が募集されるのでキャロ中心で出資を考えています。

というか、シルクは出資しないかもしれません。
それだけジェムクオリティの追加募集でのノド鳴り隠しに嫌気を感じました。
そんなことをするクラブは信用がおけない。

で、キャロットの募集予定のラインアップは凄いことになっています。
優先票は分散されそうなので、大抽選会とはならなそうです。

今年はディープ産駒がまた欲しいと思っています。
クラシックを意識できる馬に出資をできると最高ですけどね。

ぱっと見ての候補は

①ウルトラブレンドの15 (父ディープインパクト)

母のウルトラブレンドは5歳夏にG1であるクレメント・L・ハーシュステークスを勝ちG1ウイナーの仲間入りをしました。
近親にはこれといった活躍馬はいません。
祖母がリステッドを1勝していますが、母はMaiden Clamingという最下級のレースを7戦して未勝利。
父リッチリーブレンディドもG3ウイナー程度で、3世代を残して死亡していますが活躍馬はこのウルトラブレンド以外いません。
アメリカは日本以上に厳しく3流馬同士の配合が多いです。
その中で突然変異で産まれた馬。
だから言い換えれば非常に活力がある血統です。
全姉のベアインマインドがデビューをし、1勝をしています。
府中マイルで勝ちタイムは1.33.9の非常に好タイムでした。
2着に下したミネットがその後早々に勝ち上がり500万下も先週勝ち上がったことから見ても能力は十分にあるでしょう。
ただ、この姉のベアインマインドは馬体が小さい馬です。
ここでしょうね。
ここがしっかりあると全弟であるこの馬は非常に楽しみではないのでしょうかね。
半兄であるサーヒューストンがセレクトで7,700万で取引されていますから、父がディープに変わり値段も
それ以上になると思われます。

8,000万円~10,000万円での募集となるのではないでしょうかね。
予定されているディープ産駒が3頭で2頭は栗東での募集が優良なので、この馬は美浦での募集となるのではないでしょうか。
人気の盲点になる馬だと思います。


②ヒルダズパッションの15 (父ディープインパクト)

全兄のジークカイザーがキャロットで募集をされ2戦2勝。
春は全休をしていますが、相当能力のある馬です。
募集時は430キロ台だった馬体重も470キロ台での初出走だったので成長力もある血統ですね。
血統はアメリカの快速系のゴーンウエスト系にシアトルスルー、ヌレイエフとパワーを重ねています。
そしてアメリカでサドラーズウェルズ系を広めた旗手のエルプラド。
ディープはアメリカのスピードとパワーに特化した配合と非常に相性がいいです。
問題は価格。
全兄の募集価格が12,000万円でしたから今回もそれが基準でしょうね。


③イルシーヴウェーヴの15 (父ディープインパクト)

セレクトセールでキャロットが5,400万円で落札をしました。
これに消費税と経費がかかるから7,000万円前後での募集となりそうです。
ちょっと高いですね。
牝馬で予算オーバーです。
6,000万円なら考えてもいいんですけどね。
でも、血統はこちらもゴーンウエスト系です。
今日本のトップ吉田勝己氏がディープに合うのはスピードとパワーを兼ね備えた牝馬だと言っていました。
クラシック配合を意識して長い距離を勝っていた馬をつけても上手くいなかないらしいです。
だから、この馬は合うと思います。
牝馬だとこれが候補の1番手ですね。


④ラドラーダの15 (父キングカメハメハ)

この血統は是非とも出資をしたい馬です。
世間一般ではディープの近親ですが、私の中ではゴルトブリッツの近親なんです。
今年はバツイチの権利もあるし、思い切っていってもいいかなと思っています。
ちなみに来年はロードカナロアの男の仔となります。
出来が良ければ今年、そしてダメならバツニの権利を元に来年いってもいいと思っています。
募集価格は6,000万円ですね。



⑤アヴェンチェラの15 (父キングカメハメハ)

これもバツイチの権利がある今年が勝負でしょう。
来年はハービンジャーの牡馬。
そう考えると元出資者の方も是非今年欲しい馬なのではないでしょうかね。
出来はどうなんですかね。



⑥ブルーメンブラットの15 (父 キングカメハメハ)

大物が今のところでていないブルーメンブラット。
配合次第だと思いますが、2年連続でキンカメの牝馬が誕生しています。
そろそろ大物が出る頃だと思いますし、価格もこれまでの実績で落ちてくると思うので穴候補で一考もアリだと思います。

コメント

競走馬 近況【シルク】

2016年07月16日 | シルク
パーシーズベスト・・・

クラス:1000万

成績:2-2-0-2 6戦2勝※地方成績も含む

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき

調教内容:周回コースでハッキング、キャンター

次走予定:秋競馬

厩舎長「冬毛も抜けて少しずつ毛艶は良くなってきていますが、調教師も状態がしっかりするまでは無理をさせる必要はないと仰っていましたので、秋競馬に向けてじっくり鍛えていくことになりそうです。暫くは16秒ぐらいのペースで抑えて良化を図っていきます。馬体重は481kgです」


サーブルノワール・・・

クラス:新馬

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄

調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで14-14、週1回は15-14

次走予定:未定

天栄担当者「引き続き順調です。中山目標なので、オーバーワークにならないよう調教のペースをセーブしています。先日、小島先生が状況を確認に来場されました。『美浦トレセンにいた時に比べ、体が一回り成長していますね。今が成長期なのかもしれません。良いタイミングで放牧に出せたと思います』と仰っていました」馬体重503㎏


ビートフォーセール・・・

クラス:新馬

在厩場所:栗東トレセン

調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 
14日にCWコースで追い切り
ビートフォーセール  ホワイ 7.14栗CW不 99.2- 82.7- 67.8- 52.5- 38.0- 12.2[7]強目に追う
サトノクロノス(二オープン)一杯の外に1.0秒先行0.3秒先着

次走予定:中京7月23日 メイクデビュー中京・芝1400m[D・ホワイト]

池江調教師「今朝(14日)、CWコースで追い切りました。競馬で騎乗を予定しているホワイト騎手に感触を確かめて貰いました。3頭併せで行い、最後の直線で軽く反応を確かめる程度でしたが、最後までスピードが落ちることなくゴールしています。特に気難しい所も見せず、今のところ順調そのものですから、後1週しっかり調整すれば態勢は整うでしょう。まだ若干息遣いは一息のようですが、週末に大きめを行い、来週の追い切りで息も出来てくると思いますよ」



パーシーはもう完全に秋競馬を目指すようですね。
次走の予定が変わっています。
これはこれでいいと思います。
この馬の目指す場所はもっと高い場所ですからね。


ノワールも秋デビューが目標。
コジフトは騎手時代から好きな騎手だったけど、今ひとつ成績はぱっとしませんでした。
調教師でも悪い成績ではないのですが、イマイチ感が強いです。
いい馬は集めているとは思いますが。
でも、この馬の扱いをみてなんとなく納得をしてしまいました。
この馬が大物とかではないのですが、今はクラシック出走を狙うなら早いうちからある程度無理して使わないと厳しい。
この馬の父のその全弟であるディープインパクト産駒は2歳冬から3歳春にかけて急激に成長をします。
だから、その前にある程度賞金を重ねないと厳しいです。
なんかがっかり感が強いです。


ビートは来週出走。
騎手が乗っていたとはいえ、いい調教だと思います。
初戦から楽しみです。

コメント

競走馬 近況【キャロ】

2016年07月16日 | キャロットクラブ
ピグマリオン・・・13日は軽めの調整を行いました。
「先週の後半に函館競馬場から札幌競馬場へ移動して、レース後の状態を改めて確認するとともに次の競馬へ向けた調整を開始しています。大きな問題はないので今は普通に乗って準備を進めていますよ。今朝もダートコースで1600mほどの距離をじっくりと走らせていますし、体調もいいですね。今のところ週末あたりに15-15か少し強めくらいのところを取り入れることも考えていて、来週は整えるようにしっかりと動かして競馬へ臨むという流れになるでしょう」(加藤征師)
23日の函館競馬(駒場特別・ダ1700m)に菱田騎手で出走を予定しています。


ディアデルレイ・・・16日の福島競馬(安達太良S・ダ1700m)へ出馬投票を行いましたが、非当選除外となりました。
「今週の競馬に向けてしっかり仕上げてきて楽しみにしていました。本当に心配は除外だけだったのですが、願いむなしく除外になってしまいました。どうしようもないことなのですが、本当に悔しいし、残念です。それでこのあとをどうするか考えたのですが、来週の中京は1400m戦で、さすがにちょっと忙しいと思えますし、それ以降となると夏は小倉にしかダートの中距離戦がありません。だいぶ暑くなってきている状況で美浦から小倉まで連れていくのはさすがに酷ですし、そう考えると夏場に良い条件がないと言えます。仕上げたからには使いたい気持ちもありますが、せっかく前回で良い競馬をして良い結果も出せた後なのに、無理をさせて馬にダメージだけを与えてすべてを台無しにすることは避けなければいけません。クラブとも相談をしたところ同意見ということでしたから、今のところはいったん切り替えて放牧に出し、次に備える形を採るつもりで考えています」(牧師)


クルーガー・・・ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「引き続き、じっくり取り組むことで芯からリフレッシュを図るようにしています。状態次第では徐々にペースアップを検討していこうと考えていますので、馬に合わせて日々のメニューを構築していければと思います。馬体重は535キロです」(空港担当者)


クラシックリディア・・・13日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は2着に敗れてしまいましたが、この馬のスピードを活かしたいい内容だったと思います。気のいいタイプですが、今回は引っかかったわけではなく、自分のリズムでハナを切りましたし、スムーズだった分最後もよく辛抱してくれていましたね。こういう競馬ができれば次も楽しみです。レース後はトモの繋を擦っていましたが、これは調教中にも気をつけていた箇所なので、引き続きしっかりとケアをして次走に向けて調整していきます」(杉山助手)



ピグは来週出走のようです。
本当に頑張ってくれています。


そして、問題なんのがレイというか調教師。
アホすぎて呆れます。
暑さに弱いと自分で言っているのに前走後6/4の府中に同条件の麦秋Sがあったのに放牧にだし、
本格的に暑くなる前に一回使いたいといい、帰厩し除外の可能性もあったのに前週の白川郷Sには登録もせず、
今週除外になり、レースに使わずに放牧。
本当にバカじゃないの
いたずらに馬に負担をかけただけで誰が納得するの?
クラブもバカじゃないの。
会員の利益を一番に考えるのがクラブの仕事ではないの。
あまりにお粗末すぎて話にならない。
牧先生を今までは擁護してきましたが、流石にこれは話になりません。
もう転厩しかないんじゃないですかね。


クルーガーはじっくりですね。
じっくりでいいです。


リディアは先日のレースはおしかった。
ただ、馬体重がもう少し増えないと厳しいかな。
コメント

競走馬 近況【シルク】

2016年07月09日 | シルク
パーシーズベスト・・・

クラス:1000万

成績:2-2-0-2 6戦2勝※地方成績も含む

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき

調教内容:周回コースでハッキング、スローキャンター

次走予定:新潟8月13日 三面川特別 牝馬限定戦・芝1800m

厩舎長「先日、調教師が状態を確認したところ、『まだ毛が長いし、良化がスローですね。新潟を予定していますが、無理にそこに合わせて調整するよりは状態を優先にする方が今後の為にもなりますから、もう少しじっくり進めていく方が良いかもしれません』と言っていました。そろそろペースを上げて行こうかと考えていましたが、少しずつ毛が抜けてきているものの、他の馬と比較しても見栄えが一息ですから、もう少し今のペースを維持しながら良化を図って行く方が良いかもしれません。グンと良くなれば新潟開催を目標にすればいいですし、間に合わないようであれば、予定を変更すればいいので、状態を見ながら調教師と相談したいと思います。馬体重は472kgです」


サーブルノワール・・・

クラス:新馬

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄

調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週3回は坂路コースで14-14

次走予定:未定

天栄担当者「引き続き順調です。小島太先生とも相談したのですが、大物感のある馬ですし、暑い時期に無理して出走させて、後々反動が出てしまってはいけないので、秋の中山開催まで待つことになりました。まだ時間があるので、じっくり調整していきます」馬体重501㎏


ビートフォーセール・・・

クラス:新馬

在厩場所:栗東トレセン  

調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター  
7日にCWコースで追い切り
ビートフォーセール  藤岡康 7. 7CW良 84.4- 68.0- 54.0- 39.3- 12.2[9]一杯に追う
ソーグリッタリング(新馬)一杯の外0.4秒遅れ


次走予定:中京7月23日 メイクデビュー中京・芝1400m[D・ホワイト]

池江調教師「今朝(7日)、CWコースで追い切りました。6ハロンから時計を出して、終い重点でしっかり行いました。時計の掛かり易い後半の時間帯でしたが、自分の時計では最後の1ハロンは12秒1でしたから、前半の馬場の良い時間帯なら12秒を切っていたでしょうね。中間の雰囲気も落ち着きがあって良いですし、来週も6ハロンからしっかり時計を出して、当該週は半マイルからサッと行う程度で十分でしょう。仕上がり早いタイプですから、初戦から力を出してくれそうです」


パーシーはまだ次走は確定ではなく、様子をみながらとなりそう。
流石石坂先生ですね。
私もそうですが、この馬を出資した多くの方が目標値を高く設定していると思います。
G1戦線にでて好走する馬であってほしいと。
秋の大舞台を目標にすると、新潟を使って反動がなく尚且つ勝てればベストですが
そう慌てる必要もないです。
そういう意味では前走のハナ差の勝利は大きかったです。
トライアルであるローズSには出走出来ると思うし、もしはじかれても1000万下に登録をして勝てれば問題なく秋華賞に出走できるし、
そこを勝ち負けできないと、秋華賞もでるだけのレースになってしまうのでこの選択はいいと思います。


ノワールの初陣は秋となりそうです。
陣営の判断を信じましょう。
でも、だから小島太は調教師として大成しなかったんでしょうね。
これが一流どころなら使っていたはずです。


ビートは来週出走ですね。
どんなレースをしてくれるか楽しみです。
コメント

競走馬 近況【キャロット】

2016年07月09日 | キャロットクラブ
ピグマリオン・・・6日は軽めの調整を行いました。
「先週は終いにいい脚で来ていましたが、流れにもう少しでも乗れていたらまた違ったでしょうし、悔しさのほうが大きい競馬でもあったのかなと思います。ただし、力をつけていて上位に食い込めるところを改めて見せてくれていますし、今回は優先出走権もありますから次でさらなる前進を狙っていきたいと思っています。レース後は大きな変わりはなさそうです。今は函館にいますが、馬房の兼ね合いもあってこのあとはいったん札幌へ移動する予定にしています。現地で引き続き様子を見て行き、馬の具合で次走を決めていければと思っています。函館へ再び向かうほうがベターかなとは思っているものの、その場合は輸送を伴いますから状態を見ながら慎重に判断していきます」(加藤征師)


ディアデルレイ・・・6日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-53秒5-38秒3-13秒1)。
「引き続き順調ですね。先週はウチの厩舎所属の巧也を背にして追い切りましたが、今日はスタッフを背にして開場間もないタイミングで馬場へ入り、ウッドチップコースで複数頭で併せる形を採りました。長めからじわっと進めて終いに体を並べ合ってしっかり伸ばしましたが、悪くない動きでしたよ。唸るような走りに持っていけるように今エンジンをつくっているところですが、順調ですし、来週の競馬へ向けてさらに状態を上げていければと思っています」(牧師)
16日の福島競馬(安達太良S・ダ1700m)に出走を予定しています。


クルーガー・・・ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「引き続き、じっくり取り組むことで芯からリフレッシュを図るようにしています。状態次第では徐々にペースアップを検討していこうと考えていますので、馬に合わせて日々のメニューを構築していければと思います。馬体重は535キロです」(空港担当者)


クラシックリディア・・・6日は軽めの調整を行いました。7日は栗東坂路で追い切りました(53秒5-39秒1-25秒2-12秒7)。
「今朝は坂路である程度強めに追い切りました。いつも引っかかったりするというわけではないのですが、どうも気が良すぎるために力んでしまって、頭が上がるようなんです。そこで今朝はメンコを着用して追い切ったところ、うまくリラックスして走れていました。これならレースでも着用してみても良さそうですよ。時計も動きも先週より良くなっていますし、好勝負を期待したいですね」(井上助手)
10日の中京競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1600m)に岩田騎手で出走いたします。


ピグは先週惜しいレースをしてくれました。
後方からとなってしまいましたが、3着に食い込んでくれました。
本当に孝行馬です。
正直もう年齢も年齢だし、上のクラスに上がると厳しいと思うのでこのクラスで入着を繰り返してくれると本当にありがたいです。


レイは来週出走。
このレースが試金石となるので楽しみ反面、不安が反面ですね。
ここをすんなりパスするとダートで大きいところが見えてきます。


クルーガーは思っていたよりも状態が悪く、これでは札幌記念は出走できそうにないですね。
秋に向けてしっかりとリフレッシュしてくれればいいですね。


そして、雨女のリディア
またまた雨です。
パンパンの良馬場がいいタイプではないと思うけど、馬体がなくパワーもないので重以上だと厳しい馬。
せめてやや重まで明日回復してくれればいいんだけどね。

コメント