ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競走馬 近況 【シルク】

2015年09月27日 | シルク
パーシーズベスト・・・
在厩場所:栗東トレセン

調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング。坂路でキャンター
助 手 9.25栗坂不 55.4- 40.4- 26.4- 13.3 強目に追う   
シンハライト(新馬)強目に0.1秒遅れ

次走予定:京都10月11日 メイクデビュー京都・芝1800m[松山弘平]

石坂師「今日は併せる同僚馬がいなかったので、明日追い切りを行う予定です。この中間も順調にきていますし、以前と違ってしっかり飼葉を食べてくれるのは良い材料ですね。京都開催1週目を目標に進めていますが、馬の雰囲気から言うと、ゆったりした距離の方がこの馬の持ち味をかせると思うので、牝馬限定戦・芝1600mの番組がありますが、11日の芝1800mに向かうつもりです。丁度その日は東京で毎日王冠がある為に、トップジョッキーが不在だったので松山騎手に声を掛けています」


ジェムクオリティ・・・
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄

調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週1回は坂路コースで14-14

次走予定:未定

天栄担当者「競馬のダメージはそれほどなく、馬体も順調に回復しているので、今週から坂路にも入れています。脚元も大きな変化はないですが、注意しながら進めていきます」馬体重487㎏



パーシーの鞍上は松山騎手に決まりました。
知識不足であまり知らなかったのですが、現在リーディング12位の7年目の騎手。
キャリアハイは4年目時の12年で74勝。
今年は既に56勝してるから、順調にいけばキャリアハイを更新しそうですね。
いい騎手を確保出来たと思います。
坂路のラップも15.0-14.0-13.1-13.3と刻んだから丁度1秒ずつ時計を詰めていい調教ではないでしょうか。
今年一番の期待馬だけに楽しい半分、不安が半分かな。


ジェムは調整中。
コメントをみると年内もう一戦できそうかな。
コメント

競走馬 近況 【キャロット】

2015年09月27日 | キャロットクラブ
アーデント・・・23日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週は持ち味が活きない形になってしまったこともあり、良い結果が出せずとても残念に思っていましたし、応援いただいたのに申し訳ありません。違った競馬ができれば結果も変わるのではないかとも思いますが、いい番組だっただけに悔しいですね。この後をどうするかはまだ決まっていないのですが、中1週のタフなスケジュールで競馬を使わせていただいたこともあり、いったんお休みを挟むことになりました。脚元などは変わりない様子を見せていますが、背腰の疲れは多少なりともありますし、放牧先での様子と番組を見ながらどうしていくか検討することになると思います」(伊丹助手)


ピグマリオン・・・21日は美浦南Wコースで追い切りました(67秒8-52秒5-39秒0-13秒3)。23日は軽めの調整を行いました。
「番組を見ていてウチの厩舎にとって相性のいい盛岡のレースがあって、ピグマリオンはそこに挑戦しようということになりました。中央では前回のようにフレッシュでいい状態、しっかり集中して走れれば力は出せるはずです。また、この間のレースはジョッキーがこれ以上ないくらい良い競馬をしてくれての結果でしたからさらに上となるとまた大変でもあるでしょうし、メンバー構成として地方交流戦でいちばん良い結果を狙えればと思っています。今週は変則日程もあって月曜日にしっかりと追い切ってあります。5ハロンで67秒の時計を出してまずまずの動きを見せてくれました。今日はじっくり動かす内容ですが、月曜日のレースから逆算して金曜日か土曜日あたりにサッと動かして整えて競馬へ向かう形を取ることになると思います」(伊丹助手)
28日の盛岡競馬(東京カップけやき賞・ダ1800m)に山本聡騎手で出走いたします


ジャイアントリープ・・・軽めの調整を行っています。
「引き続き、ウォーキングマシンで軽く動かして様子を見ています。右前脚の状態については、動かしながらも引き続き変わりなくきている状態です。もうしばらくは軽めのメニューで動かしつつ、患部のケアをしっかりと行っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


ディアデルレイ・・・トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「良い意味で変わりない様子を見せてくれていますし、継続して調教を課してきました。調教師とは秋競馬を目標に移動という話をさせてもらっていますし、徐々に移動の段取りを組んでもらうことになるでしょう。こちらではこれまで同様にしっかりと乗っていき、春競馬からの巻き返しが実現できるように少しでも力になれるようやっていきます」(天栄担当者)


パンデイア・・・トレッドミル調整を行っています。
「残念ながら勝てずに帰って来ることになりましたし、力になれなくて申し訳ありませんでした。ただ、上手く立ち直ってくるようであれば地方競馬からの再出発になるということを聞いていますし、まずは体調を整えることから始めています。厩舎から“精神的にも煮詰っているかもしれないし、リフレッシュさせてほしい”という話ももらっていますから、様子を見つつ動かしていくつもりです」(天栄担当者)


クルーガー・・・周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間から坂路ではハロン17秒程度のところを取り入れています。体調はだいぶ良くなってきていますし、状態は全体的に上がってきていますよ。馬体にも張りが出てきていますし、この調子で少しずつペースを上げていきたいですね」(NFしがらき担当者)


クラシックリディア・・・23日、24日は軽めの調整を行いました。
「先週末に帰厩し、順調に乗り出しています。函館に初入厩した時は、すごくおとなしくて落ち着いている馬という印象だったのですが、トレセンの環境にまだ慣れていないせいか、ちょっとピリピリしたところを見せています。カイバは聞いていたよりは食べてくれていますし、環境に慣れてくれば落ち着きも出てくるでしょう。今週は明日の金曜に強めの調教を行う予定です」(松原助手)



アーデントの前走は残念でした。
ダートの適性を測るにはまだ時期早計ですが、芝と比較をすると芝の方がいいかな。
この馬は騎手と競馬場、そしてOPクラスだと展開のアシストも必要となり厳しいです。
でも、まずはしっかりと体調を整えて次のレースを狙って欲しいと考えています。


ピグは地方で出走です。


レイは、思ったより帰厩が遅いですね。
10/18の府中1800m狙いかと思っていましたが、このペースだと11/15のtvk賞か11/1の2000mのハンデ戦を目標なのか?
そろそろ結果が求められる馬だし、上手くいかないなら条件を変えるべきだと思っています。


パンはまずは調子を整えること。
そこですね。


クルーガーは兎に角慎重に調整を続けて欲しい。


リディアは思ったより早く帰厩をしました。
この分だと11月デビューとなるのではないでしょうかね。
コメント

2015年 シルク 出資候補

2015年09月21日 | シルク
キャロットの抽選結果がでて、毎度の結果に終わりその予算を投入するシルクの出資募集。
血統、厩舎で選定しDVDを観ると、ちょっと迷いが。。。
ギリギリまで迷いそうなシルクの募集候補です。


・ブラックエンブレムの14


これは、いいですね。今年の1番人気になることがわかっていたし、関東のディープ産駒。
そして、募集価格が5000万円の高額馬。

関東のディープ産駒はパンデイアで嫌というほどそのネックがわかったし、当初はやめようと思っていました。
流石に3年連続でいい馬が産まれる確立は低いしね。
でも、DVDの動きを観て迷っています。

アベレージタイプに見えます。
募集価格の5000万円は出資馬のアーデントと同じで1億稼いでくれないと赤字です。
OPまでいき、OP特別を勝ち、毎年コンスタントに走り入着を繰り返す。

そうなる可能性が高い馬に見えます。毎年コンスタントに走れるかはわかりませんが、OPクラスまでは行きそうですね。
兄弟が早くにデビューできているのもポイントが高いです。
夏の新潟を使える可能性がありますからね。

現馬体重が430キロ。半兄のブライトエンブレムの募集時が460キロ→デビュー460キロ→皐月賞480キロ。
アトラスエンブレム募集時440キロ→デビュー470キロを考えると450キロ台までいきそうですしね。

実績だと明らかに足りないので抽選にかけることになりますが。



・バラダセールの14


でかいですね。牝馬で500キロ越え。
そして、その割には腹廻りと馬体の幅が貧弱のような気がします。

以前牧場見学の際に教えられたのですが、ここがないと使い減りをしてしまうため重要なチェック項目らしいです。

今年はハーツ産駒が欲しいと考えてます。
牡馬がベストですが、今年は牡馬でこれはと思える馬がいません。

キャロットのイグジビットワンの14の抽選も落ちたのでシルクで1頭獲るつもりです。

でも、この馬は体調面も気になるし様子見かな。



・ミュージカルロマンスの14


馬は間違いなくいい。大物感ありです。
クラシック路線に絡む馬ではないと思いますが、3歳春まではマイル路線で。
秋からはスプリンターとして活躍しそう。

そして、それがディープ産駒のクラブ募集の牡馬では当たりを引く確立が高いと思う。
クラシック路線で活躍する馬は、本家であるサンデーRにいい馬が集まります。

唯一可能性があるとすれば母募集がある、キャロットクラブか今まで募集のあったクラブに縁のある血統。
だからその路線を避けて出資をするのが活躍馬を引ける近道です。

この馬はその定義にあっている。

8000万円なら間違いなくいったんだけどな。

私の中では牡馬は8000万が上限、牝馬は5000万が上限とのルールがあります。
でも、例外でいきたい馬。

そんな魅力的な馬だから悩みます。



・プチノワールの14


ホームランか三振。
そんな魅力満載の馬です。私は今までステゴ産駒は避けてきました。
特に牝馬は。

それは気性難が多いから。
素質が高いのは重々承知ですが、それを邪魔する気性難が多いです。

だから、牝馬は箸の棒にもかからないし、牡馬も避けてきました。
出資候補に挙がったことはありません。

でも、この馬はいい。
間違いなく気性難です。
目、手綱の引き方からしても相当悪いと思います。
また、そういった血統ですし。

それでも、三振をしてもいいかなと思える馬です。
先に述べたブラックエンブレムの14はアベレージタイプで何かアクシデントがない限りOPまでいくと思いますが、
プチノワールの14は重賞を勝ち負けしてくれるかもしれない。
そんな大物感があります。

須貝先生はゴールドシップ、クルミナル、ローブティサージュと気性難の馬を扱うのは元騎手だけあって上手いと思うし。

この馬も実績が足りずに運任せになるんだけどね。



・ライフフォーセールの14


今年欲しいハーツ産駒。先ほどのバラダセールの14と天秤にかけてこちらに出資するつもりです。

血統的に魅力的なのは後者です。
ハーツを2年連続でつけているし、ということは上が望んだ形に出たということだと思います。

でも、ライフフォーセールは翌年にディープこれは不受胎の後、キンカメの仔を受胎して牝馬を産んでいます。
牧場からも期待を集めていることになるのでは。

馬体重が現段階で470キロあり、まだまだ大きくなりそうなのは心配の材料ではありますが、腹廻りもしっかりとしていて、
幅もありいいと思います。

多分抽選にならないと思うので、これは出資出来るのではと思っています。



・ナスカの14

多分今年の2番人気になる馬だと思います。
遅生まれのため、馬体重もないし、まだ貧弱な感じはしますが適性はクラシックディスタンスだと思う。

父のルーラーシップも比較的成長が遅かったし。
今月のクラブの会報で育成担当者がいいと絶賛していましたが、私にはそこまでとは感じられなかった。

むしろキャロットのアマルフィターナの14の方が現段階では上に感じたくらいです。

ルーラー産駒は今年欲しいと思っているし、その中ではこの馬一択になるけど発表当時の熱量からは少し後退気味。



・クーデグレイスの14

血統評価の段階で、これはとは思っていた馬です。
近親にラブリーデイがいて今注目の血統。

だからこそ、なんでこの値段なの?との感じがしたし、厩舎の村山先生はジャイアントリープでいい思い出が全くないので、
候補から除外をしていました。

でも、DVDの動きがいい。
様子見候補だと思っていましたが、もう人気をしてますね。

馬もいいのに、この値付設定が信じられない。

脚元に何か問題か体質的な弱さを抱えているのかな?

この値段だし、余程のことがない限りは募集価格は回収出来ると思うし、迷います。

コメント

競走馬 近況 【シルク】

2015年09月19日 | シルク
パーシーズベスト・・・
在厩場所:栗東トレセン

調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 16日に坂路で追い切り
助 手 9.16栗坂良 56.3- 41.2- 27.0- 13.3 馬なり余力

次走予定:京都10月11日 メイクデビュー京都・芝1800m

石坂師「今朝、坂路で少し気合いを付ける程度で併せました。先週は雨の影響でかなり走りにくかったこともあり、時計を要してしまいましたが、今日は終始楽走でしたし、最後も余力があったとのことでした。休養前と比べ、体もふっくらとして進めて行っても減ることがないので、それだけ状態が良いのでしょう。このまま順調に行けば次の京都開催には態勢が整うと思うので、10月11日のメイクデビュー京都・芝1800mを予定したいと思います。鞍上は出来るだけいい乗り役を探していますが、東京で毎日王冠に騎乗する乗り役が多いとのことなので、早めに確保しておこうと思います」



ジェムクオリティ・・・
在厩場所:17日に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧

調教内容:

次走予定:未定

大竹調教師「夏場からほぼ休まずに調教を積んできていたので、状態としてはギリギリだったかもしれません。競馬の後はグッタリしていて、2,3日は飼い葉にも手を付けず、馬房内で寝てばかりいました。しかもガチャガチャした競馬になってしまったので、色々傷を作ってきましたが腫れたりはしていません。ここで一息入れさせてもらいます。この1戦で問題点はハッキリしたように思います。気がないというよりは馬がまだ幼いようですね。終いはそれなりに脚を使いましたが、内田騎手もこれでもまだ全然真面目に走っていないと言っていましたし、そのなかで6着に来てくれたのですから、今後幼さが抜けてくれば、先々はもっと走ってくれると思います」



パーシーのメイクデビューの予定がでました
1800mの混合戦です。
騎手は毎日王冠が豪華メンツのため、厳しいと思いますがなんとかいい騎手が確保できるといいですね。


そのパーシーよりも一足先にデビューを果たしたジェムは6着という結果に。
状態面が少し心配ですが、しっかりと一息をいれて来年また出直しでいいと思っています。
コメント

競走馬 近況 【キャロット】

2015年09月19日 | キャロットクラブ
アーデント・・・16日は美浦北Cコースで追い切りました(68秒6-53秒3-39秒3-13秒1)。
「前走後、どのあたりを目指していくか色々と考えていたのですが、スタッフたちの意見も聞いてみたところ“1回だけでもダートを試してもらえませんか?”という話もあったんです。すると丁度いいところにオープン特別のレースがありました。中1週ですが、馬は元気な様子を見せていますし、それならば考えてもいいのではないかと思い特別登録をさせていただきました。姉のテイクバイストームもダートをこなしていましたし、一考するのもありだと思い前向きな気持ちで調整を行っています。今朝は本番のダートを見据えて北のダートコースで追い切りを行うことにしましたが、間隔が詰まっていますし、併せる必要もないので単走で動かしました。動けてはいましたけれど、物凄く良さそうかと言われると何とも言えない感じではありましたね。トビが大きい分、滑るようなダートだとちょっとどうかな、しっかりと地を掴めるような馬場ならばいいかもしれないなと思いました。初めての分、大きなことは言えませんが、頭数も手ごろになりそうですし、試してみるのは悪くないかなと思うんです。ただ、使うからにはちゃんといい競馬をさせたいというのもありますし、明日までよく考えて今週行くか見直すか考えさせてください」(加藤征師)
ろ20日の中山競馬(ラジオ日本賞・ダ1800m)に戸崎騎手で出走


ピグマリオン・・・16日は美浦南Wコースで追い切りました(74秒1-57秒6-42秒4-14秒5)。
「前走後、心身のリフレッシュを図りつつ調整を進めるために、少し期間を設けてもらっていました。その結果、悪くない中で調整ができたということでしたし、そろそろ競馬も考えていけそうということでしたから、先週帰厩させていただくことにしたんです。さっそく始めていますが、しっかり乗られている分もあるのでしょうけれど、こちらでも何とか補正しつつ状態を上げていきたいと思っています。今朝は南のウッドチップコースでじわっと動かして5ハロン73秒前後くらいの時計でした。順調に行けば魅力的と思えるレースもありますから頭に入れていければと思っていますが、もう少し進めてみた感じで判断となりますかね。このあと問題がなければ日曜日なり月曜日あたりにまた動かしていくつもりです」(加藤征師)


ジャイアントリープ・・・軽めの調整を行っています。
「この中間はウォーキングマシンでの軽い運動を行っています。患部の状態は大きな変化はなく来ています。この後もしっかりとケアを行いつつ運動程度に動かして、時間を置いてから状態の確認を行い、今後のプランを考えていきます」(NFしがらき担当者)


ディアデルレイ・・・トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「徐々に進めてきていますが順調と言えると思います。ちょうど昨日牧調教師と話をしたんです。調教師からは以前“中山は?”という話をもらっていたのですが、前回の教訓からもっとしっかりといいなと思える感触を持ってから送り出させてほしいと考えていたので中山は見送ってもらったんです。ただ、ここ最近の感じは悪くないので“東京開催中の時期に競馬を考えられるようになってくると思います”という話をさせていただきました。入るタイミングはまだ決まっていませんが、状態次第ではそう遠くなく入れるという話が出てきても不思議ではないでしょうし、移動を視野に入れて調整を進めています」(天栄担当者)


パンデイア・・・16日にNF天栄へ放牧に出ました。
「今回はスケジュール的にハードだったのでその点が心配材料だったのですが、当日の気配は意外にも滞在時より良かったので、そういった心配はせずに競馬へ送り出せたように思います。しかし、他馬の影響ではあるのですがスムーズさを欠く格好になってしまいました。消化不良ではありましたが、グッと来れなかったあたりは内面の疲れもあるのだと思います。勝ち上がらせることができなくて大変申し訳ありません。ただ、このまま諦めずに地方から出直すということでしたし、何とか頑張って中央の舞台に戻ってきてほしいですね。レース後、それなりの疲れはありますが、何よりも精神面のケアは必要だと思いますので、本日NF天栄へ放牧に出させていただきました」(加藤征師)


クルーガー・・・周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「こちらへ移動後はマシン運動など軽めのメニューで調整を進めていましたが、体調も少しずつ良くなってきていますし、先週末から騎乗調教を開始しました。まだゆったりとしたキャンター程度ではありますが、一度体調を崩した後でもありますから、ここは馬の状態をしっかりと見極めながら慎重に進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


クラシックリディア・・・周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間もコンスタントに15-15を取り入れてしっかりと乗り込みを続けています。カイバ食いも安定していますし、ここにきて坂路の動きもずいぶんしっかりしてきました。まだ具体的な移動予定は立っていませんが、いつ声を掛けられてもいいように態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)



アーデントはまさかのダート出走です。
でも、いま手詰まりだし色々挑戦することは悪いことではないと思う。


ピグはレースが近いですね。


ジャイアンはウォーキングで調整しています。
でも、今はクラブは屈腱炎の程度の発表はしないんですね。
ドナシュラークなんかは何%の損傷とか発表があったけど。
ドナの場合は8%と比較的軽度のものでしたが、復帰に一年半要しました。
ジャイアンの場合どの程度かは不明だけど、最低でも一年はかかると思います。
そうなると、年齢的にも厳しい感じがしないでもないけど。。。
やはり、不安があるのでクラブは何らかの方向性だけはしっかりと発表はして欲しいですね。


レイ君はもうそろそろ帰厩かな。


そして、パンデイア。
地方転厩で中央を再度目指すこととなりました。
再ファンドの規定が変わり、クラブも未勝利馬を地方転厩させるケースが増えてきていますね。
パンデイアは私は北海道まで戻してもいいと思う。
今のまま天栄にいても完全にリセットできないと思う。
そして、ホッカイドウ競馬を目標にして欲しい。
開催期間が11月前半と早い時期にクローズしてしまうけど、年内2戦。
そこで勝ち上がりを目指して欲しいと思います。


クルーガーは師の高野先生の流れが良くないですね。
クラブ馬のシャイニングレイ、ポルトドートウィユのOP馬に続き、期待の2歳馬ポルトフォイユまで屈腱炎とは。


クラシックリディアは年内デビューできるかもです。
コメント

2015年 キャロット 出資馬確定

2015年09月19日 | 出資馬検討
キャロットクラブの抽選結果がでました。


【最優先】
×   リリサイドの14   

【一般】
×   イグジビットワンの14  
○   カドリーユの14
×   トキオリアリティの14


最優先はバツイチの権利獲得のため、リリサイドの14にいったので想定内。

イグジビットワンの14はわずかな希望にかけましたがダメでした
カドリーユの14、トキオリアリティの14は想定通りです。

カドリーユの14の出資の方々宜しくお願いします。
この馬を応援していきましょう。

ハズレはしましたが、出資希望をした馬は馬券で応援していきます
出資確定した方々おめでとうございます。



それにしてもキャロットは凄い申し込みですね。
まさかカドリーユの14にも残り口が点灯するとは。。。
正直私はこの馬は母優先枠がなかったら出資申し込みをしなかったと思います。
それは現段階だと遅生まれもあり、馬体があまりにも幼すぎるからです。

多分出資をした多くの方が私と同じく母をもっていた方でしょう。
それだけ、カドリーユの能力を高く評価していたのだと思います。

この分だと1.5次でほとんどの馬が完売となるでしょうね。
色々考えがあるとは思いますが、実績制のないキャロットで出資したいとあまり思わない馬を出資するのは
どうかと思いますが。。。

私はキャロットは今回はもう打ち止めです。

去年から会員となったシルクに資金を廻します。 
コメント

競走馬 近況

2015年09月12日 | シルク
パーシーズベスト・・・
在厩場所:栗東トレセン

調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター
助 手 9. 9栗坂不 59.6- 43.6- 28.6- 14.4 馬なり余力   
シンハライト(新馬)馬なりに0.1秒先行同入

次走予定:京都開催

石坂師「今週から坂路で15-15ぐらいのところを始めています。もう少し本数を重ねてからペースを上げて行こうと思いますが、放牧前と比べて毛艶も良くなってとてもいい状態で戻ってきました。期待している馬だけに、しっかり仕上げてデビューを迎えたいと思っています。このまま順調に行ってほしいですね」



ジェムクオリティ・・・
在厩場所:美浦トレセン

調教内容:南Wコースで9日に時計
内田博 9. 9南W不 54.7- 40.8- 13.4[4]馬なり余力   
リターンラルク(古500万)馬なりの内を0.8秒追走0.1秒先着


次走予定:今週日曜の中山・D1,800m〔内田〕

内田騎手「ちょっと馬を気にするようですね。並んでからは大丈夫なのですが、並ぶまでが躊躇していました。慣れているコースですらこれですから、競馬で初コースなるとかなり戸惑うかもしれませんね。でも前向きさという点ではまだ足りないですが、最初からガリガリ行く馬よりは、先々の楽しみがあると思います。背中は良いですし、走ってくる馬だと思いますよ」

大竹調教師「今朝(水)の追い切りは後ろから追走し、直線は内に入れて最後は半馬身ほど先着しました。調教の動きは及第点を付けられると思います。前回と違い、飼い食いも安定しています。ただ苦しがっているのか、気持ち的にもう一つですね。前向きさがありません。まだ体力が付き切っていないせいかもしれません。今回は楽しみ半分、不安半分といったところです」



パーシーは、14-14から入って少しずつペースを上げるようです。
石坂先生も期待をしているし、私も当然今年一番期待をしている馬なのでまずは順調に。


そして、ジェムは今週メイクデビューです。
騎手、調教師のコメントが弱気なのは気になりますが、まずはしっかり走ってくれれば。
並ぶまでが躊躇するとのことなので、先に行きたいですね。
コメント

競走馬 近況

2015年09月12日 | キャロットクラブ
アーデント・・・9日は軽めの調整を行いました。
「先週は楽しみを持って臨んだレースだったのですが思うような結果にならなくて申し訳ありませんでした。程よく雨も降り、自分の形にも持ち込めただけに期待したのですが…。ただ、見直すとちょっと違った作戦でも良かったのかなという後悔はありました。いくらか左に張るところがありますし、ラチを頼るところのある馬です。あの馬場状態なので、いちばん良いところを選んで回ってきてもいいという指示を出していたのですが、ラチ沿いぴったりのところを走らせていたら勝ったとは言わないまでも、もっと粘れていたかもしれませんよね。もちろん交わされてからもバッタリとは止まっていませんからそれなりに力は出せていると思うのですが、色々と噛み合ってほしいところはありますよね。現在はレース後の状態を見ているところですが、脚元などの異常はありません。今後についてはまだ思案中です。強いところと戦って何とか勲章をという気持ちもある一方でもうひとつ殻を破り切れない苦しい状況でもありますから、どこにしようか迷うところです。状態は良いので続戦も視野に入れていますが、よく見ながら考えさせてください」(加藤征師)


ピグマリオン・・・トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「良い意味で変わらず順調に乗り込めていますよ。あまり追い詰めすぎると却ってへこたれてしまいますから強弱を程よくつけつつ乗り込んでいこうと思っています。いいなと思えるタイミングで送り出せればと思っていますが、検疫等の状況も加味する必要が出てくるでしょうし、そのあたりは状況を踏まえつつ厩舎と相談していきます」(天栄担当者)


ジャイアントリープ・・・5日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「エコー検査では腱に異常は見つからなかったのですが、1日置いてより精密なMRI検査を行ったところ、右前脚の屈腱炎が判明しました。まずは放牧に出して必要なケアを行い、状態を確認しながら今後のプランを考えていくことになります。一度は安心したのですが、このようなことになってしまい大変申し訳ありません」(村山師)

→軽めの調整を行っています。
「トレセンにて精密検査を行い、残念ながら屈腱炎という診断が出たため、こちらに戻ってきています。厩舎サイドとも連携してここまで調整してきたのですが、このようなことになって申し訳ありません。しばらくは患部のケアを中心に、無理をさせず適宜状態の確認を行って行きます」(NFしがらき担当者)


ディアデルレイ・・・トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「継続してじっくりと乗り込んできていますが、感触としては悪くないですよ。引き続き動かしていってよりしっかりとした状態に持っていけるようにしたいですし、何とか秋は良い競馬ができるようにしていきたいですね」(天栄担当者)


パンデイア・・・9日は美浦南Pコースで追い切りました(73秒9-58秒4-43秒8-14秒7)。
「先週末に無事美浦に戻ってきていますが体調面も安定していて悪くない状態でした。選択肢は2つあり、今週の芝1600mか来週のダート1800m牝馬限定戦。先にダートのほうでルメールを確保することができていたのですが、芝のほうは権利もちの馬も多いだろうし、上位どころもなかなか空かないだろうと思っていたんです。しかし、週末にルメールが空きそうということでした。最終的にはメンバーと馬の状態次第と思っていましたが、調教へ向かう格好を見ていると相変わらずカリカリしていたんです。出走間隔が詰まるとあまり良くない馬ではありますが、今の状況だと延ばしすぎるとさらに苦しくなってしまいそうな状態にも見えるんです。悩むところで明日まで考えますが、あまり精神的に煮詰めた状態にさせるくらいなら今回勝負に出たほうがいいのかなと思っています。輸送があったこともありますし、今週の追い切りは本当にサラッと動かして整えるものです。当初はウッドチップコースで動かすことを考えていましたが、後半の時間帯で馬場入りしたのでコンディションも悪かったですから、直前でポリトラックコースへ変更しました。雨が降って硬すぎることのない、丁度いいクッションになっているように見えましたからこちらでサッと動かしました。動かした時の身のこなしなどは問題ないですから、あとは明日までよく考えて今週のレースへ向かうか否かを判断していきます。出るとすれば、やはりスタートがポイントになってくるでしょうし、五分でもいいので何とかうまく出てジッと溜めて勝負に持ち込みたいです」(加藤征師)
今のところ12日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)にルメール騎手で出走


クルーガー・・・軽めの調整を行っています。
「先週の金曜日にこちらへ到着しています。もう熱は下がっているのですが、馬体の張りなどを見ても物足りないと感じる部分もありますし、今しばらくはマシンで軽く動かす程度に留め、まずは体調を回復させることを最優先に進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


クラシックリディア・・・周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週に引き続き、週に2、3回は坂路で15-15に近いところを取り入れつつしっかりと乗り込んでいます。負荷を強めていますが、カイバ食いはむしろ良くなってきてくれていますし、この分ならそう遠くなく移動ということになりそうです。走りのバランスが良く、先々まで楽しみな馬ですよ」(NFしがらき担当者)



アーデントはもう1戦しそうですね。コメントからみると重賞を目指しそうですが、番組表を見ると阪神の1600m
ポートアイランドSじゃないかな。
先週のレース。私は石川君の騎乗に満足しました。
ああいった思い切った騎乗をしてもらえれば満足です。
次も騎乗して欲しいですね。


ピグはアーデントと入れ替わりで入厩させるかと思っていましたが、まだですね。
でも近日中に入れそうですね。


ジャイアンはやはり屈腱炎でした。。。
怪我は競走馬の宿命なのでしょうがないとは思いますが、今回の怪我は防げたと思います。
これは人災に近いと思います。回復したら転厩をして欲しいと思うのですが、
経験上損傷の具合がまだでないのでこれは重度だと思われます。
そしてそのまま引退になるパターンだと思います。
もちろん怪我の程度が軽いことを望んでいますが。。。


レイ君はどこ復帰ですかね。


そして、パンデイア。
今日がラストチャンスです。
ここまで勝てなかったのはこの馬に力がなかったことはあると思いますが、レース選択もまずかったと思います。
新潟で使えば良かったのに。
芝のレースをいっておけば良かったのに。
土俵際で踏ん張れるか?


クルーガーは
コメント

2015年 キャロットクラブ 出資馬 申し込み

2015年09月06日 | 出資馬検討
キャロットクラブ2015年出資馬申し込み。
終了しました。

【最優先】
リリサイドの14


【一般】
イグジビットワンの14
トキオリアリティの14
カドリーユの14


最優先はリリサイドの14。
そうです。今年は×1の権利を取りに行きました。
この馬は僕のアンテナにはかからなかったけど、Webで話題になっていて多分今年の1番人気です。
報知のブログで矢作先生のコメントが載り、人気に拍車がかかりました。
このシステムの特性上、×の権利を求める人が駆け込みで人気馬に行きます。
この馬は多分×1でも抽選でしょう。
レーヴディマンの14は、最優先を使ってまでとは思わなかったので今回はこれでいいかな。


一般枠は
まず、イグイビットワンの14。
これは一般で抽選になるかなと思っています。
そして、トキオリアリティの14。
こっちは最優先枠で埋まりそうだから、死に票になるかな。
そしてカドリーユの14。
これは大丈夫だと思います。

シルクの募集があるから、今年はそっちでガッツリ行こうと思っています。

コメント

競走馬 近況 【シルク】

2015年09月05日 | シルク
パーシーズベスト・・・
在厩場所:栗東トレセン 3日に帰厩
調教内容: 次走予定:未定

石坂師「検疫がまわってきたので今日(3日)帰厩しました。毛艶もピカピカですし、体を見ても放牧に出す前とは別馬と思うぐらい良くなっているので、競馬に向けて明日から調教を開始したいと思います」



ジェムクオリティ・・・
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで2日に時計  9. 2南W重 53.7- 39.2- 13.2[3]馬なり余力 北村宏
次走予定:9月13日の中山・D1,800m〔内田〕

大竹調教師「昨日(水)Wコースで、後ろから追いかける形で3頭併せの追い切りを行いました。涼しくなってきて幾分調子が上向いてきたとは言え、息遣いや動きを見てもまだもう一つですね。体付きを見てもそうですが、兄と同じ様に奥手のタイプなのでしょう。来週のレースを予定しているので、出来るだけ良い状態で出走できるように調整していきます。デビュー戦の鞍上は内田騎手に依頼しました」


パーシーは予想よりも早く帰厩しました。
コメントも良く楽しみですね。
調教時計がでないことには何とも言えませがまずはデビューに向けて。


ジェムは来週出走ですが、調教で乗ってくれていたヒロシじゃないんですね。
内田騎手が不満であるわけではなく、ヒロシでないんかいということに不安があります。
コメントも弱気ですが、それを振り払うレースを期待しています。
コメント