ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競走馬 近況

2014年04月29日 | キャロットクラブ
アーデント・・・23日は軽めの調整
「先週はおめでとうございました。うまく行きましたね。メンバー的にもここは十分チャンスと思っていたし、相手関係からここはまたとないくらい魅力的なレースだと思っていたんです。ただ、週の半ばは天気予報があまりいいものではなかったので落胆していたところもあったのですが、うまく持ってくれましたし、武ちゃんがうまく持ち味を活かしてくれました。この馬に関する言葉はほんの少しだけだったのですが、それをすごく理解してくれていました。そして、何よりよく見ている。だから深く言わなくても馬のことをわかっているし、本当に頼りになります。おにぎり型のコース形態もいいかなとイメージしていたのでうまくハマってくれました。フルゲートにいかなかったとはいえ大外から思い切った乗り方をしてくれたのも良かったのでしょう。すべてが噛み合ってくれましたが、馬が良くないと応えることはできないですからよく頑張ってくれました。仕上げに関しても自信はありましたし、追い切りの動きもいいなと思えるものでしたからレースでもうまく行ってくれて良かったです。レース後の様子を見ているところですが、今のところは変わりなさそうです。ただし、トモが張りやすい馬でもあり、ちょっと苦しくなる可能性もあります。馬の状態次第では放牧に出して今後を考えるかもしれませんが、番組上いけるならば中1週になりますが新潟のマイル戦も考えたいと思いますので、そこへ向かえそうか、出られそうか、状態と状況次第で判断していきたいと思います」(加藤征師)
馬の具合と出馬状況次第で変更になり、場合によっては放牧になる可能性はありますが、5月4日の新潟競馬(谷川岳S・芝1600m)に出走を予定しています。


ピグマリオン・・・27日の福島競馬ではゲートをポンと出て、二番手集団の先頭に立ってレースを進める。3コーナー付近から追い上げを開始すると直線は鮮やかに抜け出し見事優勝。
「前走は直線で窮屈になってしまったことで敗れてしまいましたが、力は十分に感じることができたので自信を持ってレースに臨みました。流れが向いたとは思いますが、力を出し切れればこのクラスでは力が違ったということでしょう。ここまで短距離主体に使ってきたようですが、ここ2走の感じからして、このあたりの距離を使っていけば着実にこなしてくれるようになってきそうな感触があります。実際に前走より折り合いがついていましたしね。いずれにしてもこの馬に続けて乗せていただけただけにいい結果を残すことができて良かったです。ありがとうございました」(菱田騎手)
「まずは会員の皆さん、おめでとうございます。ずっと安定して走ってくれていましたが、ここに来るまで長かったなというのが正直な感想です。もどかしいレースの連続でしたが、ようやく力の違いを見せてくれましたね。レースでは飛ばしている前から離れた二番手集団の先頭という絶好位をジョッキーが取ったことも良かったですし、なおかつ後続もそこそこ脚を使わされる力勝負の展開になったこともいい方に作用したと思います。ジョッキーもこのレースで区切りの100勝を達成しましたし、何とも嬉しいことづくめです。ありがとうございました」(加藤征師)
勝利まであと一歩のレースが続いていましたが、力勝負の展開になったこと、前走を糧に自信を持ってピグマリオンをエスコートしたジョッキーの好騎乗、出走間隔を鑑みた上で調整にあたった厩舎の好仕上げ、そして馬の頑張りもあって嬉しい勝利を挙げることができました。小回りとはいえこの距離に対応できたことは今後に向けて明るい材料となることでしょう。このあとはトレセンに戻っての様子を見て判断していきます。


ジャイアントリープ・・・周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整
「この中間は坂路で普通キャンターをベースにして、今週からは終い15秒ぐらいのところも取り入れています。心身ともにいい雰囲気になってきましたね。しっかりリフレッシュさせてから進めていきたいと考えていましたので、今後は適宜負荷を高めていければと思います」(NFしがらき担当者)


ディアデルレイ・・・トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整
「じわじわと乗りこんできていますが大きな問題はありません。イライラしがちなところがあるし、この中間に胃の状態の確認をしましたが、そちらも目立った不安があるわけでもありません。もちろん必要に応じてケアも施していき、調整を進めていって態勢が整ってきた段階で具体的な話を厩舎としていくことになるでしょう」(天栄担当者)


スタートレイル・・・23日はゲート試験を受けましたが不合格でした。24日は軽めの調整
「先週の金曜日に練習がてら試験を受けてみたのですが、まだ自分から出る感じがなくて不合格になってしまいました。幸い駐立はいくら待たされても問題ないぐらいおとなしいので、この中間もしっかりと練習してきたのですが、残念ながら水曜日も不合格。何かのタイミングで急に馬っ気を出したりして、ちょっと気持ちが逸れるとまったくやる気がなくなってしまうような精神的に幼い面がありますね。そのあたりに気をつけて、しっかりとゲートを出せるように進めていきます」(佐藤助手)


アーデントは見事OPに返り咲きましたね
正直これまでのレース振りから芝の同条件では勝ち負けは厳しいかなと思っていましたが、見事それを跳ね返してくれました。
鞍上の豊の騎乗も見事でしたが、それプラスこの馬の成長も感じました。
プラス10キロで出走してきましたからね。さらに成長をしてくれている感じです。
あのペースで逃げてバテない脚色。最近の騎乗から豊は追い込みのイメージがあると思いますが、
元々は抜群に逃げ、先行が上手い騎手ですからね。ダンスインザダークのダービーの悔しさから追い込みが多くなりましたが、
サイレンススズカといい、最近ではトウケイヘイローといい逃げ馬の豊は天下一品です。
対抗できるのは、ノリくらいしかいないでしょうね。


ピグも見事勝ち上がってくれました。
ただ、この馬に関しては前走でそろそろ勝ち負けが近いなという印象を受けました。
そして、鞍上を蓑田騎手にした段階でそれは確信に近いものとなりました
前走も敗れましたが、あれは勝ちに行った結果ですからね。
今回も前を捉えにいく横綱相撲で完勝
積極的な手綱捌きで見事勝利へと導いてくれました。


ジャイアンはどこが目標なのかイマイチピンときませんね。
調教師がちゃんとしたプランをもっていなくて、行き当たりバッタリの感が拭えないのでそこが悲しいです


レイは何かあるのでしょうね。恐らく毛艶が悪く馬体重も増えてこないのだと思います。
具体的なことは書いていませんが。。。
そうじゃなきゃ胃の具合をわざわざ調べません。
あくまで想像の域なので次回の更新で判明すると思いますが、ちょっとネガティブに捉えてしまいます。


そして、スタートレイル。。。
ゲート試験失敗。兄のジャイアンはこのゲート試験に手こずり、2歳夏に入厩をしましたが、結局デビューが3歳までずれ込みました。
ジャイアンの場合は厩舎側のチョンボもあったと思うのですが、兄弟して苦手なのか。。。
ゲートは結構消耗をしてしまうので、早い段階でパスをしないと後々が大変ですね。
コメント

競走馬 近況

2014年04月18日 | キャロットクラブ
アーデント・・・16日は軽めの調整を行いました。17日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒5-54秒3-39秒6-13秒2)。
「今週が予定している競馬の週になりますが中山の日曜日のレースなので、追い切りは木曜日に行うことにしました。朝一番にウッドチップコースへ入って一頭でのびのびと走らせました。思惑通りゆったりといい動きを見せてくれましたし、文句ありません。休み明けになりますが悪くない状態で送り出せると思いますよ。ジョッキーは武ちゃんになりました。ここ最近は競馬っぷりも安定してきていますし、このコースでも良さを出してくれるはずです。距離も今となってはマイルくらいの流れのほうが競馬もしやすいでしょう。ただ、気になるのは天候ですね。雨予報なのは正直歓迎ではありませんからできるだけいい天気、良い馬場コンディションで走らせてあげたいです」(加藤征師)
20日の中山競馬(春興S・芝1600m)に武豊騎手で出走いたします。


ピグマリオン・・・16日は軽めの調整を行いました。
「先週は何とか1700mに対応はしてくれましたが、勝ち切れないだけに悔しいですね。結果論かもしれませんがやはりあそこまで主張したのならばもうちょっとだけ頭を突っ込んでいればコーナーを利用してハナに立てたかもしれませんし、そうしてもよかったのかなとは思います。また、4コーナーで内につく形になったのも1コーナーの攻防による部分もありますし、外を回せなかったのは外から捲ってきた馬たちがいたので外へ早めから張らずに内に専念する形になったのでしょうから、理解はできるものでした。距離に関してはこれ以上長いとさすがにタフで堪えそうな印象を受けるものだったのであまり考えにくいなと思いますが、もう1回同じ舞台を試してみたいという気持ちはあります。ただ、まだレース後の状態を見極めている段階なので、もう少ししっかり見たうえで短い間隔で次走へ向かえるか切り替えるかを判断していきたいと思います」(加藤征師)


ジャイアントリープ・・・周回コースで軽めの調整を行っています。
「馬体の方はだいぶ良くなってきましたね。精神面のリフレッシュを図っているところなので今はまだ軽めの調整ですが、少しお時間をいただいたことでだいぶいい感じでフレッシュな状態になってきましたよ。様子を見ながら徐々にピッチを上げていければと考えています」(NFしがらき担当者)


ディアデルレイ・・・トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「坂路にも入れ出し、周回コースと併用してじっくり乗りこんでいますから順調と言えば順調なのですが、担当している厩舎長から“動きがイマイチ”という報告も受けているので、もう少し様子を見てから検討していく形になるかなと思っています」(天栄担当者)


スタートレイル・・・16日はゲート練習中心の調教を行いました。
「この中間もゲート練習を中心に調整しています。寄り、駐立に関しては今のところ何も問題ありませんね。さすがにまだ自分からゲートを出ていくというレベルまでには来ていません。ただ、乗っている川島騎手は、一緒に出す馬がいればすぐ覚えてくれそうと言っていましたし、試験に合格できるところまではそう時間はかからなそうですよ」(荒川師)


アーデントは今週出走しますね。
心配される天気ですが、関東は今朝雨模様なので逆に日曜日は止むのかな。
馬場のコンディション次第ですね。
豊を確保できたので、できればこの馬にとってベストのコンディションで出走できればいいですね。


ピグはもう一回同じ条件で出走するでしょう。
今度こそはリベンジをして欲しいですね。


ジャイアンは現状維持です。
期待馬でもう一つ上のクラスでも活躍できると思っているので。。。


ディアデルレイは焦らなくていいです。
納得できるレベルで出走してくれればいい。
それだけです。


スタートレイルはゲートですね。
もうそろそろ試験を受けると思うのでここですね。
コメント

2歳馬 近況

2014年04月18日 | キャロットクラブ
パンデイア・・・現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。少し我の強い面を見せるようになってきましたが、この血統は気持ちの強さで走るところがありますので、徐々に競走馬としてのスイッチが入ってきたことを示唆しているのでしょう。今後はこの気持ちを上手くレースでの爆発力に繋げていくことがポイントになってくると思いますので、いい方向に導いていけるよう接していきます。


クルーガー・・・現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで1本、そのうち2日は2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。まだ全体的に緩さは残っていますが、だいぶ変わり身を見せてくれており、しっかりと成長が窺えます。カイバも食べてくれていますし、ペースを上げて調教するにつれて冬毛も抜けてツヤが出てきたように感じられます。



パンデイアは、気性面の課題ですね。兄のムーンライトトリックは先週復活の兆しを見せましたが、パリアークは厳しいですもんね。
そして、馬体重。もう少し増えてくると思ったんだけどな
流石に、この馬体重だと活躍は難しくなってくるのでここも課題ですね。


クルーガーは良くなってきています。
このまましっかりとペースアップをして欲しいですね。
コメント

1回 福島 2日 10R 花見山特別 ピグマリオン結果

2014年04月13日 | ピグマリオン
ピグの22戦目のレース。
この馬は、休み明けの方がいい走りをするので期待をしていました。
さて、その結果は。。。
4着でした。

馬体重は470キロと前走りと変わらず。
スタートは普通で、ダートスタートのことと、この距離でもあるのである程度前につけることができました。
道中はいい位置取りを進みそして最後の直線へ

手応えが良く、内を突こうとしますが、前がふさがり4着が精一杯。

レース後のコメント
13日の福島競馬ではいいスタートから1角で控えて3番手の内々を追走。まわりが動いていく中じっとして直線へ向かったが進路がなくなり切り返すこととなり4着まで。
「行けるなら行きたいなと考えていましたが、外の馬たちも主張してきて引く素振りがなさそうだったので引くことにしました。道中の感じは悪くなくこれならと思ったのですが、外に出しづらく内がいったん開いたので内を突こうとしたら閉められてしまいました。切り返した分遅れを取ってしまいましたし、うまくいかずに悔しいです。申し訳ありません」(菱田騎手)
「内目の枠でしたし、前々からの競馬でレースをすることとなりましたが、ちょっと歯がゆかったですね。ある程度前へ行っていましたが外のほうがより主張していましたし、そこで初めて引く形に。いくらか中途半端にはなったかなという気がしますね。あとちょっと突っ込んでいれば枠を利用してハナに立てていたでしょうし、譲るならばもう少しだけ早く引いて息を入れていた方が終いの伸びは良かったのかもしれません。小回りの1700mならば対応できなくはないのだろうけれど、今日も終いはちょっと甘くなっていますし、ベストとは思いにくいだけに悩みます。4コーナーの攻防についてですが、気持ちはわかります。一瞬ですが1頭半くらいのスペースが開きますからね。ただ、そこは思うツボで閉められてしまうところだから5枠の馬が下がったところに張って外というのが正解だったとは思いますが、それは結果論になるところもありますから仕方ありません。何とか次はよりいい結果を出せるようにしたいです」(加藤征師)
久々の中距離戦へ駒を進めましたが馬の状態はよくいい走りを期待してレースを見ることができました。理想の形に持ち込もうとしましたが他馬との兼ね合いでちょっと難しいところもあったでしょうか。最後に切り返す不利があったとはいえ終いも詰め切れなかったあたりはベストの条件とは言い難いのでしょうが、悪くない走りはしてくれていますので、何とか今日の経験を今後に活かしていければと思っています。この後に関しては馬の状態をよく見ながら検討していく考えです。


最後の攻防について意見を述べます。
私は、この騎乗には納得をしています。
内を突いたのは、勝ちにいったから。
あそこで外に持ち出したら勝ちはなかった。
結論からいうと、内をつけてもピンにはならなかったと思うし、外にすんなり出せていれば3着には残れたと思います。
でも、勝ちはなかった。
安全に乗るよりも勝ちにこだわる競馬をしてくれる方が私は納得できます。

鞍上の菱田騎手は勝ちに行く競馬を実践してくれました。
その姿勢が大事だし、特に若手はそれが大事です。
結果が伴わなくても納得ができます。
いい騎手ですね。
3年目で勝ち星も順調に伸ばしているし、注目をしていこうかなと思っています。


ピグの結果的には残念なものとなりましたが、次こそは期待
コメント

競走馬 近況

2014年04月13日 | キャロットクラブ
アーデント・・・9日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒8-51秒9-38秒5-13秒2)。
「順調に来れていますね。先週は程よく全体的に負荷をかけるようなメニューにしましたが、今週は併せる形を取り、ビッシリと動かしました。併走馬との手応えの差は多少あったかもしれませんが、1週前にしっかりやっておくことでまた上向いてくれるでしょうし、過程としては問題ありません。予定通り来週の競馬を考えていけると思いますが、番組の構成上致し方ないのでしょうが頭数が増えて除外の可能性があるのは否めないと思うんです。その時はその時で考えるしかありませんし、来週のことを考えてしっかり調整していきます」(加藤征師)
20日の中山競馬(春興S・芝1600m)に出走を予定しています。


ピグマリオン・・・9日は軽めの調整を行いました。10日は美浦南Wコースで追い切りました(67秒9-52秒4-38秒6-13秒3)。
「これまでは気性面を考えて短い距離を使ってきましたが、福島のダート1150mだとちょっと忙しいかなという気がしましたし、中山のダート1200mにしても芝スタートになり序盤でもたつくかもしれないと思えたため、今回は小回りコースのダートスタートという点を考慮してダート1700m戦にトライしてみることにしました。それで花見山特別に特別登録させていただきました。土曜日の一般戦と日曜日の特別戦と2つの選択肢があったのですが、特別戦を狙って日曜日のレースを目標に調整することにしました。輸送もありますし、調整過程を考えて追い切りは水曜日ではなく木曜日にしたんです。朝一番にウッドチップコースに入って2頭併せ。直線は内から伸ばすようにしたのですが、いい動きができていたと思いますよ。今週のひと追いで態勢は整ったかなと思いますし、予定通り投票させていただきました。今回は菱田ジョッキーにお願いしました。レースの仕方は改めてジョッキーとも話をしたいと思っていますが、前々で押し切る形がシンプルで結果も求めやすいかなと思っているところです」(加藤征師)
13日の福島競馬(花見山特別・ダ1700m)に菱田騎手で出走いたします。


ジャイアントリープ・・・周回コースや坂路で軽めの調整を行っています。
「先週末にショックウェーブ治療を行い、背腰の疲れはだいぶ抜けてきた印象です。マシン調整で長めに様子を見たので馬体もふっくら回復していますよ。このまま順調に調整していけそうですね。合わせて精神面もしっかりケアしていきます」(NFしがらき担当者)


ディアデルレイ・・・トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「今の調教メニューを課し出して少し経ちますが、大きなトラブルなく進めることができています。ただし、普段は危なっかしいくらいやんちゃなところがあるので、肉体的にも精神的にももっと良くなってほしいというのが本音でもあります。徐々に移動候補として考えていきたい馬ではありますが、芯から良くなるのはまだ先だと思いますし、今ここと焦って目標を決めることはしていませんし、様子を見ながら牧調教師とも話をしていければと思っているところです」(天栄担当者)


スタートレイル・・・10日はゲート練習中心の調教を行いました。
「水曜日、無事入厩しました。NFしがらきでも何度か見てきましたが、その時は気にならなかった馬っ気を今朝の調教でちょっと出していたので、環境に慣れるまでは慎重に進めていきたいですね。さっそくゲート練習を行っていますが、今のところは問題なく対応してくれていますよ」(荒川師)



アーデントは、いよいよ復帰ですね。
距離を縮めてマイルでの復帰となりそうですが、これはいいのではないでしょうかね。
距離を伸ばした時は話に残念ながらならなかったので、ここでしっかりと今後につながるレースをして欲しいですね


ピグは今週というか、今日出走します。
距離を伸ばしましたが、これがどうでるか
以前なら疑問に思いましたが、最近のレースを見ているとガツガツした面がなくなってきたので伸ばすのもいいのではないでしょうかね。


ジャイアンは調教師に不満があります。
どういった考えで接しているのかここがわかりません。
先日のレースもこの馬には距離が合わない選択でした。
番組がないのでしょうがないと思いますが、一つの手としては上のクラスで走らせるといったプランもあったと思います。
馬は高いレベルを経験するとワンランク上のステージへ上がる場合もあります。
それはゴルトブリッツで経験をしました。あの馬は当時1000万下ながらG1の東京大賞典に出走しましたからね。
でも、素質が高い馬はこの経験が後々まで活きます。
ジャイアンも阪神大賞典に挑戦してもよかった。
この調教師には、計画性がないのでがっかりです。


ディアデルレイは焦らずに行って欲しい。
スーブルソーでの経験を無駄にしないで欲しい。
まだまだ、先がある馬なので慎重に行って欲しいです。


スタートレイルはやっと入厩ですね。
ゲート試験。まずはここ。
これが合格したら晴れて競走馬です。
コメント

2歳馬 近況

2014年04月09日 | キャロットクラブ
パンデイア・・・現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調教を行っています。必要以上にテンションが上がることはありませんが、強めの負荷をかけていることで、少しカリカリした面を見せるようになってきたこともあり、様子を見ながら角馬場でのフラットワークを取り入れて馬とコンタクトを図る日を設けています。キャンターの動きは持ち前の柔らかさに加え、日々のトレーニングで力強さが増してきた印象を受けますし、着実にレベルアップしていることが感じられます。


クルーガー・・・この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。この中間から坂路コースでの調教を再開していますがリフレッシュ効果もあり、まずまずの動きを見せてくれていると言えるでしょう。カイバ喰いが細くなることもなく、また乗り進めやすい1頭なので今後もスムーズに成長と良化を促していけそうです。オーバーワークにだけは注意しながら進めていきたいと思います。



パンデイアは、気性的な難しさも出てきてしまった
この一族は間違いなく走ると思うのですが、気性的な難しさと体質難をもっています。
この馬は、募集当時の眼からみて気性難はないかもと思って出資を決めましたが。。。
やはりそう甘くはないようです。
特に牝馬の気性難はペルレンケッテの例もあり心配です。
バネは間違いなくあると思うので、気性難と体質面、そして馬体重がもう少し増えればクラシックに乗ってくれる馬だと思っています。


クルーガーはどうやらこの前の更新は本当にリフレッシュ休暇だったみたいですね。
一安心。
このままペースアップをして順調にいってくれればいいですね。
コメント