ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャパンカップ 予想

2008年11月30日 | 馬券予想
競馬のワールドカップ、ジャパンカップ。
外国馬の収得が難しいところ。
但し、ここ最近では世界では、オフシーズンに加えて香港Cに流れていく外国馬が多く一流どころの参戦はありません。
今年も?のメンツ。

まずは、データから
府中の2400MのG1であるから、実力馬でないと馬券には絡みません。
前走2桁からの巻き返しはほぼ皆無に等しい。
また、天皇賞(秋)と菊花賞組の活躍が目立ちます。

予想
◎ ①オウケンブルースリ
○ ⑮アサクサキングス
▲ ④ウオッカ
注)⑬マツリダゴッホ
△ ②メイショウサムソン
△ ③トウセンキャプテン
△ ⑧トーホウアラン

人気のウオッカとディープスカイは共にダービーを勝っていますが、本質はマイラーだと思っています。共に前走は消耗度が激しいレースをしたため、ウオッカは3番手評価、ディープスカイは馬券圏外まで評価を下げました。
本命はまだ底を見せていないオウケンブルースリ
対抗が人気が下がり、上昇度、適正がピカイチのアサクサキングス。
不気味な存在はマツリダゴッホですね。
これに、距離適性があるメンツで。
外国馬はスルーでいいでしょう。

結論
馬単で①頭の⑮④⑬②③⑧の6点を。
念のため裏の⑮-①と昨年のダービ馬券④-⑮を馬連、不気味な⑬-⑮も馬連で抑えて決まりかな
コメント

愛馬近況

2008年11月29日 | キャロットクラブ
ライドザウインド・・・27日に美浦坂路にて、追い切り。(19.2-13.7-12.6-計測不能)前脚の疲れもとれている。来週の動き次第では、12/7中山の2歳未勝利戦2000Mの出走も考えている。

フットライト・・・坂路18秒にて調整。右トモの状態は安定しているが、右前脚の皮下に腫れが見られる状態。北海道にいたときからあったものではあるが、慎重にみていかなくてはならない。

ドナシュラーク・・・調教師がまたがって坂路を駆け上がった模様。中間ゆるめた分馬体が20kgほど増えている。もう少し様子を見て14日の出走の有無を決める。


ライドザウインドは、来週にもまた出走がありそうです
時計を出していないのは、気になりますがシンボリクリスエス産駒は叩いての上積みがある傾向が見られます。
ここは、期待大です。

フットライトはう~んという感じですね。皮下の腫れって何
『聞いてないよ~』
山元トレセンの関係者の慎重にとのコメントからもあまりいい感じではありません。
馬は生き物ですから、そういったことは当たり前のようにあると思いますが、知っていて、公表をしていなかったのはちょっと頂けませんね
もし、事故後、実は・・・では不信感にもつながります。
もう少し配慮が欲しいですね。

ドナシュラークは、微妙ですね。まぁ羽月先生が自ら跨って様子を判断したので、ベストの決断を下してくれるでしょう。

コメント

マイルCS

2008年11月23日 | 馬券予想
マイルの王者を決める、マイルCS。
今年は、春の安田記念を制した、王者いや女王ウォッカが古馬王道の中距離路線に廻り、実績馬がいなく混戦状態。
馬券的には、おいしいかな。
今後こそ、当ててやる

データから
過去のローテーションをみると、スワンS組、富士S組の活躍が目立ちます。ただし、連対馬以外では難しいかな。
また、天皇賞(秋)からの組の連対も非常に多いです。
これは、掲示板以外からの巻き返しもあります。
やはり、距離の問題と相手の兼ね合いなのでしょう。
但し、実績馬ではないと(重賞勝ち)むずかしいかな。

予想は
◎ ⑬サイレントプライド
○ ④マイネルレーニア
▲ ⑰スーパーホーネット
△ ①ローレルゲレイロ
△ ⑦ブルーメンブラット
注)③スズカフェニックス

本命、対抗の⑬、④のサイレントプライド/マイネルレーニア共に最近調子がいいのにこの人気はおいしすぎます。
3番手評価には去年の2着番のスーパーホーネット。
そこに、直近の成績が良い組を絡めて、要注意なのが、距離的には、微妙だけど今回は怖いスズカフェニックスかな

結論
今回は3連単で高配当を狙います。
2頭軸で、⑬④は1着~3着まで手広く流して
相手を⑰①⑦③で。
⑰の印を厚めに買い
24点で勝負だ
コメント

愛馬近況

2008年11月22日 | キャロットクラブ
ライドザウインド・・・レース後、腰など後ろの方は変わりないが、両前の管にやや疲れが見られる。今週はレース後のケアにあて、変化を見ながら今後の予定を立てていく。

フットライト・・・ザ石の影響の蹄は落ち着いた模様。まずは、ハロン18のキャンターで調整。

ドナシュラーク・・・消炎剤をを使用して、だいぶましにはなったが、お尻のあたりが筋肉痛である。場合によっては、12月14日の出走の取り消しもある。


ライドザウインドは、脚の管に疲れがみれるそうなのですが、問題はないでしょう。場合によっては、年内にもう1戦する可能性もあります。徐々に力をつけていくことが考えられる馬なだけに非常に楽しみです

フットライトはようやくまた、スタートラインにたてました。順調でもトレセンで年内調整で、来年頭に入厩。ゲート試験後、3週間ほど調整してからレースとなりますから、来年の2月~3月デビューでしょうか。
この世代の目玉との期待を背負っている馬なので、残念ではありますが今度こそ、今度こそ順調にいって欲しいものです。

ドナシュラークは疲れがまだ、取れていないようですね。個人的には、ここは無理をして欲しくありません。仮に出走できても追い切り本数が足りていないため、万全ではないと思いますし、なにより来年に影響してしまったらもったいないですもんね。ここは、慎重に判断をして欲しいものです。
コメント

ライドザウインド レース後コメント

2008年11月18日 | ライドザウインド
11/16 新馬戦でのコメントをご紹介致します。

大久保 洋師【体の使い方がやや硬いところのある馬なのでジワーっといい脚を使うだろうというのはわかっていた。スタートだけ気をつけて、行けるなら行けと指示を出した。勢いがついたときにもっと大胆に逃げていれば違っただろう。平均ペースに持ち込めば更に前進が可能なはずだし、メドの立つ内容だった。まずは脚元などしっかり見てあげてから今後の予定を決めていきます】

吉田 豊騎手【ゲートは元々速いタイプではないので出すタイミングだけは気をつけていた。ペースも遅かったし、馬の気に任せてスイスイ行ってもよかったかもしれないが、行き過ぎてバタバタになると今後の負担が強くなってしまう。新馬戦としては評価できる走りでした。あとはキャリアを積んでいきながら追ってからの反応などが課題】


師、乗り役共になかなかの評価を頂いています
晩成血統だし、馬体も全然幼い感じだったのでこれからでしょう。
ただ、やはり瞬発力が課題のようです。
現地で観戦して改めて気づいたのですが、SS系の瞬発力は凄いですね。
先着をした前2頭の父は、ネオユニヴァースとステイゴールドでともにSS系だったのですが、2着のラークキャロルはゴール前の脚色は違っていたのですが、その他はほぼ同じでした。
ヨーイドンの展開で瞬発力に長けた馬が上位を占めました。
SSの偉大さを実感しましたよ
コメント

ライドザウインド 新馬戦 結果

2008年11月16日 | ライドザウインド
はぁーい 調子はどう?良い。グゥ
レッツラゴー
府中本町からウォーキングゥ
愛馬を拝見パドッグゥ
なかなか華奢なルッキングゥ
メンコをしててもエキサイティングゥ
ファンファーレ鳴りスタートはグゥ
4角で先頭展開もグゥ
「グーググーググー、グーググーググー、グーググーググーグー、コォー」

3着でした

まぁ、これからの血統ですし、今後に期待は持てましたね。
ただ、瞬発力がまだまだ足りませんね。
追ってから伸びがいまいちでした。
この辺りが課題ですかね。
あと、神経質なのかメンコをしていましたが、それでも多少パドックで入れ込んでいました
馬体も446の発表でしたが、まだ華奢に感じましたしこれからでしょう

現地で初めて愛馬を観戦したのですが、興奮しますね。
また機会があれば是非何度でも行きたいです



次につながる内容だったよ
お疲れ

コメント

第5回 東京4日 6R サラ系2歳新馬戦

2008年11月16日 | ライドザウインド
本日、いよいよライドザウインドがデビューを致します。
この馬は、キャロットクラブへの入会を決めた馬なのでデビューは本当にうれしいです。
また、晩成血統なので2歳デビューには驚いています。
ただ、現在(7時20分)神奈川県は小降りではありますが雨
馬場コンディションも恐らく稍重になるのではないでしょうか。
一生に一度のメイクデビュー
できれば、良で走って欲しかった
今日は、都合がついたので、初愛馬を観戦する予定です。

ライバルと思える馬から
新馬戦は、よく「後のダービー馬と未勝利馬が一緒に走るのだから一番当てやすいレースだ」とは言われますが、全くわかりません。
血統と調教タイムでしか判断材料がなくそういう意味では今回は王道の東京開催の2000mの割には、評判馬がいません(笑)
その中で血統的には、SS系とTBの組み合わせで追い切り時計が5Fで63秒台だったという
④ラークキャロル
調教タイムがまずまずの
⑦ミヤビハナヒラク
⑩ドリームジュピター
でしょうか。

我らがライドザウインドは現在4.4倍の2番人気に推されています
追い切りの本数が少ないのは個人的には気になるところですが、がんばってほしいものです
コメント   トラックバック (1)

エリザベス女王杯

2008年11月15日 | 馬券予想
今週より、G1、7連戦ですね。
まずは、真の女王を決めるエリザベス女王杯。

今年は、牝馬の枠を超えて現役最強馬を争っているウォッカ、ダイワスカーレットの2頭は古馬王道の中距離路線へ
その分メンバー的には若干小粒ですね。
ただ、層の厚い牝馬組。
まだまだ、有力馬はいます。

まずは、データから
3歳馬と古馬では、若干古馬が有利。
また、共に過去の実績馬が上位を占めています。
前走は、秋華賞、牝馬府中S、天皇賞(秋)からのローテーションが上位を占めています。但し、掲示板を外しているようなら巻き返しは難しい。

予想
◎ ⑬ベッラレイア
○ ⑪ムードインティゴ
▲ ⑧エフティマイア
注)⑤ポルトフィーノ
△ ①レインダンス
△ ⑮カワカミプリンス

カワカミプリンスが人気を集めていますが、昨年3強の一角といわれていたベッラレイアの調子も戻っています。実績ではウォッカ、ダイワスカーレットに随分先にいかれてしまいましたが、強烈な末脚は健在。
ここは、やってくれるはずです。
また、3歳馬ではムードインティゴが実力上位とみています。
秋華賞2着はフロックではないでしょう。
鞍上に蛯正が戻り、万全の体制のエフティマイアが3番手です。
怖いのは、底をまだみせていないポルトフィーノ。
良血なだけに一気に戴冠の可能性も考えられます。

結論
馬単で⑬頭の⑪⑧⑤①⑮
抑えの馬連で⑧-⑪と⑤-⑬
で決まりかな
コメント

愛馬近況

2008年11月14日 | キャロットクラブ
ライドザウインド・・・美浦坂路追い切り(57.3-37.4-24.0-11.8)この追い切り時計の内容で16日、東京競馬場、2000mでのデビューが決まる。鞍上は吉田 豊騎手。

フットライト・・・軽いダグで調整。だいぶ歩様は落ち着いてきている。近々削蹄をする予定で、その時蹄の状態をみて今後のスケジュールを立てる。

ドナシュラーク・・・前走後の疲れが抜けなくてまだ、コトコト?した状態とのこと。今は軽い調整にとどめている。但し、体調も元気そのものだし、獣医の判断では心臓も全く問題ないとのこと。まだ、体ができていないのではないか。12月4日中京2歳S(1800m)に北村 友騎手で出走予定。


ライドザウインドはついにデビューです。実際、追い切りを初めまして時計をまだ3週間ほどしか出していないことと、追い切り時計の内容(57秒って・・・)師のコメントの「今後につながる内容」(え~、期待できないの?)などは気になるとこですが、よくぞここまできてくれました
出走予定頭数もこの時期にしては珍しく、10頭と少数ですし、これといって前評判馬はいないので良い選択でしょう。府中デビューということなので、当日できれば応援に駆け付けたいです

フットライトはまぁしょうがないですね。頓挫はしていますが、2歳出資馬の中では一番の期待馬です。今度こそ順調にいってほしいですね

ドナシュラークはやはり、まだ馬体が完成されていないようです。休養でもいいと思っていますが、羽月先生が間近でみて判断をされたんでしょう。ただ、まだこれからの馬。無理はしないで欲しいですね。

16日、京都5Rの新馬戦出走予定馬は凄いですね。POGで評判の高いレースの仔、アドマイヤシャトル、ネオユニヴァースの半弟、ワールドプレミア、キャロットクラブの期待馬、トゥリオンフィオーレ。
POG人気=走る馬ではないですけど、前評判では重賞レベルですね
なんか、新馬戦でぶつかるのはもったいない気がします。
コメント

愛馬近況

2008年11月08日 | キャロットクラブ
ライドザウインド・・・美浦坂路での追い切り(55.0-37.2-24.3-12.4)好位から徐々に脚を伸ばす競馬があっていそうなので、府中の2000mがいいのではないか。候補としては、16,30日の東京競馬(新馬2000m)か23日の東京(1800m)京都競馬(1800m)を予定している。

フットライト・・・山元TCにてウォーキングマシンで調整。まだ右トモを気にしているとのこと。

ドナシュラーク・・・長距離輸送の往復で馬体が寂しく映る。厩舎ないでまずは回復に努める。次走は検討中だが、中京2歳Sを視野に入れている。



ライドザウインドは順調そのもの。追い切り時計もまずまずの時計。期待ができます。シンボリクリスエス×トニービンの血統構成から府中のコースが合っているのは明白です
23日以外でできたらデビューをして欲しいですね。その日は友人の結婚式なもので。一生に一度の愛馬のメイクデビュー。都合がつけば現地で観戦したいものです。Yes、we can

フットライトは、順調にいってもデビューは来年になりそうただ、血統的にも馬体的にも走ってくれる馬ですから、今度こそは慎重に、そして、順調に調整をおこなって欲しいです。Yes、we can

ドナシュラークはできたら今年は休養をして欲しいですね。出走してくれるのは、嬉しいのですが、7月後半にデビューをして、もう4戦を消化。
馬体重の変動が示しているように、まだ完成をしていなく、今後の成長が見込める馬です。激しい調教、レースをこの時期に重ねますと成長を弊害する恐れがありますから、余り無理はして欲しくありません。希望としては、年内休養で2月のきさらぎ賞から始動をして欲しいのですが。
まぁ、若手で有望といわれている羽月先生の判断が一番正しいと思いますが。コメントからして、誠実さを拝見できますし。
来年、クラシックの時期が楽しみです。Yes、we can
コメント