ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競走馬 近況 【キャロット】

2016年09月17日 | キャロットクラブ
ピグマリオン・・・トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「今週も先週に続いてジックリと乗るようにしていますが、今朝は坂路に入って15-15以上のところも取り入れています。今のところ膝を含めた脚元の様子は変わりありませんが、油断はしないでこのあとも慎重に乗り込んでいきたいと思います」(天栄担当者)


ディアデルレイ・・・14日は軽めの調整を行いました。
「夏の間は関東圏の準オープンの番組が充実していないということもありましたし、気候的にも無理をせず天栄でじっくりと乗り込んでもらっていました。大きな問題もなく調整が進められていましたから、秋の目標をどこに置くべきか色々と考えていたんです。やはり一番いい条件は東京のマイルだと思うのですが、このクラスとなると必ず一発で入るという保証もありません。そこを軸にしたうえで別の番組を考えるのならばどうするかべきか…。中山の1800mにするのか東京の1400mにするのか難しいところだったのですが、色々と考えた結果、前者のほうを選択肢に入れさせていただきました。もちろん必ず使えるとは言えませんし、今後の状況によって話は変わります。まずは様子を見つつどこかで時計を出して、秋初戦へ向かっていきます」(牧師)
10月2日の中山競馬(内房S・ダ1800m)に出走を予定しています。


クルーガー・・・トレッドミルとウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。
「ここ最近の経過が良好だったため、当初の予定を早めてトレッドミルでの運動メニューを再開しています。現在はダクを5分の内容で進めています。しばらくは軽めに留めて体を慣らしながら動かしていきたいですね」(空港担当者)


クラシックリディア・・・周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間から坂路では普通キャンターペースで動かしており、引き続きトレッドミルも併用して調整を行っています。様子を見ながら少しずつ負荷を強めている段階ですが、しっかりと運動量を確保することで体が大きく緩むこともありません。体調面の問題もなく、今のところは順調に進めることができています」(NFしがらき担当者)



ピグは15-15で乗り込んでいるから、そろそろ帰厩するのかな。


レイは、ホントいい加減にしろよ
流石にこれは怒るレベルだぞ
本当にバカか、この調教師は
1400mだと忙しすぎるからとの理由でレースに使わずに放牧にだしたのはお前だぞ
普通に考えてレース選択は10/2内房S除外なら翌週の京都1800mダートの平城京S。
このレースに勝てば短期放牧を挟んで、武蔵野SかみやこS。
負けたならば10/22府中の秋嶺Sか10/30の京都、御陵Sだろ。
どうせ冬場は寒いからなんとかといってレースに使わないだろうし、ここは2戦で考えるべきだと思う。
もう流石に擁護できないレベルです。
ここでチョンボをすると転厩以外に考えられない。


クルーガーは少し前進をしましたね。


リディアは変わりなしかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 15年産 出資馬 決定 | トップ | 競走馬 近況 【シルク】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キャロットクラブ」カテゴリの最新記事