ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競走馬 近況 【キャロット】

2016年10月21日 | キャロットクラブ
ピグマリオン・・・トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続き心身のバランスに注意を払いながら調整を続けています。今のところまずまずの状態ではありますが、競馬まで向かうには少なくとも今月いっぱいからひと月くらいは乗り込んでからかなという気もしますので、今後の状態次第で改めて厩舎と相談していければと思っています」(天栄担当者)


ディアデルレイ・・・19日は美浦南Pコースで追い切りました(72秒3-55秒8-40秒8-12秒3)。20日は軽めの調整を行いました。
「ここまで順調に来ましたね。中山を最初の目標にし、除外になれば東京のいいと思える番組を狙っていこうと考えて入厩させていただきましたから、大きなトラブルがない中で来たのは何よりでした。正直、中山だとちょっと足りなかったかもしれないと思える動きでしたから、中山を除外になってからここまで時間をかけられたのもプラスであったと思うんです。中間はビッシリとやり込んできましたので、今週は競馬の日にお釣りを残せるようにと考えていただけでなく、左回りでもありますし、負荷のかかりすぎないポリトラックで終い重点で動かしました。前走時のレベルまでにはいくらか足りないかなという気はするものの、まずまずのところでまとめられたかなと思います。そして、鞍上は色々と調整した結果、今回も戸崎ジョッキーで行けることになりましたから、良い競馬を期待したいと思っています」(牧師)
22日の東京競馬(秋嶺S・ダ1600m)に戸崎騎手で出走いたします。


クルーガー・・・トレッドミルとウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。
「この中間も同様のメニューでじっくり負荷をかけるようにしています。歩様等に問題はありませんので、何とかこのまま良化につなげていければと思いますし、次の定期検査で変化を見せてくれることに期待したいです。馬体重は574キロです」(空港担当者)


クラシックリディア・・・19日は栗東坂路で追い切りました(55秒5-41秒3-26秒9-13秒3)。
「今朝は帰厩後実質1本目の追い切りになりますし、ジワッと終いを伸ばす程度です。普通キャンターでちょっとモタれが気になったのでハミを替えたところ、変に気負うようなところもなく、スムーズに走れていましたよ。環境に慣れるまで少しカイバ食いは安定しませんでしたが、今はしっかりと食べてくれていますし、特に気になるところはありません。調教師からは、福島の開幕週を目指そうと聞いています」(上田助手)
11月5日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1200m)を目標にしています。


コーブルク・・・周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。
「騎乗運動再開後は脚元の状態も安定していますし、いい形で進めることができています。引き続き、じっくり負荷をかけて良化を促しながら、先々の移動につなげていきたいですね」(空港担当者)



ピグは珍しくスローペースで進めています。
ただ、もう明け8歳ですからね。
素晴らしい孝行馬です。


レイは今週出走。
騎手は戸崎騎手を確保してくれました。
今回が試金石のレース。
この馬ももう明け6歳になります。
晩成、晩成と言われていたとは言えもう結果が欲しいところ。
ここは一発で決めた欲しいですね。
来年大きい所にでれなければ厳しいと思っています。


クルーガーは思ったよりも良化が遅いみたいですね。
焦らなくとはいいとは言え、予定はたって欲しいかな。


リディアは帰厩し、レース目標がでました。
次はしっかりと進歩した姿を見せて欲しい。


コーブルクはそろそろ移動してもいい頃だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« シルク 2016年度申し込み ... | トップ | 競走馬 近況【シルク】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キャロットクラブ」カテゴリの最新記事