ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1回 東京 3日 11R 白嶺ステークス スーブルソー 結果

2012年02月05日 | スーブルソー
スーブルソーの昇級戦3戦目、崖っぷちの戦いは3着という結果でした。
昇級2戦は消化不良のレースが続き、不本意であったため勝てなかったことは悔しいですが、
内容は満足をしています

さて、レース回顧ですが
馬体重は前走よりマイナス2キロの512キロ。
相変わらず馬体は素晴らしいこのメンバーでダントツだと思います。
周回も外々を廻っているにもかかわらず、前の馬を追いこさんとする勢い
気合もノリ抜群によく見えます


返し馬は前回の方が迫力があったかな

さて、スタートですがこれは普通でもダッシュがつかない・・・
でも鞍上の丸山騎手が懸命に押し、何とか好位をキープ
出資当時は芝馬だと思っていたけど、これでは芝はもう無理かな

道中を先頭からやや離れた4番手で進み最後の直線に入ります。
ただ、前の馬の手応えがよくなかなか差が詰められない中
最後はそれでも踏ん張って伸び、混戦の3着争いを制します

ラップタイムは【12.6-11.4-11.8-12.5-12.6-12.5-12.0-12.9/1.00.9/1.38.3】
前半の半マイルが35.8秒で後半は37.4秒だから、ややハイペースかな
最後のラップが13秒近くかかっているので我慢比べのレースだったことがわかります。

以下レース後のコメント
4日の東京競馬では二の脚の差はあったが、押しながら中団を追走。
直線はジリジリと伸びてくるも3着まで
「勝つ気でいたので勝てなくて悔しい。
芝スタートだったこともあって前にはつけられませんでしたが、
気合いをつけていったことでここ数戦よりは悪くない位置で運べたと思う。
道中はハミを少しだけ噛みましたが、感触は悪くなかった。手前の交換もスムーズだし、
直線へ向くときも良かったと思う。スムーズに伸ばしたかったので出来れば外に出したかったが、
一瞬の脚がなくてジリジリと脚を使うタイプであることを考えるとあの形のほうがいいと判断した。
来てるんですけれどね。距離はこのくらいから1800mがよりいいし、東京か中山なら中山のほうがより良い。
以前よりも良くなっていたし、もし機会をいただけるなら是非またお願いします」(丸山騎手)

「勝てなかったのは残念だが、内心はちょっとホッとしている。
ここ数戦は思うような走りをさせてあげられませんでしたからね。状態は前走後にゴツゴツしていて心配したが、
下見所の歩きを見て安心していた。レースでの課題になっていたスタートは芝の分だけで、
丸山がしっかりと出していってくれたのでまずまずの形で競馬ができたね。
流れに乗れればこれくらいはやれる馬。ダートスタートならよりいい競馬ができるかもですが、
この条件でもこのクラスでこれだけやれることをわかれたのは今後にとって大きい。
鼻出血のこと、体の疲れのこと、精神的なことをよく見てから今後を考える」(牧師)

ここ数戦は力を出し切れない競馬が続いて悔しい思いをしたが、今回はジョッキーも馬の癖を意識しレースをしてくれたし、
まずまずの競馬ができたのではないでしょうか。
今回の走りを見て改めてこのクラスでも渡り合えることがわかったし、さらに上位を狙っていきたいと思う。
このあとについては硬くなりがちな肉体面の疲労具合や内蔵面の負担も考慮して放牧に出すか否かを判断していくつもり。


元気グッジョブ前走はスタートから消化不良のレースでしたが、今回は満足しました。
この走りなら競馬場にいってよかった丸山騎手がこの馬の癖をよく理解してくれて
いいエスコートをしてくれました。最後の直線の進路にしてもいうことないですね
個人的には結果を残してくれた騎手なので引き続き手綱を握って欲しいですね。

メンバー的や時計からいって確かに今回は恵まれた感はあります。
ただ、今回スーブルソーを一番評価したのは最後の最後で3着に喰い込んだ走りにあります。
サラブレッドはいうほど能力の差はありません。今回のレースも1600m走って勝ち馬との差はわずか0.3秒。
人間でいうと100m走並みの差です。だから馬の勝負根性というか負けん気、最後の最後はここが大切です。
最後スーブルソーが入っていったコースは馬と馬との間、わずか1頭分のスペースです。
時速60キロ近くの中、そのスペースにいくのは勇気がいります。でも、そこをつけないと勝負にならない。
今回スーブルソーはそのスペースに突っ込んでくれました。これは今後に向けて収穫です。

相手、展開次第でこのクラスでも十分勝負になることが改めてわかりました。
個人的には叩き2戦目で前進があったことと、夏場は肺出血の影響でレースに使えないので、
問題がなければこのまま続戦して、間隔を1ヶ月ほどとってベストの条件、中山ダ1800mの上総特別
を目標に調整して欲しいとは思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1回 東京 3日 11R 白嶺ス... | トップ | 休養・外厩馬 近況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スーブルソー」カテゴリの最新記事