ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

外厩・休養馬 近況

2012年08月21日 | キャロットクラブ
ゴルトブリッツ・・・周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整
「まだトモの状態は万全ではないが、一時の疲れはだいぶ抜けて良化傾向にある。引き続き周回コースを長めに乗って調整してくが、ここで無理をさせても仕方ないし、馬の状態を一番に考えてじっくりと進めていく」(NFしがらき担当者)

スーブルソー・・・ウォーキングマシン調整
「体の回復をメインに取り組んでいるところだが、今朝馬房から出したところ右トモの歩様が芳しくありませんでした。調教をつけているわけではないし、昨日の様子は問題なかったのでおそらく馬房内でぶつけたかなにかよるものだと思われるのが、半腱半膜様筋がちょっと痛いようなので、マシンだけにとどめて変化を見極めながら回復を待つようにしていく」(天栄担当者)

マージービート・・・ウォーキングマシンでの運動
「芝の長いところでコンスタントに使ってきた馬だし、直ぐの競馬が目標ではないようなので、今週もまだ軽めの内容でリフレッシュを促している。引き続きこの時期にしっかりと充電するイメージで取り組んでいく」(空港担当者)

ピグマリオン・・・周回コースでハロン17~18秒のキャンター調整
「先週北海道からこちらへ移動してきた。まだ到着間もないし、乗っていても普通キャンター程度のペースでじっくり動かしているところ。放牧に出る前といい意味で変わらないように感じるが、気持ち、体の部分をよく見ながら徐々に速いところを織り交ぜていきたいと思っている」(天栄担当者)

プラチナスレッド・・・坂路でハロン17秒程度のキャンター調整
「この中間もじっくりと乗り込んでいる。やはりダクの段階などではかなり硬さが目立つが、キャンターに行けばだいぶいいフットワークも見られるようになってきた。徐々にですがペースも上げて行って、態勢を整えていきたいと思う」(NFしがらき担当者)



ゴルトブリッツは、若干回復傾向にあるようです。
今度こそ、今度こそここから後退のないように慎重に進めて欲しいですね。
この馬にとって、狙いはJCDだと思いますし、適正もそこが一番あると思っています。
だから、最悪JBCはでれなくてもいいと思っているし、馬本位で進めて欲しいです。

スーブルソーは、踏んだり蹴ったりです
この馬は、本当に頓挫が多いですね。
今回の件は、大事がなければいいですけどね。
それならば、逆にいい休養となってくれるとは思います。

一方のマージーは、毎度思うことですが、丈夫な馬です。
コメントにあるように、芝の長距離は消耗度が激しいので、そこだけですね。
でも、状態面は問題がなさそう。
目標は、福島だと思うからそう考えるとまだ1ヶ月以上先だから全然あせる必要はないですね。

ピグマリオンは、順調にきています。
まだまだ残暑が厳しく、暑さに弱い馬だからその点は心配だけど、この馬の場合はもうそろそろ戻す気だと思うから天栄までもってきたと思います。
今週でスーパー未勝利を除く3歳未勝利は終わり、そこでスーパー未勝利にでれない馬と入れ替えをするのではないかな
だから、来週中に美浦にいれると思います。
そうなると、府中開催で使う筈です。

プラチナスレッドは。。。
経験から、この時期に未勝利は消耗度が少ない方が有利なのでその点はいいと思いますが、なにぶんこの馬は。
はっきり言ってかなり厳しいですね。
陣営も一度使った段階で、本来ならばスーパー未勝利前に一度使いたかったのが本音だと思いますが。
別に1、2ヶ月ひっぱった所で1/400なのでカイバ代などはたかが知れていますが、勝つ見込みが非常に低くて、
満足な状態で使えるのかもわからない状態で引っ張っているのが納得ができません。
本当にこういう馬がいるから、クラブには部分部分での出資解除を認めて欲しいですね。
ファンド法的にも問題ない筈だし、そうなるともっと出資者ベースでクラブも考えてくれると思うのですが。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 入厩馬 近況 | トップ | 入厩馬 近況 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがりの者)
2012-08-24 13:13:45
ゴルトブリッツ安楽死だそうです。
ソースはクラブのホームページです。
Re: (タツ)
2012-08-25 01:01:21
こんにちは。

安楽死、私も夕方に知りました。
非常に残念です。
言葉が今はそれしか見つかりません。

ゴルトは1度府中で観戦しただけでしたが、やはり情が湧くものなのですね。

お手すきの時にまた覗きにきて下さいね。

コメントを投稿

キャロットクラブ」カテゴリの最新記事