ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競走馬 近況【キャロット】

2016年09月10日 | キャロットクラブ
ピグマリオン・・・トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週あたまくらいまでは膝の治療に専念するために乗っていなかったのですが、その後の経過を見ていて悪くなかったので少しずつ乗り出していました。その結果、歩様を見ていても問題ないと思えましたので、今朝には坂路に入れてみています。まだ様子見段階ではあるのですが、問題なさそうであれば徐々に負荷をかけていきます。馬体重は472キロです」(天栄担当者)


ディアデルレイ・・・トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じっくりと乗り込んできています。前走のイメージから東京開催という話もあるかもしれませんが、最短で中山戦も視野に入れていってもいいでしょうし、そう遠からず移動となってもスムーズに対応できるようしっかりと調整を行っていきます。馬体重は528キロです」(天栄担当者)


クルーガー・・・ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「見学ツアーの後も順調に日々の運動をこなすことができていますが、次のステップへ向かうにはまだしばらく時間は必要になりそうです。まだ4歳馬ですし、この期間にいい形で成長を促していければと思います」(空港担当者)


クラシックリディア・・・周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間も軽いペースでの騎乗調教とトレッドミルを併用してじっくり動かしています。負荷は軽いものの、運動量はしっかり確保するように心がけていますし、変に緩んだところはなくまずは順調に進められていますよ。この後も状態を見ながらペースを上げて行ければと思います」(NFしがらき担当者)



ピグは経過はいいようですね。
この年齢で上のクラスにいくので、厳しい戦いが待っています。
まずは、しっかりと休養ですね。


レイはどこのレースを使う気なのかな?
この調教師は本当にレースの選択が下手ですね。
一度ヘマをして、レースに使わずに放牧をしているのでそこをしっかりと考えてレース選択をして欲しいですね。
二度目は流石にないですからね。


クルーガーはまだまだ時間がかかるようです。


リディアは成長あるのみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 15年産 出資申し込み馬 確... | トップ | 競走馬 近況【シルク】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キャロットクラブ」カテゴリの最新記事