ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

15年産 出資申し込み馬 確定【キャロット】

2016年09月07日 | 出資馬検討
今年は優先的に予算を注ぎ込んだキャロットの募集馬。

バツイチ最優先はヒルダズパッションの15を複数口いきました。
最後まで悩んだウルトラブレンドの15との比較。
ウルトラはバツイチだと確実にとれそうだったし、マイル路線なので悩んだけど、
やはりダービーに出走したい
その気持ちが勝ちました。
私は牡馬は8000万まで牝馬は5000万までと決めていました。

ただ、ヒルダズパッションの15はその枠を取り払っても出資したい
セレクトセールや本家で募集されても12000万以上はするだろうと思える馬です。
けど、抜群にいい馬だから競争率も激しいですね。
ひょっとするとバツイチでは死に票になってしまったかも。。。
でも、去年の最優先はバツ狙いで申し込みをおこなったので今年は一番欲しい馬を純粋に指名をしました。

母優先ではペルレンケッテの15の出来がいいと思ったのでこちらを複数口で申し込み。
カドリーユの15は一口申し込みをしました。

ペルレンはいい仔を産んだと思います。
サイズが小さいけど、いい筋肉をしていますしね。
また、ペルレンケッテは出資者は知っているけど重賞を狙えた馬だと思っています。
それが体質の弱さと気性難で準OPで終わってしまった。
これが原点回帰のドイツの強いインブリードを狙った配合。
非常に興味がもてる馬です。

カドリーユは兄貴が脚元で苦しんでいるんでそこが心配ですね。
サイズは現在小さいけど、兄貴は大きく成長しているし普通サイズまで成長すると思っています。

そして一般はヴェルデライトの15を申込みました。
これは案外無抽選になると思っています。

ヘニーヒューズは潰しが効きそうだし、今後この価格帯で募集されることがないと思っています。
だから今年、来年は配合さえあえば積極的に狙っていきたい種牡馬です。

あまり評判になっていませんが、遅生まれで今後成長してきそうだしいい馬だと私は思っています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 16年産 出資馬検討② | トップ | 競走馬 近況【キャロット】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

出資馬検討」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事