ギャロップ3ハロン

一口馬主【キャロットクラブ】、馬券予想などをつづっていきたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

16年産 出資予定馬 ①

2016年09月03日 | 出資馬検討
今年はバツイチがあるので少しは有利に働きそうなキャロットクラブの募集馬。

シルクは直前募集馬がノド鳴りの兆候があり、それを隠して募集したので今年は申し込みを考えています。
キャロットに予算を廻そうかなと思っています。
数は取れないと思うから、複数口の申し込みを考えています。
候補は

【最優先】

①ウルトラブレンドの15

価格は想像よりも少し高く、1億円。ただ、馬はやはりいいですね
セレクトで一つ上のサーヒューストンがダメジャー産駒で7000万強だから価格もある意味適正ですし、
NFの価格付けは信用がありますからね。
この馬の母は近親に活躍馬がいなく、所謂突然変異の馬です。
だからそういった血統というのは非常に活力があり、成功する可能性が高いです。
サンデーも母のウィッシングウェルが重賞を2勝していますが、その母系を遡ると競走馬として1勝も挙げていないですからね。
そこも魅力的です。
また、全姉のベアインマインドが既に2勝していますから、日本の適正もありそうですね。
これは確か以前照哉氏が言っていましたが、アメリカからの輸入した馬はラシックスの影響があるらしいです。
だから初仔はその影響を受ける可能性が非常に高い。
それが抜けてくる3番目位の仔が爆発する確率が非常に高いです。
キャロットだとルージュバックがそうですしね。
この馬は3番目の仔に該当するし、馬もおそらくマイル路線を歩むからそこもいいと思います。
歩様も柔らかくて、いかにもディープ産駒だし非常に魅力的です。
厩舎もこの馬にマッチしていると思うし、関東だからあまり人気にならないと思うし、
バツイチもちだと確実に取れそうです。
非常に魅了的です。今のところはこれが1番手ですね。


②ラドラーダの15

ラドラーダ産駒の中で一番の出来ではないでしょうかね。
距離が短くでそうです。
でも、ディープ産駒にそのフィールドで勝てるのかな?
そこですね。


③コスモチェーロの15

産駒が全て走っていて所謂クズがでない血統。
そこにディープが配合されました。
グレードが一気に上がり、母の代表産駒になる可能性が高いです。
厩舎も数を使う矢作厩舎。母の産駒の特性上から健康優良児が多いため、この厩舎にマッチもしそうです。
DVDの歩様はそれほど目立つものはありませんが、そこは3月生まれの馬。
ここから一気に成長をする可能性が十二分にあります。
値段から考慮をして、一番確実性がありそうです。
爆発力はないかもしれませんが、大怪我はしなさそう。
それでも募集価格は8000万円。
次の馬と比べると。。。。


④ヒルダズパッションの15

誰が見てもいい馬。
オーラがあり、歩様も柔らかく、尚且つ力強さもあり抜群にいい。
トゥザワールドの募集時に受けた印象と非常に似ています。
この馬も母が米産駒で3番目の仔。
代表産駒になる可能性が非常に高いです。
一口馬主になった時の夢はG1馬を持つこととダービーに出走すること。
前者はゴルトブリッツが叶えてくれましたが、未だにダービー出走はないです。
それを叶えてくれそうな馬。
ライバルは同期のディープ産駒になり、強敵だと思いますがそれでもひょっとするとひょっとする馬。
一口馬主を初めて9年目ですかね。
ここでその夢を叶えるため出資するのもありかと思える逸材に出会えました。
問題はバツイチでも抽選になりそうな点ですかね。


⑤トゥザヴィクトリーの15

流石は偉大なる母。
そんな感じですね。
募集時は流石に母は高齢だしもう無理かなとおもっていましたが、
素晴らしい産駒の誕生です。
偉大なる兄達よりも短い距離にでそうなところもいいですね。


以上の5頭から最優先は選ぶつもりです。
ツアーの評判をみてじっくりと決めようと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 競走馬 近況【シルク】 | トップ | 16年産 出資馬検討② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

出資馬検討」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事