ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

ナマハゲ

2007年09月20日 22時10分51秒 | Weblog
ソラ画像より
秋田の稲
秋田のナマハゲは小さなイシジンが怒った姿と伝えてきました。
イシカミは人間に食べ物やいろいろな生きていく知恵を教えたのに、秋田のイシジンは小さかったので、人間がバカにして言うことを聞かないので怒ったと。
そしてイシカミを悪者として伝説で伝えてきているので、怒って大雨にしたようです。
(新聞に“田が水に浸かってこのような形だけ立っている写真”が今日出た)

「(ナマハゲの写真を見ていると)始めはこのような顔ではなかったのです」

と教えてくれました。

稲を干すのにこちらはこのような形で干しますが、この形がナマハゲの蓑?をあらわしています。

*)悪天候を「悪天皇」、職員処分-秋田県(2007年9月18日付ニュース)
ナマハゲの怒りがさせたのでしょう。
イシカミを封印した張本人は天皇制ですから、、、。

ナマハゲ伝説
イシカミは人間に食べ物や農作業の知恵を授けていたのに、イシジンが小さいからと愚弄する伝説に仏教が関わっているのを怒って、今回の大雨になったようです。
余りにイシカミを愚弄した伝説に一部だけ撮りました。
999の階段の所(寺院跡で、沼と巨木の松がリューのようであった)が一番雨風がひどく、怒りをあらわしていました。
必ず知らせるからと伝えることで次第に風雨はおさまっていきました。

寒風山(男鹿半島)
寒風山(男鹿半島)頂上
この山の頂上には小さな岩が数個、中腹にこのような小さな石が集まっているだけでしたが、これがナマハゲになった小さなイシジンの仲間のようです。
山はやはり怒っていて、霧で閉ざされていましたが、折角遠くから来たのに、などと言っていたら一瞬だけ霧が晴れました。

一つ目潟
男鹿半島の先端にある、3つの丸い潟がありますが、思いもかけないことを伝えてきました。
2007年9月19日
「3つの潟の意味を知らせます」

《ビジョン》
“小山のような半円の中に二つの丸がある。
左側は大き目の石?で埋まり、右側は小さな石?で埋まっている。
(丁度太さの違う電線で埋まった極太の線を切断したようである)
意味は
「大き目の石?で埋まった方は、成層圏から脳へ送られてくる意識、すなわち顕在意識をあらわし、小さな石?の方は、その人が来た星から送られてくる意識、すなわち潜在意識をあらわします。
成層圏には、その人が現実世界で目で見たり耳で聞いたりして思ったことが、意識の塊として存在していて、その意識の塊から太い線で送られてくる意識が顕在意識である。

小さい石?で埋まった方は、星から送られてくる電線で埋まっていて、情報はとても多いが、線が細いのと、成層圏より遠いのでなかなかその情報が伝えられないので、潜在意識のことがわからないことをあらわしている。

潜在意識と顕在意識が一緒になったのが人間であることを、ひとつは大きい潟で二つは小さい潟であらわしたそうです。

思いも寄らないことを関係があると伝えられましたが、東北は本当に石器や土偶が多く、頭だけの土偶もとても多いのも関係あるかもしれません。

土偶の多い東北
これも見てきましたが、実物はバラバラに展示してあるので、、。
これらも一部ですが、本当に土偶が多いです。
意識のことを伝えてきたのも、頭部の土偶が多いのもつながっているようです。

沢山の石錘
このようにたくさんの石錘が東北にはありますが、これも思いも寄らないことを伝えてきました。
窪みは神経が通る所で、ひとつの石にひとつの知恵が隠されていて、神経がヒモのようになってつながって一人の脳を形成していると。
チベットの嫁入り道具に、小さな四角い石を幅広の布に綴じて、頭に被る習慣があるのは、この残された石錘の目的をあらわしていると。

平たい石
チベットの結婚式(花嫁を奪う)では、重ねた平たい石の形、この大きさのパンを村人に配るそうです。
同時に布を切り分けて配るそうですが、布(羽衣)もイシカミのお汁から造ったそうで、パンはイシカミの柔らかい身体=マナをあらわすようです。

白い石と楕円の石の意味はまだわかりません。
(途端左乳房にきつめのサインあり)
白い楕円で模様のあるのは
「白いお汁が固まって、それをこねて造ったのです。模様は(そば粉などは)こねるということをあらわしています」

青いタコクラゲ?
男鹿水族館にて。
丁度17日の新聞に、青、白、茶色の8本足で泳ぐタコクラゲのニュース(2007年9月17日)

亀ヶ岡縄文館その1
例の片足のインド人(宇宙人)を真似たという土偶が出た地域の石器で、この他にも沢山展示してあります。

亀ヶ岡縄文館その2
この地方だけで見た変わった石。
リュージンが柔らかかったイシカミを食べたという証拠です」と。
「それは血みどろで悲惨でした」とリュージンが生贄を求めたことを伝えてきました。
イシジンと人間の合いの子は、血液が少し流れていたと、夢で知らせてきました。
《夢》
“赤ちゃんの採血をしているが、小さな注射器には赤く、大きな注射器には黄土色の液体が入っている”
意味は
「人間とイシジンの合いの子で、女性は人間になれたが、男性はなかなか人間になれなかった。染色体のXがあったので女性は人間になれた」と。

リュージンがイシカミを食べたというのは、沖縄のイヘヤ御嶽の岩がすごかったです。
沖縄写真集

2007年9月8日
「5亡星より四足の動物に近い4亡星をあらわす模様のルイ・ビトンが、富を象徴する爬虫類をあらわします。
そしてLとVが絡み合った模様は、ヘビの絡み合いをあらわします。
それに捕まったのがゴルバチョフです。
(ルイビトンのCMに出ている)
ゴルバチョフの頭のシミはグリーンランドをあらわしています。
グリーンランドのイシカミは北極の地下空洞を閉じるために南から移動をしていたのですが、その前の固まって動けなくなった島なのです」

この日に見つけたグリーンランドの氷の溶解の異常さのニュース
The Great Red Comet

なぜ、ルイビトンが出てきたのかと思いましたら、紹介させていただいた世界遺産さんのHPにルイビトンが出ていました
以前から、なぜこの模様の製品が人気があるのか聞いていたのですがわかりませんでした。

2007年6月22日
「ソラから見ていると全てのことがわかります。
なぜ、悪者(のキム・ジョンイル)が今まで好き放題なことができたかと言うと、それは(現実世界で)リュージンが崇められていたからです。
それで(リュージンの子分である)ヘビ一族が、地球の富を自分たちにより多く持つことが出来たのです。
今に(隠れて悪い事をしていても表に出てきて)わかります」

2005年9月25日
《お米にわく虫のビジョン》
“白米の中にお米にわく黄白色の虫を発見したので、外に放りだすが、米粒がミノムシのようになっている。
その後すぐに、今度は黒い虫(コクゾウ虫)が、画面の中ほどに10数匹あらわれてやはり白米を食べ出す”

お米に付く害虫
の画像を見てそっくりな虫のビジョンでした。
意味は

「黄白色の虫は王侯、貴族(皇室も含む)、宗教指導者などをあらわし、労なくして一番おいしいものを、すき放題に食べるという事をあらわしています。
特にその一族郎党までが、そのおいしいものを食べるということを、さなぎになる前にお米でミノムシのように作ることを知らせています。
黒いコクゾウ虫は、中東の石油の利権に群がる(イルミナティなど)爬虫類のイシキの人たちをあらわします」

と、とても的確な意味を持つビジョンでした。

2006年9月15日
《夢》
“細いけど長くて頭が大きな蛇がそばに寄ってくるので嫌だと思っていると、逃げて洞窟に入り、口を開けて威嚇している。男性が捕まえてくれしっかりと頭に何かを刺して切り開いている”

意味は
「蛇は皇室に潜むエネルギー体です。
まさか反撃してくるとは思いませんでした」
とだけ言葉になりました。
珍しく小さいけれど全身の蛇の夢で、退治する場面もとてもリアルでした。
(前夜、うなぎをさばくのをチラッとみましたが、うなぎのような蛇でした)

2005年1月15日
星の争いに巻き込んだのが“蛇の星”なのです。
悪賢い蛇に人類は翻弄されてきました。
(旧約聖書に出てくる)アダムとイブにリンゴを食べるようにすすめた蛇のことです。
リンゴは知恵を表わしますが、親切ですすめたのではありません。
リンゴの形は又お尻の形をも現わすのです。
半分に切ると種が見えますが、種はSEXを現わし子孫繁栄をもたらします。
蛇が(イシカミが作った)人間にリンゴを食べさせ、知恵を教えたと言うのには意味があります。
蛇が知らせた知恵は、地球で皆が争うように仕向ける知恵だったのです。
蛇の星は、いわば地球をゲームセンターのようにしようと思ったのです。
そして人間をロボットのように争わせ楽しもうとしたのです。
その思いが今のゲーム好きに現われています。
その蛇の星こそ星の戦争を引き起こし、星たちの残骸で天の川を作り、その川の端の先頭に立っているイシキを(地球に)送り込んでいるのです」

(以前に、蛇にはなぜ足が無いかというと、“宇宙の大元は渦巻きのアンモナイトであらわしていましたが、その殻を取って伸ばした形”で、 宇宙の大元をやっつけたと言う意味をあらわしていると知らされています)

ソラ・シリーズ発売中!
(7月16日の朝日新聞朝刊一面に広告が掲載されました)
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。

『地震と雲』に載せられなかった写真や、2007年1月以降の地震雲の写真をまとめています。
Earthquake Cloud:地震雲写真集:ソラと地球からのメッセージ
「雲はどこで地震があるかということより、何をしらせようとしているのかと思うことが大切です」(HPより)
アト君とちきゅう君
アト君とお花
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、ソラからの伝言より。
写真はおたる水族館のアザラシ君。
この記事についてブログを書く
« シルクロード | トップ | ソラ画像東北編、ソラのもの... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事