ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

部活、小型原爆、レインボーブリッジ、アセンション島北M5.8

2012年04月10日 23時59分09秒 | Weblog
2006年8月31日
微粒子のビジョン、部活、青海湖、恐山、天河神社

朝、目が覚める直前に見えた《ビジョン》
“画面いっぱいに極小さい微粒子があらわれ、それらが中央に向かって猛スピードで吸い込まれるように向こうへ行く”
意味は
「微粒子は精子です。
精子は人間になりたい原子の集まりです。
その微粒子のひとつがやっと人間になれるのです。
いかに人間として生まれることが、奇跡に近いことかを皆に知らせてください」

1回の生殖のときに射精される精子の数は、4億とも5億とも言われています。
他の人間になりたかった何億もの原子の代わりに肉体を持ったのですから、大切にしなければと思います。

#)米が臨界前核実験 23回目、半年ぶり(2006年8月31日ニュース)
半年前ごとにしているとはあきれます。
イランには開発を認めないで、経済制裁をと、又、100の核兵器を持つイスラエルには何も言わないアメリカ。
もっとも宗教指導者が“目には目を、歯には歯を”を復讐の教えとして国民に教え、又、女性の権利を認めないイスラム国にも大きな問題があるからですが、、、、。

#)県内外女子バレー部合同合宿 中学生深夜1時まで練習(2006年8月30日ニュース)
・・・県内外の複数の中学バレー部が参加して今月上旬に香美市で開かれた合同合宿で、数校が深夜1時ごろまで練習試合をしていたことが30日までに分かった。「あまりに非常識な時間」と保護者の中からあきれる声も出ている。学校側は保護者会などで謝罪した。(中略)ただ、生徒の一人は「何かの罰かと思った」としており、少なくとも全員の希望ではなかったとみられる。ある保護者は「本人は嫌だったが仕方なく行ったようだ。仮に生徒が希望したとしても、1日の疲れを取るために寝かしつけるのが教師の役目。あまりにも非常識」と憤る。・・・

このニュースを見て、
「(中学の部活は)スポーツで身体を鍛えるという名の元に、強制的に争わせているのです。
争いをすることが正しいと繰り返し教えているのです」
という実態を知らせていると思いました。
「何かの罰かと思った。」という生徒の言葉が、普段の部活動を物語っています。

(中略)

#)徳島県代表監督は無事 奈良の高校総体登山大会(2006年8月ニュース)
・・・奈良県の大峰山系で開かれている全国高校総体登山大会で、チームとはぐれて23日午後から行方不明になっていた徳島県代表・県立脇町高校の山岳部監督を務める男性教諭(43)が(中略)四国高校登山界屈指の名将。けがはないというが、大会関係者は「コースから外れることは、ありえない」と困惑している。・・・

大峰山の近くに天河神社があります。
天河神社で唱えるお経に「オン・ソラソバテイ・エイ・ソワカ」というのがあり、昨日のお知らせのサラス(ソラソ)バディとつながります。
ここもイシカミ封印の有名な所です。

2008年3月3日
自爆テロの大型化=小型原爆、ネバダの地震、アゾレス諸島の地震

次のことはチャネリングの言葉ですので、真偽のほどはわかりませんが、自然界で知らせていることと一致しますので取り急ぎお知らせします。

2008年3月3日 唇をかすかに触る感じがするので聞くと。

「わかりました。
イスラエル(ガザ)で怖いことが起きているは、万人に教えているのです。
それはパレスチナの過激派に、原爆が運び込まれたからです?
その爆弾は小さな原爆(のつくり方?)なのです。
それを(関係者が)知ったので、水面下で輪になろう(和平?地下に要るイシカミたち群発地震の?)と知らせあっているのです。
自爆テロの大型化です。
(原爆こそ)輪になることの反対になり、あの地獄と同じになります。
その仕事をさせたのが、マに服した(空気をゴクンと飲み込む)プレアデナイの者が計画させたのです。
近い将来(最近?)まず、秘密の仕事がなされるのが、イラン(大統領)が敵国のイラクへ行くことです。
不満分子があちこちで大型テロを実行することが出来るようになったからです。
間ぬけな独裁者、金正日が原爆の作り方を、お金に変えて売り渡したからです。
それであらゆる不満分子がその大型テロを作ろうとしているのです。
それを(原爆の実験がなされた)ネバダのイシカミが教えたのです。
(ネバダではほとんど大きな地震は起きないが最近起きた)
アリゾナ諸島のイシカミがなぜ何度も地震をおこしているかというと、今のまま行けばアトランティスと同じように地球は滅びると警告しているのです。
そのことを知らせてください」

2008年2月25日《ビジョン》
“丁度、黒いモップのような紡錘系のモノが下から上にあがっていく。その後、平らで黒い台地のような形があらわれ、その左側に、支えのあるアーチ型の一部が見え、右側から黒い石?が転げ落ちてくる”
意味は
「黒いモップのような紡錘系のモノは、原爆をあらわし、ネバダで核実験がかって行われたが、テロリストがその小型爆弾の造り方を知った?ので、そこのイシカミが群発地震で知らせている。
その近くのパウエル湖のそばの”支えのあるアーチ”*の横の岩が落ちてきたのは、原爆の小型化をテロリストが手に入れたことを警告して知らせていたようです。
この近くのディリケートアーチの足の意味を人間が理解しない間に崩れると、地球が終わると言ってきていましたが、そのこととも関係しているようです。
デリケートアーチ、これが自然に出来たと何時までも言っているようでは、地球はどうなるかわからないということです。

*)支えのあるアーチ=これが自然に出来たのでなく、想像を絶するイシカミの巨人がアーチを作ったが、アーチにすると固定できないので、支えをしている岩があるのが、パウエル湖のアーチの岩(レインボーブリッジ)。
レインボーブリッジ(このページの一番下に画像があり)

ついでにアフリカのアーチを知らせてくれました。

珍しい地域で地震が起きています。
特に環太平洋のあちこちで度々起きている?
特にアゾレス諸島(アトランティスがあった横)、太平洋の真ん中(ムー大陸があり沈没した)、ネバダ(核実験がされた)。

#)農作物の「ノアの箱舟」 北極圏に種子バンクがオープン(2008年3月ニュース)
#)イラン大統領、歴史的なイラク訪問 首脳会談実施(2008年3月2日ニュース)

これまで治まっていた左手首(パレスチナをあらわす)の一部の湿疹が、先日からひどくなり、それにつれてガザでの悲報が知らされていました。
今朝はそこが真っ赤になるほどのかゆみで知らせてきました。

ラスベガスのホテルでリシンで自殺した人がいたことも何か関係ある?(2008年3月1日ニュース)

M 5.0 2008/03/03 03:55:31 深さ 63.6 GUAM REGION
【M 6.0】2008/03/03 02:37:28 深さ 23.0 KEPULAUAN MENTAWAI REGION, INDONESIA

--------------------------------------------------------------------
M 5.0 2008/03/02 22:27:05 深さ 39.0 ANDREANOF ISLANDS, ALEUTIAN IS., ALASKA
M 5.7 2008/03/02 05:11:47 深さ 34.7 ANDREANOF ISLANDS, ALEUTIAN IS., ALASKA
M 5.0 2008/03/02 01:34:19 深さ 10.0 【 AZORES ISLANDS REGION 】
M 5.1 2008/03/02 00:20:00深さ 10.0 【 AZORES ISLANDS REGION 】

--------------------------------------------------------------------
M 5.4 2008/03/01 23:06:47深さ 41.8 EAST OF THE NORTH ISLAND, NEW ZEALAND
M 5.6 2008/03/01 21:55:00深さ 73.1 EAST OF THE NORTH ISLAND, NEW ZEALAND
M 5.4 2008/03/01 21:13:38深さ 43.2 SOUTHERN SUMATRA, INDONESIA
M 5.2 2008/03/01 19:55:57深さ 35.0 ANDREANOF ISLANDS, ALEUTIAN IS., ALASKA
M 5.6 2008/03/01 19:51:59深さ 36.2 TARAPACA, CHILE
M 5.6 2008/03/01 18:51:26深さ 111.6 NEAR THE EAST COAST OF KAMCHATKA, RUSSIA

【追記、掲示板より】
今日のお知らせと関連あると思われるオルタナティブ通信。
2007年06月26日 核兵器の闇市
>パレスチナの戦闘激化は、西岸地区での「取引」拡大の知らせである。既に、ウクライナの核兵器密輸商セギュオン・モギュレヴィッチが現地入りした。西岸地区で近々核兵器の闇市が開かれる。
北朝鮮の核兵器開発とキリスト教原理主義、2題。
2007年12月19日 日本、迎撃ミサイル実験「成功」の深層
・2007年12月22日 米国ブッシュの使者、北朝鮮と水面下で接触
なぜ小型か?
・2008年01月11日 ロシアン・マフィアの帝国
>もう一方は、あくまで大規模な戦争を行わず、小規模紛争、対立を長引かせ、原油高騰、核兵器の販売促進から利益を得たいと考えるエネルギー業界の代理人達。この場合の利益は「細く、長く」に、なる。これがリッチ=プーチン=イランの流れである。プーチンが、しばしばイランに外交上の助言を行う理由は、ここにある。

「これはあっています」と言葉になります。

2003年10月30日
アーチ(レインボーブリッジ)の補強の写真。

9月20日のこのHPのお知らせで紹介しましたが、写真家 Gary Ladd 氏の写真をどうしても公開したいと思っていましたところ、複数の在米の読者の方が交渉してくださいまして、このHPでも写真を公開しても良いとGary Ladd 氏が許可を出してくださいました。
アーチには大体支えが作ってあると思っていますが、岩が大きすぎて小さな人間は気づかないようですが、 Gary Ladd 氏はその事に気づかれたのかしっかりと撮ってくださっていました。

又、スリッパ型の岩はレインボーブリッジの横の岩です。
アーチを作るのにこのようにして中をくり貫いて、真中を残して端の物質を取り除いていったと知らされました。
その他の意味もあり、これはイシカミが横向きになっていることをあらわしているそうです。
イシカミの大きさはいろいろあったという事と、もっとたくさん作ろうと思ったが、お汁(巨人の食料)が無くなって作れなかったそうです。
アーチの傍に半円のものが二つ立っていますが、それもアーチを作ろうと思ったそうです。

巨大なアーチがとても小さく見えますが、人間は小さすぎて全くみえません。
巨大すぎて人間がそばで見ても、アーチに補強がしてある事が判りにくいと思いますが、上から見るとしっかりと右手に補強がしてあるのがわかります。

「レインボーブリッジを作ったイシカミは女性でした。
そして足の岩(ディケートアーチ)を作ったイシカミの恋人でした。
二人は? 何とかして人間に自分達のことを分かってもらおうと考えて作ったのです。
このことを知らせて欲しいので、身体のサインをしたのです」

【2008年3月3日追記】
下の写真を見て、アーチがどのようにして造られたか知らせてきました。
まず、スリッパのように半分、上部を取り除いて穴を開けます。
そして、アーチ型にしっかりと棒状にして残り半分を取り除くと、アーチ型が出来ますが、余りに棒状が細いとこのように補強した岩が添えてあります。
いくつか同じような型のアーチを見ています。
ちなみに上のアーチが下の画像では、とても小さく写っています。
人間の想像を超えた巨人がいたことは、グランドサークルの不思議な岩を見ていると良くわかります。
書いていると右奥歯にサインがあり、シリウが教えたと伝えてきています。

ソラ画像より
アーチを作る前
これはアーチを作る前の半円です。
アーチの部分が補強してあるのがわかりますが、その後後ろの部分を取り除いて、連続のアーチを作ろうとしたようです。
横の小さく写っているアーチが、人間から見ると巨大なレインボーブリッジで、人間は小さすぎて見えません。

レインボーブリッジ
左下に小さく人間が写っています。

レインボーブリッジその2
人間の高さで写された写真。
右手にブリッジの裏に大きな支えと思われる岩が隠れています。

アーチーズ国立公園
足の形の岩。
残念ながら後ろ向きですが、前には靴?と指2、3本も作られています。
遠くていけませんでした。
そばには人間が座って見えるように、イシカミが石のイスも準備してくれています。
人が近づけないような所に置いてあります。
靴と指があらわしてあるのは、サンダルを未来が見えるイシカミは見たからだそうです。

アーチーズ
読者の方から送っていただいたアーチーズの写真です。
足の形、作られた位置がよくわかります。
左足には靴、指らしきものも作られていますが、なぜ靴と指を作ったかというと
履物をはくが指も見えるサンダルをイメージした?ようです。
右足?の膝関節の部分は、今にも壊れそうです。
これが壊れたら地球も?のサインになるそうです。
下段の写真は足の後ろに大きな顔があり、団子鼻のイシカミが作品を大きな目で見ています。
又、足の岩の横には、イシカミの分身、巨人が並んでいますが、何人かの巨人で作り上げたそうです。
前にもイシカミの分身たちが並んで見ています。
周りを絶壁やすり鉢状にしたのは、人間が近づいて壊さない様にしたそうです。

ソラ辞典より
人間
生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて人間になろうと思う原子たちが強く結合して肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

巾着袋地震
これは震源地では震度が観察されず遠隔地で観察される地震です。

2005年12月 伊勢湾 M5.1 震度1 福島県など
2006年03月 東海道沖 M6.0 震度3 茨城県、静岡震度1
2006年08月 和歌山県 M5.1 震度2 福島県
2006年09月 日本海中部 M5.6 震度2 北海道、震度1青森など
2006年11月 三重県南東沖 M 5.1 震度2 福島県など
2010年08月26日 岐阜県飛騨 深さ280km M5.1 震度2 福島県 震度1 北海道 十勝地方中部 岩手県 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 埼玉県 福井県 滋賀県 兵庫県 兵庫県北部

震源が深いと、巾着袋の紐を締めたような動きになって、震源近くは全く揺れなくて遠く離れた地域でゆれること。
このような現象が起こるのは、地震はプレートがずれて起こるのでないことを知らせるために、地球を覆う膜になった原子たちが巾着袋と同じ原理で深い所で(深さ300から400km)紐を締めるからです。
なぜこのように巾着袋のようなモノができたかと言うと、地球を原子の膜で覆う時、地球の表面より膜が大きくなりすぎて、その余った部分が袋になったからです。
袋の底になった部分の原子たちが、地震はプレートのずれでおこるのではないことを知らせるために動くので、震源地から遠く離なれた巾着袋の入り口のヒダの部分の地域で地震がおこるのです。

悪さをしていた北斗七星にひしゃくを閉じるように、巾着袋の紐を締めることで、地震を起して知らせていた。

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

シリコン
珪素(Si)。
岩石や土の主成分。
ICチップの材料。
イシカミ達は、煮えたぎっていた丸い地球を四角の形で降りて固めてくれ、あまりの高温のためシリコンとなった。
地球上の生物の発生は、海に沈下したイシカミが分解してシリコンになり、原子に戻るのでなく動く事の出来る物質になりたいと太古の藻となったのが始まり。
それが元となり、あらゆる地球上の生物に進化していった。
人間の細胞も元はイシカミの原子のシリコン。

シリコンは四角い構造。面心立方格子構造

地下空洞
地球の中の空洞。
北極に入り口があり、中は地球と同じような風景で暖かく、きれいな花が咲き乱れていて、悪い者は決して行くことは出来ないという。
鳴門の渦潮は、地球の空洞に海水が渦巻き状に注ぎ込んでいる。
学説では富士山の伏流水と言われている柿田川湧水は、地下空洞に注ぎこんだ海水がろ過されて出てきたもの。
悪い星のイシキが又行くといけないので、詳しくは教えてくれない。
人間が行くには一寸時期が早い。
この情報を認めたものでないと、イシカミはいれてくれない。
最近地下空洞へ外宇宙のモノが入って隠れていると。
静岡の富士山の麓にはたくさんの地下穴があり、そこに外宇宙のイシキたちが隠れている。
富士山の麓に創価学会をはじめ多くの宗教、精神世界が集まっているのも、地下空洞へ入ろうと狙っているからと。
オームもそうであった。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

アトランティス
最初の情報(アンドロイドが反乱)は本『星からのメッセージ』に詳しく書いています。
その後更に詳しく伝えてきたのはとは少し違っていますが、大西洋にイシカミの巨人が地中海の土を運んで作った大陸とは今でも同じです。
いて座のモノたちはなんでも変化することが出来たので、理想とする物質を全て創りだしたのがアトランティス。
余りにも全て理想が実現したために、面白みがなくなりイシカミの原子たちは一気に手を離したので大陸は崩壊した。
意識のあるイシジンは泡状で、軽くて簡単に移動できたので、より原子がしっかりと結合した、いわゆる固い物質にした国造りを地中海にした。
イタリアやギリシャなどに沢山ある石像や石造建築物はアトランティスの時代のものが原型となっている。
アトランティスの王の頭部などでわかるように、巨人の国でもあり、神話の世界そのものであった。
アトランティス大陸があった海の底に、鳴門の渦潮のような渦巻きがあり、地下宇宙に海水が入り込み、ローマのあらゆる泉に噴出しているとか、北海道の羊蹄山の噴出しもここからの水と伝えられています。

黄金比
パルテノンなどに利用されている。
1:1,16
地球は最初は黄金比のカメの甲羅のようであった。
それはロールケーキのように丸くなる時にひび割れしないためであった。
丸くなったのが4世紀?で、少し楕円であったが、当時はまだ地球も少し軟らかかったので自転で回ることで丸くなった。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
青い空に白く浮かぶ"雲"。たまにはのんびりと空を眺めてみませんか?雲ははるか遠くの私たち"ソラのもの"が、一生懸命心をこめて空に絵を描いているのです。なかなかうまく描けませんが、最近の雲は以前に比べて変わってきたと思いませんか?それはこの世が"カゴメ紋"になったからです。カゴメ紋とは、地上のものとソラのものが仲良くなったことをあらわしています。ソラのものは、自然界でいろいろなお知らせをして、人間が私たちの思いに気づいてくれるのを待っていましたが、どうしても人間はわかってくれませんでした。けれども今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
10-APR-2012 05:09(日本時間14:09) -1.15 -13.97 M5.8 深さ9.9km NORTH OF ASCENSION ISLAND

発生時刻 2012年4月10日3時48分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.3度 東経142.1度 深さ40km)
規模 M3.8
宮城県
震度1 南三陸町、女川町

発生時刻 2012年4月10日5時33分頃
震源地 網走地方(北緯44.0度 東経145.0度 深さ10km)
規模 M2.8
北海道
震度1 斜里町

発生時刻 2012年4月10日6時14分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.7度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M2.9
茨城県
震度1 日立市、高萩市

発生時刻 2012年4月10日10時26分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.8度 東経142.3度 深さ20km)
規模 M4.0
岩手県
震度2 宮古市
震度1 山田町、普代村、大船渡市、釜石市
宮城県
震度1 気仙沼市

発生時刻 2012年4月10日11時57分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.8度 東経142.2度 深さ40km)
規模 M4.4
岩手県
震度2 大船渡市、一関市
震度1 陸前高田市、釜石市、住田町、花巻市、遠野市、平泉町
宮城県
震度2 気仙沼市、登米市、南三陸町、石巻市
震度1 色麻町、涌谷町、栗原市、宮城美里町、大崎市、岩沼市、東松島市、松島町、女川町

発生時刻 2012年4月10日20時45分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.1度 東経142.4度 深さ30km)
規模 M4.3
岩手県
震度1 宮古市、大船渡市、陸前高田市、釜石市、住田町、八幡平市、矢巾町、花巻市、遠野市、一関市
宮城県
震度1 気仙沼市、栗原市、南三陸町

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は4月10日のソラ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 被差別部落、ホタテ、宇宙の... | トップ | インドネシア・スマトラ島北... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事