ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

ヤマタイコク(その5)

2005年06月26日 19時11分33秒 | Weblog
【タケルノミコト】

「以前に若者によってヤマタイコクから連れてこられた
幼いタケルノミコは、敵とは知らずジンムの元で大きくなりましたが、
ジンムからは絶えず大国主は悪者だと言われて育ちました。

そして大国主が亡くなるとジンムは、
8人の仲間は朝鮮の人達にだまされてヤマトを攻めようとしている、
と嘘をついて、ひそかに8人をだまし討ちにするように
タケルノミコトに言いつけました。

タケルノミコトは何も知らず言われるままに、
大国主がもっとも信頼していた8人の仲間を次々と殺してしまいました。
けれどもヤマトへ帰って来て聞いた言葉は、
その8人は自分の本当の父親の仲間だったという事でした。
その言葉を聞いてタケルノミコトは絶望に陥り、
イシカタヤマ(猿投山)で自殺をしてしまいました。」

『ソラからの伝言』ヤマタイコク物語より

ジンム以来、連綿と続く天皇家のウソ。
古事記/日本書紀では“死人に口無し”をいいことに
(当時において)昔の事は天皇家の都合のいいように書きたい放題。
しかし、それが21世紀の現在になっても検証もされず(各天皇陵は非公開等)、
特権階級として存在する不思議を誰も追求しない不思議。

(写真は2005年6月26日のソラ)
この記事についてブログを書く
« ヤマタイコク(その4) | トップ | ヤマタイコク(その6) »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事