ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

地球の正座

2010年07月04日 23時27分46秒 | Weblog
2007年7月2日
原子の成り立ち、一部の原子記号の意味、エジプトの船、古代魚シーラカンス、ドラえもん、地震雲

2007年6月30日
真夜中、右手にサインがありて目が覚める。

「丸いもの(イシカミ)です。
(地球に降りてきた)丸いものは形として残るものと、無になるもの(原子)に分かれました。
形として残ったものが(ストーン・サークルなど)になりました。
そして無になったもの(原子)に人の形になるようにかけ声をかけたのです。
そして丸いもの(ストーンサークル)の中で原子たちが集まり人間になったのです」

「丸いもの(イシカミ)は沢山地球に降りてきました。
雪のように沢山降りてきました。
それで無になるものが多かったのです。
無になるものはいろいろなもの(原子)になりました。
一番多かったのはN(チッソ*)です。
Nの(文字の)形は、地球に降りてきたけど、無になって上にあがり、再び(有機質の)形になって、それが(死んで)再び無になったことをあらわす形です。
その他、手をつないだ水素Hや、仲良くなって輪になる形の酸素0は、(人間に)仲良くすることが大切だと教えています。
このようにして地球の周りに原子が増えていったのです」

《ビジョン》
“赤紫と金色の網目(細かい長方形)”
意味は
「赤紫はリラのエネルギー体。
金色の長方形の網目はキリスト教原理主義のエネルギー体」

(その前にナショナルジオグラフィックのTVで、創世記と進化論で違うことを教えるのでアメリカの(特に南部)高校で教師と生徒が混乱しているので真剣に悩んでいると訴えていました。
創世記のカミは、髪の毛=頭のうえにあるもの=星をあらわすのに、勝手に神として翻訳、解釈させたからです。
ゴッドはカタカナの解釈で説明すると、“コ=子供が沢山生まれるもののト=友達”と言う意味で、ツはちょっと罪を犯す者、キリスト教の神とは大きな違いなのですが、、、)

2007年7月1日
寝る前に古代エジプトの船の長い舳先がイメージされ言葉になっていく。

「そこ(長すぎる舳先)が人間には意味のない部分です。
木でできた船は、イシカミの原子が変化して形になりました。
イシカミがモザイク画や絵になることができるように船になることができました。
長い舳先はイシカミの巨人がそこを掴んで引っ張ったのです。
(ラップ音あり=本当)
(海は今より浅かったので?)巨人は海を歩いたのです。
川にはいるとこぎ手がこいで進んだのです」

再び目が覚めて、数10年も前に在日韓国人だった人が、幼子を残して癌で若くして亡くなったが、突然、その人の思いが強烈に感じられて眠れなく、目を開けないと寝ていられないくらいであった。
意味を聞くと
「それは韓国人の問題です?
韓国の人に伝えてください。
それは思わぬことを隠しています?」

その後の《イメージ》
“平べったい巨大な魚(シーラカンス?)の干物?”
意味は
「魚は卵を持っていたことが、韓国の人の死と関係があります?
それは(魚が卵を持っているのと)人間も子供が大切だと言う思いは同じだということです?」

(シーラカンスは古代魚、魚の卵は人間の子供と同じで、古代に韓国人=ジンムに人間の子供が殺されたということ)

「マに取り付かれた観音です。
観音についてリュージンが韓国から日本に入ってきました。
それは何をあらわすかと言うと、あらゆる悪の根源が韓国から入ってきたということです。
リュージンはあらゆる宗教に隠れて、日本中に広まったということです。
シーラカンスは古代魚といわれているので、リュージンも古代に入ってきたということです」

*)シーラカンスの卵25個確認インドネシア海域で初(2007年7月ニュース)

2007年7月2日突然、目が覚めて

「ドラエモンのことが一番肝心なのです?
(母子を殺害した犯人が、ドラエモンに生き返してもらう、、、、うんぬんと言ったことが頭に浮かぶ)
青いドラエモンは“ドザエモン=水死体”から来ている名前だと以前に知らせました。そして猫は支配星が送り込んだ動物で、猫が人間より優秀と言うことを嫌がらせで知らせています。
(猫の目とヘビの目は同じ縦になっている)
そして(犯人が)人を殺してでも性欲を発散したい思いにさせたのは、ヘビのエネルギー体に取り付かれているからです。
そしてヘビのずる賢い言葉で責任を逃れようとしているのです。
それを応援する人たちもヘビのエネルギー体に支配されているのです。
ドザエモン効果なのです?
何か困ったらドラエモンに頼むように、人間を無力化するように仕向けたマンガです。
それが支配星の狙いなのです。
ドラエモンの(声の)役をする人のイシキは嫌がって(大腸ガンで)知らせています。
(黒い中くらいの光があらわれる)
黒い光は、支配星の巧妙な罠に、ソラの星たちも沢山だまされているということを知らせました。
ドラエモンは外宇宙の孫なのです。
関東大震災の時にやってきて、大震災を起こさせた張本人なのです」

(このドラエモンの形をしたいわゆる宇宙人?と、95年以前にチャネラーの天野さんがコンタクトをとっていました。
天野さんによると関東大震災の時に、その宇宙人は江ノ島でエネルギー補給器を無くしたので探してほしいと言われたそうで、江ノ島に行ったら、岩の間で見つかったそうです。
するとそのエネルギー補給器の上にその宇宙人が乗ると、腕が真っ赤になってエネルギーが補給されたのを見たと言っていました。
そのドラエモン型の宇宙人は、その後オームの麻原を見つけ出した?そうですが、仲間同士の争いでもあったようです)

・ドラえもんが自分の名前を書くときに、カタカナの“エ”を思い出すことができず、“えもん”をひらがなにしてしまったからとされている。・・・

このことは初めて知りましたが、「エ」こそ、天と地を結ぶと言う意味の形なので、悪者ということを知られるのが嫌で「エ」を思い出さなかったのでしょう。

2006年10月3日
高松塚古墳解体、シロアリ=労せずして食む者、逝き急ぐ人たち

#)高松塚古墳、石室解体へ作業本格化 文化庁が開始式(2006年10月ニュース)

4悪神の使いの者の壁画を保存し、崇めるために、小さなイシカミの身体が壊されます。
高松塚古墳に描かれている韓国の女性たちは、仏教やリュージン信仰を日本に持ち込んだ人たち、蘇我の一族です。
その壁画を大切にすることは、キトラの4獣神を大切にするのと同じです。
これでさらに、争い好きなリュージンのエネルギー体が、力をつけ大きな事件をひきおこすのでないかと思います。
それは日本だけにとどまらないと思います。
夜中のメモです。

「悪者が(高松塚古墳の絵)絵を描かせたのです。
(未開地の人たちが)腕輪をするのは、その腕にエネルギーを与えて絵を描かせることをしらせています。
大陸から来た絵を描く人は、人間ではありませんでした(魔のもの?)」

2007年11月10日
スのもの、ウロコ雲、朝鮮半島、ヒエログリフ、ニケ

明け方
「ギリシャの島々がいかに“スのもの”に支配されていたかわかるでしょう。
(それらが)イシカミの出現を阻んでいたのです」

(スのついた国名や島の名前が驚くほど多い)
スイス、フランス、スペイン、イギリス、スコットランド、オーストリアなど。
6000ものギリシャの島々の中にも沢山のスがついています。

《ビジョン》
“白黒の小さな小石が、長方形になった窪みの中でこそこそ動いて並ぼうとしている。
その後、小さな白っぽいレンガのような石垣が大きく3段くらいなって一面を覆っている”
意味は
「小石のイシカミの原子たちがきちんとレンガのように並ぶと、ものすごい石垣になれることを知らせた=原子たちが目的を持って手をつなぐと、大きな仕事が出来るということをイシカミの原子に教えたのです」

(最近の雲で、ウロコ雲が多いのはこのことを知らせているようで、↓のように細かい石垣?でした)

その後なぜか急に、
“冬場に停電が長引くと大変だろう。マッチでつけるストーブか、薪ストーブが必要かなと思い、その後、昨日見たおじさんが薪を割っている姿を思い出す”
「(停電の)心配はありません。
海の底から浮いてきた古木*の意味を知るべきです。
それは日本海がかっては陸であったことを知らせています。
けれども身勝手なイシカミによって海に沈んだのです。
身勝手なイシカミが朝鮮のイシカミです。
自分たちが地球のペニスになると言ったのです。
それで廻りのイシカミに沈むように要求したのです。
沈まなければ大陸からリュージンを渡らせると脅かしたのです。
朝鮮のイシカミは支配星にそそのかされたのです」

*)古木=中越沖地震による液状化現象で出雲崎町沖の海底から出現した縄文時代の古木
・・・・丸みを帯び、岸辺で円磨されるという現象と、大部分の古木がかなりの深さにそろって運び込まれたという事象の間に矛盾があり、さらなる調査・検証が必要である。・・・

2007年11月8日
「イルミナチとはイルミネーションのことなのです。
(支配星の)北斗七星が地球をイルミネーションで飾ろうとしたのです。
そのために貧しい人を増やして人間を地球のあちこちに住まわせようとしているのです。
イルミナチはその人間を働かせて富を得ようとしているのです。
北斗七星が火(石油?)を支配しているのです。
ゾロアスター教は北斗七星が教えたのです。
(火星も一時支配星の仲間に入っていた)
そして(ゾロアスター教発祥の)イランを支配し(イスラム教を広げることで)その計画を実行しました」

↓のことは?だったので公開をしませんでしたが、今日も朝鮮のことを知らせて来たので公開します。
「北斗七星は朝鮮を支配しました。
北斗七星に支配された朝鮮にイルミナチの大本があるのです。
それが統一教会で、文鮮明がドンなのです。
創価学会も朝鮮と関係があります。
あらゆる宗教に隠れて世界中に広まっています。
朝鮮半島は男性器の形になりました。
プレアデナイと北斗七星は地球の形を利用したのです」

(朝鮮系の宗教はSEXがらみで有名になっている。
又、世界の各地、特に僻地で朝鮮、中国系の人たちが商売をしているのは有名です。
創価学会も隠れてリュージン信仰とつながるので、大陸のリュージンと仲間として親中国なのです。と)

《ビジョン》
“小さな白い枠の中で、二度、黒い煙?があがり、その後カラーの模様、最後にアンパンのような茶色の丸いイシカミ?が出てきて閉じる”
意味は
「2回の黒い煙は原爆で争いの歴史をあらわし、カラーの模様はイルミナチが光を広げた時代で、イシカミが世に広まらないと争いは終わらないという意味です」

(見終わった後、右手の親指の付け根に丸い感じのきつめのサインあり。
しっかり書いてくださいというサインと)

《ビジョン1》
“朝鮮半島があらわれ、次第に韓国の地図がズームアップされ、その地図の上に(ぶどう酒の?)ビン、パン?などが描かれている”(急に右中指が痛くなる)
意味は
「キリスト教の洗礼の道具です。
朝鮮はキリスト教徒が多い国です。
そしてカルトになっています」

2007年3月21日
労なくして食む者

《ビジョン》
“白米の袋の口がファスナーになっているが、そこに小さい蛆虫が数0匹隠れている。
それを庭に掃き集めたゴミの小山の中に入れる。
それで駆除できると思うが覗いてみると蛆はゴソゴソとゴミに中に歩いて入っていく。
そこでハエになるかな?駆除できるかなと思いながらそれで終わる“
その後そのゴミを燃やすイメージをする。
意味は
「宇宙から見ると、蛆は地球の富を労なくして食む者をあらわします。
すなわち他の人たちが汗水流して作った食べ物(地球の富)を取り上げる人たちのことです。
それはで人間は平等であるべきなのにまだ王侯、皇室制が続いているからです。
又、地球の富を欲張って他の人から取り上げる人たちも同じです。
それらを蛆であらわし、いつも白米(地球の富)を狙っていて、ゴミの中でも生きているということです」

ソラ辞典より
エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。

特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。

デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。

ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

外宇宙
私たちの住む銀河系以外の宇宙。
こちらの宇宙が面白そうなので、支配星のプレアデナイなどを裏で操って、地球を支配していた。
宗教を教え、権力者などにエネルギーを与え、人間を争わせていた。
外宇宙の王のイシキは日蓮、池田大作、外宇宙の女王のイシキは神功皇后、観音、池田カネコと関係があり、外宇宙の王のイシキは池田大作に、外宇宙の女王のイシキは池田カネコが横向きの稲妻でエネルギーを与えていた。
また、外宇宙の王の妹のイシキは、出口ナオで、オームの麻原なども外宇宙のイシキと関係していた。

龍、龍神
支配星が作った半物質の仮想の動物。人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

ソラ画像より
2006年7月2日 帯広の地震雲
こちらも強烈な色と断層の雲です。
「怒りの思いをあらわしています。
(国とNHKが)リュージン信仰を広めるからです」と。

発生時刻 2006年7月6日 2時8分ごろ
震源地 岩手県沖 深さ 30km マグニチュード 5.3
震度3 青森県 岩手県

発生時刻 2006年7月6日 15時17分ごろ
震源地 茨城県南部 深さ 50km マグニチュード 4.0
震度3 茨城県 栃木県


白兎神社
日本の歴史のナゾを解く証拠を知らせるので来てほしいと言ってきた物がこれでした。
ヤマトの流れを汲む皇室のシンボルは菊花紋ですが、それを台にして、柱を立てているということは、ヤマトより先に日本の国を創っていたのがヤマタイコクであり、出雲であり、倭の国であったが、それを滅ぼしてヤマトが一番最初の国とうそを言っているということをあらわしたそうです。

・【ヤマタイコク物語

オオクニヌシがヤマトに滅ぼされて、木星の王は巨大建築の基礎だけ残して木星に帰りましたが、ここでもしっかりと木の柱を立ててそれを知らせています。
菊花紋=花びらを密集させてその裏に、リュージンやヘビを隠していると伝えられています。

このことを知らされた後に神社の上に出てきた雲で、帯状の雲がソラをまたいで、この情報を宇宙の皆に知らせたと言っていました。

地球の正座
地球は恐竜時代に余りに背中?がうるさいので頭を上げたので、地球が傾いたと伝えられていますが、今は元に戻ろうとしているので異常気象になっているとか?
(北半球は猛暑だが、南半球は寒冷化が異常なので、地球は温暖化だけが異常ではないようです)

旱魃と大洪水はいくら地球のアト君(原子)からメッセージを送っても、これまで支配星に教えられた宗教や、科学を信じ、地球のSOSを無視し続けるからとも。

湖などに世界中にリュージンが広められたことを地球は一番嫌がっているので、湖を干からびさせて、水に棲むリュージンを消滅しているとも。
それとヘビを祭る(隠れていても)宗教など盛んな所も、その土地に住む人たちのイシキ(潜在意識)が助けを求めるので、大雨で浄化しているそうです。

#)深さが0,0 とかドイツなど珍しい所で地震です。
12-AUG-2007 11:20 M4.8 深さ0.0 GREECE-ALBANIA BORDER REGION
12-AUG-2007 07:47 M4.7 深さ0.0 SPAIN
11-AUG-2007 20:46 M4.8 深さ10.0 MOROCCO
03-AUG-2007 02:58 M4.2 深さ10.0 GERMANY
14-AUG-2007 05:38 M5.6 深さ9.3 HAWAII

*)ハワイへのハリケーン襲撃(2007年8月14日ニュース)

地球の謎解きシリーズ発売中!
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
地震雲画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は7月4日のソラ。