つれづれと、、、

あまり毒は吐きません。
つぶやきというより、ゆるい自己主張かな。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

補欠って

2012-07-22 | Weblog
 イヤなものだよね。補欠って。
 試合に出るのはレギュラー。何かあった時のための代打なんだけど、何事もなければ出番なし。
 それが中3の息子の最後の大会。。。

 「行きたくない。行ってもすることがない。」息子のいうことはもっともだと思う。だけど、補欠を含めて試合にエントリーするので、いなくてもよいというものではない。
 応援とマネージャーのようなことしか実際にはできないけど、それがチームとして出る以上、必要なこと、そう言い聞かせて参加させた。

 結果、地区大会には何とかベスト3に残り、県大会に出場することに。
 表彰式があっても、微妙な顔をしていた息子。
 気持ちは痛いほどわかる。

 応援の声援をし、休憩時間に選手に水筒を渡し、擦りむいた箇所に消毒を付けてあげる様子をみて、こいつも大会の中で成長していくのだと、実感した。
 来週も頼むぞ!
コメント

ようやく稼働

2012-07-15 | Weblog
 暑いだけなら何とかなるが、連日の雨で窓を開けられない。当然湿度も高くなるので、もはや我慢にも限界が。。。
 節電に協力する意思はあるが、自分たちの健康を維持することも大切だという大義を胸に、ようやくエアコンの掃除を行い。試運転。

 あたりまえだけど、涼しい。快適だ。一度稼働させてしまうと、もうなしではいられないだろうな。

 ソファーで妻は就寝中。快適なんだろぷな。
コメント

寝ちゃダメだ!

2012-07-11 | Weblog
 ついつい習慣のようにやってしまうこと。
 昼休みに10分以内に弁当を食べ、後は寝ていること。

 別に慢性的な睡眠不足でもないし、イタリア人の血がシェスタを求めている訳でもないけど、気が付くと、最近は寝ているパターンだ。

 なので、昼休みに読んでいた本の進展がまったくない。それどころか、どんなストーリーだったのかもよくわからない状況だ。

 有効に使いたいなぁ。
コメント

グダグダ言うのは血筋なのか

2012-07-08 | Weblog
 バイトを始めた娘。
 バイト先でフリーターのドキツイ女性に目の敵にされているようで、その人と一緒になる日には、帰宅後、グダグダと不平不満が炸裂する。
 その言い方が、妻とそっくり!

 まあ、正面切ってポンと言えばよいものを、ウジウジと後になって言い出す性格。。。
 
 似たもんだなぁ。

 だけど、似た者だから、判りあえると思ったら、それが逆。
 そんな態度じゃ。。。。。
 そんなことない。。。。。

 言い合いになっている。
 難しい。
コメント

どんな記録の引き出しやねん!

2012-07-04 | Weblog
 昨夜、息子と話をしているうち、あの有名な歴史に出てくる偉人の名前が思い出せない。
 エピソードも覚えているし、彼女をモデルにした絵画の構図も浮かぶのに、、、

 ほれ、あの人だけど、ああ、出てこない。

 まあ、こんなことよくあることなんだけど(本当はあまり頻繁にあってほしくないのだが)、ウ~ンと考えているうちに、なぜか浮かんできたのがこのフレーズ「君の瞳は1万ボルト~」

 何でかな?と思った次の瞬間、降りてきた!
「あ、そうだ。ジャンヌ・ダルクや!!」

 なるほどと息子は納得。傍でやり取りを聞いていた相方は、「何故、歌が先に出てくるのか?あなたの記憶術というか、どうなっとるの?」

 自分でもよくわからないが、脳科学的にはどうなんだろうね?
コメント

7月1日(日)のつぶやき

2012-07-02 | Weblog
05:54 from web
シュエップス中毒になってしまった。一日一本飲まずにはいられない。

by raijin_san on Twitter
コメント

朝から失笑!

2012-07-01 | Weblog
 田舎生活していると、緊急時以外にも町内会の放送というものがある。
 行事の連絡などが主なもの。

 で、今朝7時前の放送。

 すさまじいハウリングの音で目が覚めた(網戸にしているしね)。
 それが数回、続き、「オッホン」と咳払いの後、「○○班、△△班、□□班の方に連絡します。
え~、本日予定していました”お宮掃除”は雨のため、明日に延期します。7時からですけど」でブチンと切れた。

 朝からうるさいな、と寝ていた相方も最初はムッとしていたけど、最後の一言で吹き出していた。
 このようなアドリブ放送が頻繁にあるため、たまに子ども会の行事案内などを、キチンと生徒が話すのを聞くと、「よしよし、未来を託された子どもはちゃんとしているぞ!」と拍手したくなる。
コメント