つれづれと、、、

あまり毒は吐きません。
つぶやきというより、ゆるい自己主張かな。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏休みも終わって

2010-08-31 | Weblog
今日から小学校も新学期。キリがよい9月からでもよいのではと思うけど、何か事情があるのかもしれない。
 毎年のことだけど、夏休みの最後は、自由研究のまとめに追われる。いい加減、学習能力を身につけなければならない。
 結局、息子は貫徹したようだった。妻もこれにつきあっていたようだ。
 ま、とにかく終わってヤレヤレだね。
コメント

名医か迷医か?

2010-08-26 | Weblog
先日、冷蔵庫と戦闘する機会があった。敵の床にねじ伏せる作戦に私は敗れてしまった。
右手を床と冷蔵庫に挟まれるという情けないことに。。。

一晩明けて、手の甲が腫れていたので、湿布を貼ってもう一晩。
腫れは収まるのではなく、むしろ大きくなっていた。
医者嫌いの私のことだから、このまま放っておけば、いつまで経っても
医者に行かないと予測た、”とにかく医者に診てもらえ”、という妻の言葉でイヤイヤ医者に行った。

毎年、ニンゲンドックにかかっている病院に行った。整形外科は初めてだったが、2人の医師が分担して、
患者をさばいている。
最初にレントゲンを撮り、診察室に入ると、そこにいたのは、じいちゃん医師とややキツめなカンジの女性看護師。
角度を変えて撮った4枚のレントゲンを見ながら、じいちゃんは”骨は大丈夫”の太鼓判。
ホット安心したのもつかの間のこと、険しい目で見ていた女性の看護師が、
「先生、ここ折れてますよ」とレントゲンを指さした。

一瞬、絶句した後、「おお、おお、そうだそうだ。折れている。」
自分の誤った見立てを取り繕うように、焦って説明を始めるじいちゃん。

大丈夫かな、このオジイ、と心配になった。

「・・・・・・レントゲン室に連絡して透視の準備を」
「え?何するんですか?」
「レントゲンで透視しながら、処置を、、」
「透視……。∴℃$(専門用語聞き取れず)ではいけませんか、、、」

といった医師と看護師のやりとりの後、準備ができるまで、待合いで待機することになった。
少ししてから、先程の看護師に再度呼ばれ、診察室に入ると、今度は別の若い医師がいた。
きっと、じいちゃん医師では不安があったのか、院内セカンドオピニオンをやってくれたのだと
解釈。

症状と対処方法をサクサクと説明。さっきのじいちゃんは、どこに行ったのだろう?
ギブス固定6週間コースか、金属埋め込み短期速成手術か、どちらを希望するのかを聞かれた。
手術はイヤ、と秒殺で決め、ギブスで固定してもらった。

てっきり、石膏で固めるものだと思ったら、メッシュのウェット包帯のようなものをグルグル巻いてくれた。
この包帯がすぐに固まって、ギブスになるようだ。
まだまだ暑いので、このギブスの中がどれだけ蒸れてくるのか?
過去の息子の例だと、雑巾と同じ臭いがしたっけ。イヤだなぁ。。。

でもでも、あのじいちゃん迷医に処置してもらったら、今頃どうなっていたのだろう?
コメント (2)

ご一緒でよろしかったでしょうか?

2010-08-25 | Weblog
「ご一緒でよろしかったでしょうか?」

中学生の息子と2人で、中華料理店でランチを済ませ、支払する際に、
レジのお姉さんから言われた言葉である。

普通、この言葉は、”まとめて支払い”なのか”割り勘”なのかを尋ねる際、
発するものと認識しているのだが、割り勘客に見えたのかなぁ?

確かに、以前はデブとか言われていた息子が、縦にグングン成長し、身体も締まっているのは
事実だが、親子で飯を食いに行き、これは、、、、

笑えてしまった。今度は割り勘にしようか?と提案したら、
「んなこと言わんでよ。僕の方が沢山食べたから、店の人がそう思ったのかなぁ?」だって。

いやでもまてよ、怪しげな電話が自宅にかかってきたことがあり、ナンバーディスプレイにしている。親類、知人、関係業者、ご近所などは、ナンバーを確認してから電話に出るようにしている。
お初の、それも明らかに覚えのないナンバーの場合、私は電話に出ても「もしもし」とだけ言って名乗らない。相手に情報を与えたくないのだ。

そしたら、「あ、お母さんに替わってもらえますかぁ」なんて言われることがあり、ひょっとしたら、外見も声も子どもっぽいのか?

妻に話したら、全く相手にしてもれなかった。

コメント

既に本日、2本目です

2010-08-24 | Weblog

 ビールや酎ハイのことではない。さすがに午前9時で、一杯やっていたらヤバイ。
 タバコでもなお。もう60日程吸ってないぞぃ。

 アイスキャンデーのことである。
 ガリガリ君が店頭からなくなってしまうほど売れている所もあるようだ。確かにスーパーに行くと、アイスクリームのコーナーで、箱に入った棒付アイスがよく売れている。

 私はソーダー系の味が好きだけど、妻はコッテリ系が好きで、バニラのホームランバーや金時をよく買ってくる。
 でもって、朝から抹茶金時を既に2本食べてしまった。補充しておかなくちゃ。。。

コメント

猛暑だけど、、、秋?

2010-08-22 | Weblog

 昨日は38度超えの猛暑。熱中症対策、水分補給、暑い などという言葉を何処に行っても見る。

 コンビニやドラッグストアは、この暑さで商売繁盛らしい。よいこともなくっちゃね。

 当然ながら、熱帯夜になるため、クーラーなしには寝ることができない。もう明け方5時頃までクーラーをつけたままの状態だ。電気代の請求、凄いだろうな、、、、

 勿論、家中締め切ってクーラーではないため、寝室以外は網戸にしている。
 寝室から一歩でると、モア~ンと熱気を感じる。同時に屋外の音も聞こえてくる。車の走行音(時々、暴走族っぽいクラクションとかマフラーを鳴らす音が気になるが、、)、子どもの嬌声、ロケット花火、、、、

 明け方、トイレに起きた際、聞こえてきたのが鈴虫の声。それも窓のすぐ近くで鳴いている。コオロギ、キリギリスはよくいらっしゃるのだが、鈴虫は久しぶりだ。一時期、飼っていたこともあったが、ここ数年は鈴虫とは縁がない。

 虫の声で秋を感じるという何とも風流な瞬間だった。

コメント

「頑張れ」としか言えない日

2010-08-21 | Weblog

 地区大会があるため、息子を朝8時に会場に送っていった。

 その時点でジリジリと陽は射し、立っているだけで汗が噴き出してくる。
 スポーツドリンク2㍑をジャンボ水筒に入れ、弁当用に1㍑のお茶を別の水筒に入れ、更に予備のポカリ500を持たせた。

 まるで水売りだ。

 試合するのも初、審判するのも初。色々経験になったようだ。
 面白かったけど、メチャ疲れたとヘタル息子に、鬼の一言。「今日、お盆明けの塾だからな」

 帰宅してから、シャワーを浴びさせ、1時間後に塾に送っていった。
 休ませて、寝させてやりたい気持ちで一杯だが、夏休みのまとめが近づいているので、サボと居残りしなくてはいけない。

 「頑張ったら、明日、”くら寿司”に連れていってやる。皿の枚数制限は解除する」
 私にできるのはこれぐらいだ。

コメント

出張中

2010-08-20 | Weblog
 昨日から泊りで出張。
 本日夜には帰宅する予定。

 子どもたちが夏の課題(宿題)をキチンとやるか監視するため、妻は昨日休暇を取ったが、どうだったんだろう?
コメント (2)

色々と難しくて、、、ため息、、

2010-08-18 | Weblog
 どういう訳か、妻は母親、妹と波長が合わないらしい。
 他県に嫁いだ妹が、お盆休みを利用して実家にやってくるのを見計らって、顔を合わせないように出かけようとする。

 それがミエミエなので、実家の母親から、「盆に顔も出さずに、、」とイヤミを言われ、それが原因でブチ切れというスパイラルをたどっている。

 対人関係にデリケートなところがあり、神経質な面もあるけど、こういう時、夫としてどう接すればよいのか、少々迷うこともある。何せ実の親子であり、姉妹だから、蔭で私がグチャグチャといちゃもんつけていると思われたくないしなあ。

 あっちを立てればこっちが立たず、その逆も然り。難しいですねぇ。

 まあ、結局、妻の援軍というスタンスを守り抜く以外に道はないのかも知れない。
コメント

一人の休日

2010-08-16 | Weblog

 今朝、妻は出て行った。仕事に、「ああ、行きたくないよぉ」と言いながら、、、

 子ども達も出て行った。実家に着ているイトコ達と合流し、遊ぶらしい。

 一人留守番の私。洗濯を干し、風呂釜掃除でもしようかな、と思案しているところ、それにしても暑い。猛暑、猛暑と聞き飽きるぐらい猛暑だ。今日も35度超えらしい。

 

コメント

墓参り

2010-08-13 | Weblog
 両親と一緒に隣県にある先祖の墓参りに出かけた。
 道路の渋滞を予想していたが、かえって普段よりも空いているような状況だったので、助かった。

 スイスイと走って行き帰り。一緒に昼食を食べようということになり、息子のリクエストで、”回転しない寿司屋”に行った。

 「何でも好きなモノ頼めよ」という言葉に誘発され、まあ、息子の食べること食べること、、、
 こういうとき、支払い金額のことをついつい考えてしまう私たち。息子の食べっぷりを目を細めて見ている両親。

 孫の好きなモノ食べさせてあげて、「うめえ、うめえ」と食べている様子がよかったようだ。

 「こんなに喜ぶなら、もっと早くに行けばよかったねぇ」という母。
 ありがとう。でもいえいえ、あんまし早くに贅沢させない方が教育上よいのかも、、
コメント