整備手帳

GPZ900RとGN125のカスタムやメンテナンス等についてまとめています。
レビュー記事も書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GN125 アーモサイドボックス

2015-11-18 21:05:37 | GN125H


今回は弾薬箱、アーモボックスを利用したサイドボックスの取り付け過程を紹介します。


現在私のGNはアーモボックスが付いています。
こんな感じです。






短所として
幅が広くなるのですり抜けがしにくくなる。
アーモボックス自体が鉄製で重たいので加速が落ちる。
慣れるまで自分が思っているよりハンドルが切れるようになるので曲がりにくい。
バンクさせようとするとステップの次にする部分になってくるのであまり気持ちよく走れない。


長所としては
アーモボックスひとつにつき2リットルのペットボトル2本が入るので意外に実用性あり!
完全防水!
かっこいい!!


以上となります。
短所というか不都合な部分の方が圧倒的に多いですが、
私は最後のかっこよさ!を優先しました。
というものの本当にかっこよくつくかなー??とも考えておりました。


まず、はじめにアーモボックスをどう取り付けるかを考えました。

アーモボックスとステーをボルト等で固定する。
しかし、この方法でいくとアーモボックスに穴を開けなければいけなくなります。
せっかくの防水。
せっかくクッションが付いているのに勿体無い。

ということで、ステーを作ってそこにアーモボックスをはめる形をにしよう!
それなら取り外しもできるし!
ということで、まずは厚さ3mmの鉄をかってきました!



取り付けるアーモボックスはこれです!



これに巻きつけていくイメージでおりまげていきます。






溶接して叩いて曲げてを繰り返します!



仮合わせで高さを決めます。



そして、最後にタイヤに干渉しないためのステーを付け
引っかけるために少し曲げて完成です!


反対側も同じ要領で作っていきます!



そして完成!

しかし、ここで問題が!!!!!



左右のバランスが悪い!!!
測ってやったはずだったんだけどなー(^^;;








全然違う…


後日修正を…



マシになった??

ということで完成です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« GN125ミーティング | トップ | GN125 少しだけ得になる情報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

GN125H」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事