信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

週末のご予定

2018年08月24日 | 信州囲碁
いよいよ今週の日曜は、「信州囲碁界の天挑五輪」 アマ選手権の県大会ですね!
天に挑むと書いて、天挑五輪。
いまの長野県囲碁界に「魁!男塾」がわかる世代がごっそり抜けていることは百も承知ですが、それでもオレは言い続けていきたい。
3人くらいわかってくれれば上出来ですw

みなさん準備はどうですかね?
かく言う自分は、ろくに打っちゃいないですけどw
まあなんとかなるでしょう!
勝てると思っていれば、勝てる。勝てないと思えば勝てない。
実力で負けるのはもう仕方ないですけど、気持ちで負けないようにしたいですよね。



ちなみに土曜日は、T林さんの結婚式にお呼ばれしています(*´ω`*)
軽井沢で一泊して、そのまま日曜は長野市へ攻め込みに行くプランです。

盛りだくさんの週末ですね。楽しんでいきたいと思います。







さて、遅くなりましたが初めて塩尻で開催した中信大会のことも書いておきたいと思います。

アマ選手権予選のAクラスは18人、ハンデ戦であるB・Cリーグは33人、合わせて51人の参加があり、盛況のうちに終わりました。
塩尻支部の方々には会場設営や運営を手伝っていただき、無事に終了しました。ありがとうございました。

賞品やお茶菓子の準備とかも含め、支部の方々には本当に熱心にやっていただきました。
最初オレは、当日の事務局の集合時間は9時のつもりでいたら、塩尻支部では8時半集合が当然だそうで、8時半ピッタリに行ったらすでに支部の方々が15人くらい集まっていて机を運んでくれてました。
みなさんの士気の高さに驚きました(;'∀')


地区大会の会場を松本以外でやったことに対しても、賛成意見が多くて安心しました。
なにしろ自分も新参なので、いろいろと不安は尽きないですからね(;^ω^)
まあ、年に地区大会が7大会あるうちの、1~2つくらいを塩尻でやれたらいいんじゃないですかね。


そういえば塩尻支部が独自に開催している塩尻名人戦等も、ここ数回は参加者が減っているそうなので、お互いに協力して盛り上げていければいいなと思いますね。
(ちょっと今回は塩尻名人でれなくてすいませんw)







ちなみにですけど、自分はアマ選手権県大会は4回目の出場で
2015 2回戦敗退
2016 1回戦敗退
2017 2回戦敗退
ですね。今回はなんとかして3回戦(ベスト8)まではいきたいと思います。


ではでは。
2回戦で会いましょう~。
コメント

家に帰ってレポートを書くまでが大会です

2018年08月18日 | 信州囲碁
お疲れさまです。
2週間ぶりの更新になっちゃいました。

7月からもの凄い暑さが続いていましたがここ2、3日くらいは涼しい日がありましたね。
また来週から暑さが戻るらしいので、油断ならないですがね。
なにしろこの暑さの中、我が家の冷蔵庫の氷を作る部分が故障したり、オレの車は冷房が故障していたり、なかなか大変でしたね。
おまけにメガネのフレームも割れるし!
車の冷房は直そうかと思ったけど、車ももう買い替え時だし、しばらくは我慢ですね・・・。
メガネはセロハンテープで補修しました。

囲碁のイベントも、春の大会シーズンから始まって、最近のトラボ大会、アマ選手権、信州総文祭と立て続けにあって、さすがに疲れましたw
大会って意外と準備に手間暇かかるものですよね。
次にオレが運営にかかわるものは、11月の棋聖戦までなさそうなので(赤旗はどうなのかよくわからんけど)ひと段落といったところですかね。



ちなみに、信州トラボ同好会(笑)のホームページに 第1回大会レポート が載りました。

それによると、なんと! 第2回長野県大会の開催が決定しました(笑)
まあ笑うところじゃないですけどね(;^ω^) A先輩も書きながら笑っていた気がするので、(笑)と表記していいんじゃないでしょうか。

2月の上旬くらいだそうです。たぶん、2月3日(日)か2月10日(日)あたりが有力です。
まだ先ですけど覚えといてくださいね~

ついでに2月24~25日のジャンボ囲碁大会もぜひお忘れなく。
今年もなんとかして15人集めて参加したいと思います。





そして先日、オレは総文祭の囲碁部門を手伝ってきました。

レポートはこちら

これを書いてたもんで、こっちのブログの更新は滞っていたのですw
総文祭ってものをよく知らなかったもので手間取ったけど、どうにかアップできてよかったです。
(オレの高校時代にも総文祭はあったはずなんだけど、あまり知らなかったんだよな~)





総文祭には当然、将棋部門もあるのです。
長野県将棋情報サイトに載っています。せっかくなのでここでもご紹介したいと思います。

将棋部門はこちらから



どうですかこの充実の記事!すごいボリュームです。
これ見たとき、ボリュームだけで笑っちゃったもんな。
先にこの記事があったなら、囲碁のレポートは 「将棋とだいたい一緒です!(*^-^*)」 と言って終わりにしていた可能性もありますよね。
明るく元気に言えば大丈夫。(やっぱダメですかw)

この将棋情報サイトの管理者さんとツイッターでたまにやりとりしてるんですけど、
「そちらのレポート進んでますか?こちらは挫折しそうです!w」 などと様子を伺うじゃないですか。
オレが先に囲碁部門の記事を仕上げたことを報告すると、軽妙な文章(笑)と、見やすいレイアウトと、さりげなく(?)長野県をアピールしていることをとても褒めていただきました。
なので「囲碁の記事は質でも量でも将棋に負けてるじゃないか!」とか言わないでくださいね。軽妙さだけ勝っているらしいです(;^ω^)



そいうえば7月末にあった 「権堂囲碁のまち 百面打ち」 も、今年から 「将棋のまち」 イベントを合同開催することになったそうですね。
こういうイベントはどんどん囲碁・将棋を合同でやっていければ、相乗効果が期待できて良いですよね!

さらに言うなら、オレは囲碁にはかなり浸かっちゃってますけど、将棋は初心者に毛が生えた程度のものです。
それくらいのライトなファンの視点をもって見れるので、そこで感じたことなどは囲碁界でも活かせれば良いなと思います。
やっぱり囲碁大会も初心者や級位者、ライトな囲碁ファンの人たちの参加を増やしたいですよね。



将棋情報サイトに載っていた 権堂のレポート は、囲碁の県本部ホームページでも紹介させてもらってあります。そちらもぜひご覧ください。
丁寧に作られてますよ。手が込んでいる記事です。

それでは、今日はこのへんで。
あとはアマ選手権中信大会の記事を書かねばならんオレです。またね!
コメント (2)

トラボ大会 レポート

2018年08月03日 | 信州囲碁





クリックで拡大します。

信毎と中日新聞が取材にきてくれました!
中日の電子版はこちら




7/22(日) 東京以外の46都道府県では初開催となる、トライボーディアン長野県大会が開かれました。
県内外から20人の参加者に集まっていただき、とても良い大会になりました。自分で言いますけど(笑)
だって、オレが聴いたりアンケートを見る限りでは、すごく評判も良かったですから。

みなさんも「楽しかった!」「また参加したい!」と思ってくれてますよね?w
そしたら自分で思ってるだけじゃダメですよ? 人に言いふらしてくださいね。そして積極的にSNSに書きましょう!
一般の人との会話で、囲碁の話は興味を持ってもらえませんが、「囲碁将棋オセロの3種目」だったら話題になりますよw



参加者20人という数字を少なく感じる人もいるかもしれませんが、参加者の皆さんのマナーも良く、なかなか質の良い大会でした。
ケータイの通信対戦でやるのにマナーってなんやねん、と思う方もいるかもしれませんが。
いわゆるマナーが悪いとされる行為、打った石を打ちなおしたり、碁石をジャラジャラさせるといったことがないので、それだけでも質の良い大会だったと言えますね。
対局時計のトラブルも起こらないし。
審判・判定をすべてアプリに任せるのはスッキリしてよいと思います。

ちゃんとみんな、対局前は「お願いします」と言って対局するんですよ(*´ω`*)
マナーが良いと言わざるを得ない。
対局後は棋譜も残っているので検討もできるし。
それぞれ得意種目を教え合ったりして、交流を深めていました。

対局時間が短いのも、カラッとしてて良いですね。
もちろん負けりゃ悔しいことは悔しいですが、19路盤ほどずっしりくるわけでないですよね。





当日の運営に関してはA先輩がやってくれたので、オレはほとんど参加者として楽しむことができました。ありがとうございました。
「いつ見てもさすがじゃのう。A先輩の運営は。」
「なんでも今度は七盤にも挑戦するって話だぞ」
「ウーム。あの人ならやるかもしれんな」
なんていう会話をしながら見ていました。信州トラボ同好会のメンツは丸立ちでございました。



県外からはるばる参加してくれた方々、前日は東京で七盤大会に出てから翌日駆けつけてくれたSくんや、参加はできなかったけど興味をもって観戦に来てくれた方々もありがとうございました。

オレの大学囲碁部の同期のTくんも東京から参加してくれました。
前日に我らが棋友サロンでプチよね研を行いました。Tくんもメンバーのようなものだからね。
その後はトラボ同好会のメンバーを紹介し、飲みにいけたので久しぶりに楽しかったなー。
もうそこだけでひとつ記事を書けるけど省略しますw 盛りだくさんでした。





<準備編>

さて、ここからは大会準備について、こだわったところなどを紹介していきます。
ほとんどの人が初参加のため、ルール説明の用紙を作って配りました。
こんなこともあろうかと、オレが東京大会に出たときの用紙をとっておいたのよ。どや!
(それを見ながらワードに打ち込んだのはA先輩だが)

Wi-Fiが用意できなかったのが残念でしたが、充電用のコンセントは用意しました。








通信対戦に必要なパスワードを決めておきます。
パスワードは信州・松本の名産品などにしたいと思って、オレがいくつか候補を考えました。
そしたらT先輩がいつの間にか説明を追加してくれましたね。グッジョブ。

T先輩はこの



500円の激うま弁当も調達してくれました。有能すぎるw


さらにはあの「日本の名水百選」のひとつに数えられる、源智の水をご用意しました。しかも飲み放題です(笑)
普通は百名水といえば、滝とか山中の湧き水をイメージすると思いますが、平然と街中にあります。さすが松本。


途中でもぐもぐタイムのお菓子も用意したし、そして賞品は




マイナビ出版から頂いた賞品の数々。囲碁将棋の棋書とPCソフトです。
右端は棋友サロンから頂いた美味しいカレーですw
成績上位者から好きなものを選ぶ方式です。





どうでしょうか。これだけ書けばイヤでも興味持ってくれたはず!(笑)
疲れたので寝ます。またね。日曜に塩尻でお会いしましょう~

コメント