信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

中南信団体戦

2017年12月26日 | 信州囲碁







23日(土)に松本大学にてクリスマス恒例の団体戦がありました!
今回はよね研名義で3チームで参加することができました。皆さんありがとうございました~
チーム名は「よねけん無双・猛将伝」「真・よねけん無双」「あゆピンクとよねけんの仲間たち」ですw

当然名前はコーエーの三國無双シリーズからとってるんですけど、意外とみんな知らなくて驚いた!
県都囲碁大祭のときに鈴木命名の「よねけん無双」チームが出てくれたが、残念ながら敗れたことをうけ、その続編としていろいろ考えた結果がこれです。
(もしくは魁!男塾の「天下無双・江田島平八」からなんですが、こっちのほうがわからないよね)




ちなみに長野県内における3人1チームの団体戦は4つあります。
今年の優勝チームといっしょに紹介すると

支部対抗戦・・・新ながの支部
東信団体戦・・・県陵棋道部OB会 (我々である!)
県都囲碁大祭・・・くらちゃんず (おなじみ、Kさん一家)

こういう情報も県本部のホームページにまとめていきたいですね。
年末年始に作業しようかな。。。



そして4つ目のこの中南信団体戦は「真・よねけん無双」が決勝でクラッカーズを抑え、優勝してきました!
主将は8段登録で全勝してきたみたいです。さすがに強いなw

自分はあゆピンクと仲間たちのチームで出てきました。
ちょっと上位入賞は厳しいかな~と思っていたので、気楽に楽しんで打つつもりで行きました。
ではざっと振り返ってみますかね。


1局目 VSクラッカーズ

完全に軽い気持ちで来たけれど、いきなり前回チャンピオンのチームと当たりましたw
しかもとなりは「あずみーず(主・副が県代表クラス)」VS「トリプルA(中学生の強い子たち)」なので、この1、2回戦合わせて1-5くらいで負けてもおかしくなさそうなブロック(;・∀・)

オレの主将戦の相手は今月に信州棋聖戦で優勝してきたばかりのKさん。
定先の黒番なのでまだチャンスはあるかなと思いつつ打ちましたが・・・結果はまさかの勝利。
中盤の流れは物凄く悪かったのですが、思ったほど地合いの差は開いていなくて、最後はフリカワリで隅をとってやや優勢になったところで時間切れで勝ちました。
チームは1-2で敗退。だが1発入れたぜ!


2局目 VSトリプルA

中学生の強い子供たち3人組。
主将のW君は普通に北信代表になって県大会にも出てくるし、去年の中学生の全国大会で3位?だったか入賞しています。
その主将戦、相手はものすごく戦いの碁。やっぱ師匠ゆずりなのか?
序盤はこちらが地が多い展開で打ちやすい感じ。
中盤でほとんど取られているような石を強引に動き出す手が厳しくて、半潰れ状態になりかけたが、どうにか耐えました。
最後はこちらが死んだふりをしていた石を復活させて、中押し勝ち。強かったな~。

まっとうなアドレスをするなら「もう少しバランス感覚を」とか「筋の良い手を」とかいうべきなんだろうけど、個人的にはこれからも全力で戦い続けてほしいと思いますw
気合の入った戦いの碁を打つ人は好きです。

チームは副将も貫禄勝ちして、2-1の勝利!


3局目のVS晩成会、4局目のVS丸山研究会も個人的には勝つことができ、個人全勝してきました。
チームは×○○×の2勝2敗で終了。目標であったチーム2勝は達成してきたぞ。



大会中は自分の対局だけで時間いっぱいになってしまって、あまり他の様子を見れなかったのが残念でした。
知り合いも大勢出ているので、他のクラスも見てあいさつして回りたかったけどね。
結果表を写真撮り損ねたし・・・。
他のチームの対局結果とかも気になりませんか?





打ち上げは忘年会兼祝勝会ということで、焼肉食ってきました。
M君のちょっとした誕生日サプライズもあり、なかなか楽しい1日でした(*´ω`*)
値段の割に美味しかったしね!
次回は韓国料理に行きたい。個人的には(#^^#)



長くなったので後半はだいぶ省略しました(笑)
では、またね~


コメント

松本お城将棋まつり

2017年12月21日 | 将棋
お疲れさまです。
先週の土日は、あがたの森文化会館で「松本お城将棋まつり」という大会イベントがありました!

プロ棋士4人も来るんですよ。スポンサーもつくし、本当はでっかいイベントなんです。
ずっと松本城の公園で開催してきたのですが、諸事情により場所が使えなくなってしまったので今年はあがたの森で開催しました。
ま、フジロックフェスが新潟で開かれるようなものですね(違






詳しくはこちらの長野県将棋情報サイトのレポートをご覧ください


内容に関してはこれ以上の記事は書けない気もしますが(笑)
いちおうオレも個人的な目線で書きたいと思います。
なんだかんだですごい楽しんできたしな(*‘ω‘ *)

ちなみにこの将棋情報サイトの管理者の方とも仲良くなってきました。(よね研HPもちゃっかりリンクしてもらった)
すごいしっかりしたサイトですよね・・・勉強させていただきます。


いま中信地区では事務局長Tさんの意見で、選手でない運営スタッフの確保のために、囲碁界と将棋界で交互にスタッフをやろうという作戦をとっています。
プレイヤーじゃないけど囲碁は好きで運営やってくれる人ってなかなか少ないじゃないですか。
オレだって常に大会に参加できるわけじゃないから、単純に考えて運営をやれる人の人数を増やしておく意味もあります。

ということでさっそく将棋大会の運営を手伝ってきましたよ。先日の棋聖戦のお礼でもあります。






子供たちの参加が多い!
ただでさえいまブームだからね。目指せ第2の菅田健太郎!ってね。

将棋ってルールが覚えやすくていいよね。なので

将棋覚えて棋道の世界に入る → 行き詰まる → ふとしたキッカケで囲碁を覚えてみる → 囲碁おもしろい!

ってなるのが理想じゃん?
オレそうだったし。(行き詰まるというほど熱心にはやってないですが)
まあオレもせっかく将棋界に片足つっこんだので、ちょっとずつ地道に囲碁界へ引きずり込めるようにがんばってみますw







来ていただいたプロ棋士は


将棋界のダジャレ王  豊川孝弘七段!

「千駄ヶ谷エレジー」でおなじみ、松本在住の演歌歌手  長沢千和子女流四段!

(株)ねこまど代表、どうぶつ将棋の発明者  北尾まどか女流二段!

ポーランド出身の甲府大使  カロリーナ・ステチェンスカ女流1級!


の四名です。すごいメンバーだな・・・

豊川七段は数年前に怒り新党で特集されたことがあって、それをみてファンになりました(*‘ω‘ *)
挨拶や指導対局の解説がめっちゃ面白かったです。


初日終了後、オレの車で豊川さんとカロリーナさんを会場からホテルまで送っていくということになりました。
(急な話だったのであわてて車の中を片付けて、全力でファブリーズした)
ちょっと緊張したけど車内ではすごく気さくに話していただいて、とても楽しい時間でした。





初日の夜にはブエナビスタでディナーショーがありました。
いろいろあってオレも招待していただきました。





長沢プロとデュエットする、我らが事務局長。さすがですw

終盤にスタッフ紹介として自分も壇上に上がることになりました。
基本的にオレは囲碁界の人だけど、トライボーディアン競技者であることを紹介してもらえてよかったです。
「長野県に2人しかいないトラボ3段(笑)」がそろったわけです。
トラボ長野県大会も開催予定と言っちゃったし。こうなったら信州トラボ界の魁(さきがけ)になりたいと思います。





大会2日目は3人一組の団体戦です。
もう全部将棋情報サイトのレポートをご覧いただければ良いのですが、あえて書くとしたら




カロリーナ先生が松本城を見たいとおっしゃるので、空き時間に2人でお出かけしてきました。
最初、案内してきてくれと言われたときはどうしようかと思ったけど、カロリーナさんは日本語が上手くて安心しました。
この写真は松本城を見た後、近くにあった教会に興味を示され、入ってみたところです。
ポーランドと日本では宗教の文化もだいぶ違いますよね。

街中をドライブして、あれが小澤征爾のために作ったピアノの形をした音楽ホール、遠くに見える美ヶ原は日本百名山、それと松本は水がきれいで街中に名水の井戸がある、ということなどを紹介してきました。

すると「水がきれい」という表現に違和感を感じるそうです。水はもともとキレイなものだから。
なるほど一理あるなと思いつつも、「フレッシュですね」といったら納得してくれた。

あとは「松本城の城主は誰?」と聞かれたので「城は有名だけど武将は有名じゃないのでほとんどの松本市民は城主が誰か知りません」と正直に答えておいたぜ。
甲府は逆だよね。武将は有名だけど城はないw 「人は石垣、人は城」ですからね。








この日の松本城はいまいちだったので、本気出せば冬はこれくらい奇麗なんですよということを写真見せて伝えておきました。



ということで、思った以上に楽しんできました。

最後に市民タイムスの取材記者の背後を撮った写真を載せて、勝ち誇った感じで終わりたいと思います。





ハブアナイスデイ!

コメント

総文祭プレ大会

2017年12月12日 | 信州囲碁



今週の土日は囲碁の町、大町市へ行ってきました。
高校生の総文祭の囲碁部門・北信越大会の運営の手伝いをしてきました~。

来年の総文祭全国大会が長野県で行われるので、その運営スタッフとして行ってきました。
自分の高校時代の棋道部の顧問の先生から依頼があったんですよ。
高校時代の先輩後輩と3人で一泊で手伝いに行ったので、もうこっちが高校生気分で泊ってきましたよ(笑)



オレの主な仕事は審判員と棋譜採りです。
棋譜採りはタブレットPC持参でいったのでらくちんでしたね。

オレは女子の部の棋譜採り担当だったのですが、級位者が多かったですね。
対局を見てると、三々に入った石がなぜか死んじゃったりして、なかなか新鮮。

級位者同士の対局だと50~100目くらい差がつくことがよくあるけど、最後まで一生懸命打とうとしてる気持ちは伝わります。
形勢判断や目算は技術の問題だからね。勝ってるか負けてるかわからないならそりゃ最後まで打つよね。
あんまり「早く投げなさい」って批判する人は好きじゃないです(*´ω`)

男子の部のほうは、長野県の高校生は知ってる顔もチラホラ。
団体戦で深志高校が準優勝、個人戦もみんな活躍していましたね。



今回は長野、新潟、石川、富山、福井の北信越だけのプレ大会ということで、50~60人くらいの大会だったのでまあなんとかなりましたがね。
しかし来年の夏の全国大会本番はかなりの規模だし、大変そう。。。
まあできる限り応援しに行きますよ。







開会式。ゆるキャラ出てきた。







対局風景。






試験的に、カメラを導入して対局風景や盤面を映していた。
本番の全国大会はかなりの規模だから、外のロビーにいても中の様子が見れて良さそうですね。

これ、ケータイやタブレットでも見れるんだってよ。
やり方を説明してくれたスタッフの高校生がすごくしっかりしていて、完全にどっかの若手職員だと思ってました。

そもそも総文祭って、高校生の実行委員がいて、開会式とかすごいしっかりやるよね。


あとはとにかく高校生はみんな元気でいいですね。級位者の女の子が

生徒「先生!あたしもう打ちたくない!!!」
顧問「ダメだ、子どもじゃないんだから打ちなさい!」

と嫌がっていた子も、二日間終わって帰る前に、チームメイトと一緒に運営スタッフの控室にやってきて、大きな声でお礼を言って帰って行きましたよ。ほんとに偉いね。。。



ということで、夕食バイキングも美味しかったし、温泉も良かったし。先生たちとも久しぶりに話せたし。だいぶ楽しんできましたw
また全国大会も協力していきたいと思います。こっちは本当に大変そうだけど・・・







では最後は大町名物を載せとくかな。




大町二郎の辛いやつ。
どうやったか知らないけど、このゆで卵の中身が辛いんですよ!どうやったんだろう?







そしてなんといってもダムカレー!
ダムカレーって、良いよね~。



そんで、これ知ってますか??
ダムカードってあるじゃないですか。
あれをもじった、ダムカレーカードがあるんです!



上は松本北部にある水上ダムのカード、下の2枚はこの店のダムカレーカードの裏表です。

ダムカードですらマニアックなたぐいだと思うけど、それに乗っかるって渋すぎるよ大町(;・∀・)
オレは好きだけどね!



ではまたね~
コメント