信州松本囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

第9回活動&棋聖戦予選

2017年11月20日 | 研究会
先週と先々週ですね。参加された皆さんはおつかれさまでした。
自分もなにかとやることが多くて更新が滞っていました。時間はあっという間に過ぎていきますね。


研究会のほうは、新しく来てくださった方が1名。
なんと書道教室の先生をやっている女性の方です。
なので今度、よね研の看板書いてもらいます(笑)
ホームページの題字になるようなカッチョイイやつをね。

いろいろ能力持った人が集まるといいよね。
映像編集できる人とか、イラストレーターみたいな絵のうまい人とかがいれば、ロゴマークを作ってもらったり、宣伝用の動画作ったりできるよね。
あゆピンクの新曲PVもたぶんそのうち作るだろうから、それまでに誰か発掘できないかなw

本当にそんな人たちが集まってきたら、最終的にあのよねつちが一番無能なんじゃないかっていうことになりかねないが、まあいいや(;^ω^)





そして昨日は信州棋聖戦の地区予選でしたね。
去年よりだいぶ参加者が少なかったようで残念でした。
まあ他の大会や支部の例会などもあったし、日程が悪かったというのもありますよね。

今回からオレも中信事務局のメンバーになって運営に携わることになりましたが、友人の結婚式のため参加できませんでした。
なので事前準備をとにかく一生懸命やりました。いやほんとにw

いままで赤羽さんが一手に引き受けて開催していたものを突然、跡を継ぐことになってしまったTさんと自分です。
我々にとって初めて運営する大会だけど、どちらも都合悪くて行けないという状況。なんだこれ。

まあゆっても囲碁大会なんだから通知のハガキ出して、会場と弁当予約して、碁盤運び込めばできることはたしかなんですが、言うほど簡単じゃないですよね(;^ω^)


まず、過去の参加者の住所録がまさかの手書きノートだし。
次回からもハガキ出すのが楽なように、全部オレがエクセルに打ち込んでデータ化しました。
なのでこれは次回からかなり楽。

それと前回の夏の大会であった苦情についての改善点なども考えましたが、今回はどうだったかな・・・?
8月の真夏に行われた大会で、会場が激暑だったんですよね。
まわりに自販機もないし、こんな大会二度とこない!と言われてしまったそうです。

今回はしっかり暖房費払って室温調整してくださいということと、簡単な周辺地図などを用意して自販機やトイレの場所などを書いておきました。
自分にとっては大会は選手としての戦いの場だから暑さ対策なんか自分で用意していくけど、一般的には「趣味として一日楽しむ場」という人が多いと思うので、そういう視点を忘れずに運営していきたいと思います。


あとはスケジュール表を張り出しておけばわかりやすいだろうとか、クジ引き用の抽選箱を用意してみたり、地区代表になった人に県大会のお知らせを紙でわたすとか、多少の工夫はしてみました。
賞品は地区本部の判断で勝手に用意できないけど、通知の紙とかはあったほうがいいんじゃないかなと前から思っていたので。
あ、もちろん地図付きのやつね! 初めていく人にとっては会場と駐車場の地図が大事だと思います。


そして肝心の当日運営してくれる人ですが、これには事務局長Tさんの良案がありました。
囲碁大会の運営って、選手ではなく運営専門の人が一人は必要じゃないですか。
でもほとんどの人は選手として出てしまうので、意外と確保が難しいのです。
その悩みはお隣の将棋界でも同じであろう、ということで困ったときは将棋界と囲碁界で運営スタッフを出し合うということになりました。
あの人はじつは将棋界にも顔が広いのでその策が成立しました。なかなかすごいよな~。

こうしてオレも12月の松本将棋まつりをお手伝いすることになったので、信州将棋界にどんどん首突っ込んでいきたいと思います!
将棋強くなりたいし。
で、いずれはトライボーディアン長野県大会を開くということですね。



ではでは、とりあえずこのへんで。
寒いのであったかくして寝てね~
コメント

年内の予定等々

2017年11月08日 | 研究会
いろいろとイベント予定を書いておきます。
オレが運営に関係するところだけ紹介するね。あとは県本部のホームページをご覧ください!


<研究会の予定>
11月11日(土)
あがたの森文化会館 2-2和室

12月 9日(土)
あがたの森文化会館 1-1教室

ともに時間は午前10:00~12:00と午後13:00~17:00です。
来た人同士で打つ感じなので、途中からでもお気軽にご参加ください。
終わったらイオンモールの風庭にご飯食べに行くよ~。
今度は鎌倉パスタにいくかな。そこが混んでたらまた3階フードコートだなw



<信州棋聖戦 中信地区予選>
11月19日(日)
あがたの森文化会館 1-1教室 9:30受付
信州6棋戦のなかでもっともカッコいいタイトル(当社比)「信州棋聖」を目指してがんばりましょう!

今回から、亡くなられた赤羽さんに代わり私も中信地区事務局の一員となって運営に携わることになりました。
至らぬ点も多々あると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

そしてさっそくですが、当日オレは友人の結婚式のため、でれません( ゚Д゚)
やっぱりね、やる気はあるけどすべての中信大会の日に予定が空いているわけじゃないですよ。。
なのでいま当日の運営スタッフを調整中です。
そんな事情もあるので、みなさん当日はいろいろ手伝ってね。



<松本城将棋まつり>
12月16日(土)~17日(日)
あがたの森文化会館

今年で第5回を数える松本の将棋イベントです。
長沢千和子女流四段ほか、プロ棋士を招いて盛大に行われます。
去年までは会場が松本城公園だったけど、今年はあがたの森で行われるというトラップ付きです。絶対会場間違える人いるよね。

昨日、オレも実行委員会の事務局会議に参加してきましたがなにしろいま、T内さんが一生懸命チラシを作っているところです。
出来上がったらここでも詳細を書きたいと思います。
みんな将棋も興味あるよね?面白いよ。とりあえず日程は開けといてね!



<中南信団体戦 松本大学>
12月23日(土祝)
松本大学にて

3人1チームの団体戦です。中南信地区に限らず、全県から参加可能です。そのうち信州囲碁団体戦に改名してもらいます。
長野市より松本市のほうが地理的に参加しやすいよね?

いま塩尻支部のS沢さんが一生懸命準備しているところです。
この研究会に書籍を譲ってもらったり、いろいろ援助してもらっているので、この祝日に都合つく方はぜひ誘いあわせて参加しましょう~。
やっぱり団体戦っておもしろいからね。盛り上げていきましょう。


ちなみにオレもこの研究会でチーム編成を取りまとめたほうがいいのかな?
個人的には、研究会は交流の場であって、その中で仲いい人同士で誘い合って自由に参加してくれればいいと思っていたけど。べつに「よね研A」とかいう名前で出る必要ないしね。
やっぱ「誘われたら出るかな」くらいの人が多いような気がするよね(笑)
まあ、次回の研究会のときに話してみようかな。





ちなみに先日の団体戦・県都囲碁大祭は、鈴木が名付けた「よねけん無双」チームで出てもらったけど、優勝したくらちゃんずとの決戦に敗れてしまったようですね(;^ω^)
チーム名のわりにオレはトライボーディアン大会に出てたため不参加だったけど。

もし優勝してきたら、お礼にすべて想像で観戦記を書いてやろうと思ってたけどなw
よくわからんけど、すごいカッコよく書こうかなと。

「そこからの攻防は、時間にして1分に満たなかったが
 互いの読み、精神の高揚と相まって、100手を超える着手となって盤上に無数の火花を散らした

 そして そのときは訪れた・・・」

みたいなね。
(まあこれだとこのあと核爆死しちゃうんだけどね)



ではでは、万障繰り合わせてご参加ください!


コメント

トライボーディアン結果編

2017年11月05日 | 囲碁大会 県外
囲碁棋士、将棋棋士、オセロの世界ランカーなども参戦するこの大会。
3種目ともまんべんなく強いのが理想ですが、やっぱりみんな得意不得意の種目があります。
得意種目をとって囲碁勢、将棋勢、リバーシ勢という呼び方をします。

オレはちなみに将棋はウォーズ初段、リバーシは初心者です。
囲碁だって9路盤なんてほとんどよくわかっていないので、無勢?w
まあネタ勢に近い、囲碁勢ですねw

全18戦のうち、8勝10敗でトライボーディアン初段を認定してくれるというのを目標にして挑みました。
それでは対局をざっと振り返ってみます。



<1回戦>
囲碁勝ち、将棋負け、リバーシ勝ちで2勝1敗

相手は女性の方でした。どうやら将棋勢らしい・・・と思っていたら、あとで聞いたら将棋の女流プロ棋士だったらしい!
将棋は速攻で角頭攻めから飛車なりこまれて負けました。
対局後の感想戦で、将棋強いですね、なんて失礼なことを言ってしまってすみませんでした。。。

でもすごく運良く、リバーシで勝てて2勝!



<2回戦>
囲碁勝ち、将棋負け、リバーシ負けで1勝2敗

相手は将棋・リバーシ勢の方だったらしい。オレから見てその属性やっかいすぎるww
でも将棋はかなり善戦したと思います。



美濃囲いを脱出して玉将で攻め上がる(笑)

ここから33に香車打って、41に角成りこめば勝ってたかもしれないですよね?
しかし残り時間が全然ないのもあって



あえなく撃沈w
リバーシも相手が強くて1勝2敗。合計で3勝3敗。



<3回戦>
囲碁勝ち、将棋負け、リバーシ負けで1勝2敗

囲碁2段の将棋勢の方。囲碁はだいぶ苦戦したけど、相手の時間が切れて運よく勝ちを拾いました。
こちら囲碁勢といってもやっぱ9路盤だとコロッと負ける時あるよね(;^ω^)

将棋とリバーシは順当に負けて1勝2敗。合計で4勝5敗。



<4回戦>
囲碁勝ち、将棋勝ち、リバーシ負けで2勝1敗

ここまで3戦して計4勝5敗。
前の記事でも書いたけどこの大会、組み合わせは3種目の勝敗の数で決まります。
なので同じ4勝5敗の人と当たるのです。
この方、囲碁は初心者(覚えて1か月も経ってなかったらしい)、将棋も初級者のレートだったので普通に勝ちました。

しかしこの囲碁将棋の実力でここまで4勝してるということは、リバーシは相当やばいのでは・・・と思ったら


まさかのリバーシ 六段( ゚Д゚)
レート見てちょっと手震えたw




まあ10級と六段が戦えば、これくらいにはなりますよww
最後なんてあえて上の一列をこちらに取らせて着手の選択肢を奪い、他をすべて黒にひっくり返すという読みだったらしい。
囲碁の時に石すべて殺してすいませんでしたってちょっと後悔した(;^ω^)

この方はどうやらリバーシの全国大会の準優勝経験者だそうです。
この日のために囲碁も覚えて、終局まで打てるようになったとか。
トライボーディアンはそういう交流がおもしろいよね。

ここまでの合計6勝6敗。とりあえずトライボーディアン2級は達成。


<5回戦>
囲碁勝ち、将棋負け、リバーシ勝ちで2勝1敗

あとで聴いたら某大学の将棋部出身者でした。おれも某大学の囲碁部出身者だけどね。
囲碁と将棋で順当に1-1となり、リバーシ勝負へ。
レーティングでは少し負けていましたが、運よく勝てました。

ここまでの合計は8勝7敗。ここで8勝を達成したので、目標であったトライボーディアン初段を認定されました!
あとはどこまで勝ち星を伸ばせるか。


<6回戦>
囲碁勝ち、将棋勝ち、リバーシ負けの2勝1敗。

相手の方はリバーシ勢だったようです。
将棋はレーティングでは負けていたけど、どうにか勝つことができました。しかし




やっぱりね、リバーシ勢と戦うとこうなりますね。。。

どの方もそうだったけど、終局後はけっこうみなさんフレンドリーに話してくれます。
他の種目の得意な人に検討してもらうのは新鮮で面白いですよね。



<結果>
囲碁6勝 将棋2勝4敗 リバーシ2勝4敗 合計10勝8敗
全体では90数人中、20~30位くらいだったようです。
20位以上が表彰されて商品券貰えるのですが、20位の人が11勝7敗だったみたいなので、自分の順位はそれくらいかと。

そして初参加の人の中で上位10人が表彰されました。自分は初参加の中で8位入賞でした。上出来すぎる。

それともう一つ、どれか1種目で全勝した人にパソコン用囲碁ソフトの「天頂の囲碁7」か将棋ソフト「激指14」のコピーデータが贈られました。
天頂先生なんて発売前ですよ。しかも買えば1万くらいしますからね。これは本当にラッキーでした!





参加費無料で、参加賞も豪華。書籍も買えば高いからね。
他の種目の方との交流がとても楽しかったので、ぜひ来年も出てみたいです。
ではでは、このへんで。
コメント

トライボーディアン大会

2017年11月05日 | 囲碁大会 県外
ども、長野県民で初のトライボーディアン三段に認定されたよねつちです。


いってきましたよ、グロービス杯トライボーディアン大会!
会場はバスタ新宿の隣のミライナタワーです。





トライボーディアンというのは、囲碁9路盤、将棋、リバーシ(オセロ)の3種目競技です。
要するにトライアスロンのボードゲーム版ですね。

大会方式は同じ相手と3種目で戦います。スイス方式で6人と試合をし、計18局の勝敗で順位を決めます。
2勝したほうが勝ち点1を得るのですが、それよりも3種目の合計が優先されます。

たとえば、6試合すべて2勝1敗で勝ち進んだとして、勝ち点6の合計12勝6敗。
それより3-0、3-0、3-0、3-0、1-2、0-3で勝ち点4の合計13勝5敗という人のほうが順位は上になります。
スイス方式の組み合わせ方も、勝ち点ではなく3種目の勝ち数が同じ人を当てていきます。
詳しくはトライボーディアンのホームページをご覧ください。



今回からトライボーディアン協会というものが設立され、この大会の成績でトライボーディアンの段位を認定してもらえることになったそうです。








朝から吉野家で牛丼食って玉子(ぎょく)を取り、受付45分前くらいに会場へ到着。
将棋のゲン担ぎで、相手の玉将(ぎょく)をとることにちなんで玉子を食べるというのをハチワンダイバーで知ったのです。




受付を甘寧一番乗りで済ませ、クジを引きました。
早く済ませてコンセントをとったら有利じゃない?とちょっと思った。

ちなみに対局はすべて、持参したケータイまたはタブレットのアプリの通信対局で行います。
事前に囲碁クエスト、将棋クエスト、リバーシ大戦の3つのID登録をしておく必要があります。

前回まではレーティングを運営側で隠していたらしいが、今回は隠さずに行うことになりました。
なので事前になるべくアプリのレーティングを上げておいたほうが相手にプレッシャーを与えられますねw









会場の様子。
でかいタブレット使ってるほうが強そうw

対局結果はすべてケータイアプリの結果に従うので、電池がなくなって接続切れたら負けです。
充電器は必須の持ち物。




このナンバー11はもうコンセントにしか見えないですね。



長くなりそうなのでいったん切りますか。つづく。
コメント