信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

信毎の夕刊

2018年03月24日 | 信州囲碁



信毎の夕刊では、県内のアマ大会の棋譜が載ります。
どうですか?すごくないですか?(オレがじゃなくて、このシステムが)

すごく丁寧に書いてくれるんですよ。
棋譜自体は恥ずかしくて見れたものじゃないですが、とても優しく記事を書いてくれます。
(総譜だったら並べる奴いないだろうから逆に安心して紹介できるような気がした)



打ってるときはもう、

「白番のよねつちは読みも浅く、腕も未熟なうつけ者」とか

「たかがこの程度の実力で、よくここまで勝ち進んできたものよ」とか

魁男塾の敵キャラのセリフみたいにボロクソ書かれたらどうしようと思ってしまうものですがw
ライターさんめっちゃ優しいです。

この碁は中盤で悪くなって、時間をめいっぱい使ったので、最後は棋譜採りの方を振り切るスピードで打っています笑
右上のカミトリとか、ひどい手だ。。。



でもこの夕刊。せっかく載ったのに、意外と本人に知られていないことが多いですよね。
なので今回はこの掲載について、オレが知っていることをまとめてみたいと思います。



<入手について>
まず信濃毎日新聞の朝刊は長野県民のほとんどがとっていると思いますが、夕刊はとってる人が少ないかもしれません。
なのでコンビニで買いましょう。1部50円です。
夕方5時~6時くらいに入荷されるはずです。
しかし翌朝には店頭から消えているので、買える時間は意外と短い。

そこで、見逃してしまった場合は図書館へ行きましょう。
松本の中央図書館の場合、先月分までは自由に見れます(たとえば今日が3月25日なら、2月1日から3月25日まで)
それ以前のものは、職員に頼めば1か月ごとの束になったものを倉庫から持ってきてくれます。
そして窓口で申請すればコピーもできます。1ページ10円です。
コピーをミスしてしまった場合は、窓口で頼めば実は10円返してくれます。

けっこう知り合いが載っているので、オレはたまに図書館に行ってまとめて見ています。


<掲載について>
棋譜は4~5譜に分けての掲載。そして囲碁と将棋が交互に載ります。

囲碁で掲載の棋譜は、
4月の新鋭戦 県大会2回戦以降(16人スイス方式で、勝ち進んだ場合の2回戦以降)
6月の信州最高位戦 県大会準決勝、決勝(16人スイス方式で、勝ち進んだ場合の3、4回戦)
8月のアマ囲碁選手権(世界アマ) 県大会2~3回戦(32人トーナメント)
これの準決勝、決勝は朝刊に掲載。いつもは碁聖戦の欄です。

10月の女流アマ選手権 県大会決勝(スイス方式で、勝ち進んだ場合の4回戦)
6月の高校選手権 男子個人戦・女子個人戦の決勝、男子団体戦・女子団体戦の決勝の主将戦
中学生大会・小学生大会の決勝(詳細よく知らなくてすんません)

大会の半年後くらいに掲載になります。
今回の自分の棋譜は8月のアマ選手権なので、2月中旬から掲載になりました。





ということで、今日は記事3つ書いたな。
ブログってある程度まとまった内容にしなきゃという意識が働いてしまって、億劫だったりしますね。
でも書き出せば楽しいんですけどw

ではでは、このへんで。またね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 長野県ペア碁大会 | トップ | 人は群れ寄る だって桜だもん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

信州囲碁」カテゴリの最新記事