信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

長野県ペア碁大会

2018年03月24日 | 信州囲碁
「第2回長野県ペア碁大会」

というものが須坂市で開かれました。あゆピンクお姉さまがぜひ出たいと言うので、我々も出てきましたよ。
あゆぴん・かみじょんペアが優勝、うえかず・よねつちペアが準優勝でした。



まず男女でペア組むのって、長野県内ではかなり参加者少ないんじゃないのかなとお思いでしょう。
でも、大丈夫です。そこは子供と大人のペアもありです。
(というか、もともと子供教室が先にあって、そのイベントとしてペア碁大会を考えたという感じ)

まさかの雪が降り積もる春分の日に4人で車で乗り合わせて須坂まで行ってきました。



大会はかなり手作り感のある雰囲気でした。オレは良いと思いますよ。

とりあえず、オレの名前と申告段位とペアの組み合わせが間違って書いてあった(笑)
名前に関しては「丈」の右上にに点が打ってある字+「博」の右上の点がない字。
と、「文博」という2種類の間違え方でしたw
電話で口頭で「背丈の丈です」と言ったはずなのに。

まあ、そんなことはどうでもいい(オレは自分の名前は「よね」まで合っていればそれでいいと思っている)のですが

やっぱり良かったのは、終わりの会で (←終わりの会って。)
「感想」っていう項目があって、てっきり主催者の方が総括的なことを話すのかなと思いきや
参加者を指名していって感想を言わせるというものでした。
なかなか斬新だよね。オレもよね研でやってみようかなw



でもペア碁って楽しいよね。
あんまりペアで練習できなかったのが残念でしたが、ペアの手もできるだけ予想するところが普段と違うところですね。
戦略としては、棋力差があるペアの場合はわからないときはペアに手番を回すとかもあるけれど、やっぱり打ちたいように打つのが良いと思います。
ペアが意外な手を打ってきても、それはそれで楽しいものです。

決勝の負けた碁は、終盤で悪いと思ったオレが、相手のミスを期待するような手で損を重ねてしまっていけませんでした。(まあ半分くらいはほんとにどう打つべきかわかっていなかったのですが)
ああいうのはペアの人も惑わしちゃってダメですねw

あともし次回出ることがあれば、対局時計を持参したいと思います。
ペア碁っていつにも増して慎重になるから、時計がないと延々と打ち続けることになるからね。
時計は必須。長いとオレは飽きちゃう。



ということで、県内でももっとペア碁が盛んになればいいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 大町十段戦 | トップ | 信毎の夕刊 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あゆピンク)
2018-03-24 23:52:59
楽しかったー

コメントを投稿

信州囲碁」カテゴリの最新記事