信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

支部対抗戦 後編

2018年02月01日 | 信州囲碁
まずは今後の活動予定をお知らせです。
春先は何かと予定も多いと思いますが、どうぞよろしくお願いします。







さて、気を取り直して3局目です。ここまでチーム2敗、個人合計1勝5敗。
入賞はなくなったけど、やっぱり団体戦なので最後まで一生懸命打たなきゃなという気持ちになりますよね。



3局目 VS須高

去年・おととしは出ていなかったと思うので、どんなチームなのが存じ上げなかったです。
主将戦はこちらの黒番。





良さそうなボーシ。




シボリなう。上辺から右上にかけて、黒が優位に立った・・・はずが

これ、黒は次どうします?
白が13-2に出てもアテれば全部取れて大丈夫じゃないですか。





ということで余裕で右辺ノビてしまったが、切りからいくんですね・・・(;゚Д゚)
そりゃそーよ!



このへんの軽くつぶれたあたりでは、マジで副・三に頼ろうかとも思ったが、そのころ副将S木君は






下辺を突き破られていたwwwww

いや右下隅の白地がでかいとか、2子抜かれたわけじゃないとか、言い分はあるだろうけど、それにしてもインパクトありすぎる。
エヴァンゲリオンの使徒を倒した時の火柱みたいだよね。

いま突き破られて、その左の白の一団に1手備えて、相手の黒が上辺に打ち込んだところです。
(これもう2路くらい右に打ち込んでわかりやすく白3子を攻めていたらどうだったんだろう?)

これでも白は悲観していなかったらしいからそのポジティブさ見習いたい。
このあと上辺の白3子を、まるで無人の野を走るがごとく打ち続け、さっき突き抜かれた中央左寄りの1団とつながります。




途中ちょっと上辺の黒攻めてたしw





最後、この左上の黒のポン抜きを





こういうコウにしていたwww


もう、途中から別次元の強さだったよ。
百歩譲って、ポン抜きをカケ目にして全部取るとかだったら、まだわかる。
でも上下切り離そうとするのは野蛮すぎるw

副将は中押し勝ち。
終局時にお互い穏やかな感じで終わっていたので、とくに何事もなく終わったのかな?と思ったらこんな23世紀の碁を打っているとは。

しばらくして、オレの主将戦もどうにか1目半勝ち。
最後まで残った三将戦が、接戦の末に半目負け。
辛うじて2-1でチームは勝利となりました。0-3でボロ負けしててもおかしくなかったですね(;・∀・)




4局目 VS長野中央

ここもこの支部対抗戦で3年連続で当たっていますね。過去2回はチームとして負けています。

主将戦はだいぶ苦戦しましたが、最後は相手が思いっきり見損じて石が切れて中押し勝ちでした。
チームも3-0勝ち!



支部対抗戦Aクラスは、県内の団体戦では唯一のオール互先です。
やっぱハンデ戦にするより、クラス別にして互先というのがいいよね。
開催地が長野市ということで、参加チームは東北信が多いです。
もっと中南信からも参加できればいいなと思います。

でもそれより、鈴木君の碁を検討するのがとにかく面白いので、この面白さを多くの人に伝えていかねばと思っています。
みんなまだ知らないでしょ?めちゃくちゃ面白いよ。



ではでは。土曜のよね研でお会いしましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 支部対抗戦 前編 | トップ | 第11回 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぴったん)
2018-02-03 23:41:31
1局目は13の2に備えるくらいの相場に見えます。8の2の味は残ってますがこれで黒不満ないと思います。

2局目は突き抜かれてこそいますが形勢は白が15目くらい良さそうに見えます。
Unknown (よね)
2018-02-04 20:56:48
13-2に備えておくべきだったね。
2局目は不思議と悪くないんだね。
ただし、手順を見ると突き抜かれるのを回避する手順はあったので、まあ見損じの類です。

コメントを投稿

信州囲碁」カテゴリの最新記事