信州松本 社会人囲碁同好会 よね研 活動日記

長野県松本市で活動する、高校生や20~30代の若者を中心とした囲碁の同好会です。
活動の様子などを発信していきます。

右四間

2017年02月23日 | 研究会
続きました、第2回「ハチワンダイバーで得た将棋の知識を囲碁に応用しよう」のコーナーです。

今回のテーマは将棋の「右四間飛車(ミギシケン)」という戦法についてです。
それを





囲碁で言うならこれでしょう!

「右一間」!!

(布石はだいたい右ですが。)








白はワリウチして、黒が星からつめて上から圧迫する布石です。
これたしかイーチャンホが打ち始めてすごく有名になったんでしたっけ?
オレも2005~6年くらいによく打ってました。


ちなみに今はもう白がこのワリウチを避けてくることが多いのですが、オレが白番のときに相手にこの形を打たれるとついこの形に進んでしまいます。

「オレに通用すると思っているのか? 右一間(それ)」

というあのセリフをを言いたいだけですがw
ハチワンの作中だと元アマ名人・水間氏のセリフで「右四間」と書いて「ソレ」と読ませて、強調の点までついています。

オレ、手代木とか朽木さんたちのアマ名人ズの5人は作中でもなかなか上位に入る好きなキャラで(笑)
登場シーンもかなりカッコよかったんだけど、結局たった4話で敗退しちゃって残念だったな。
いつかスピンオフ作品が出ないかな~と思っていたけどさすがに出なかったな(;´・ω・)

関係ないけどなぜか、朽木さんが時計押すときだけ「ベン」て音が鳴るよね。





話を戻して、このあと白が上辺の星にツケてきたとき、どちらをオサえるか迷いそうなんですけど、





最初はなんとなく外を重視するのかなと思っていました。が、しかし





スミからオサえるのがおススメです。
これぞ変幻自在、右一間の裏芸(ちょっとおおげさか?w)
左上が自然に地になり、まだ攻めが効く格好です。

上手くいけば「右下の一間ジマリまるまる地にして攻めが続くって何よ!!!」ってことになるかもね(*'▽')

でもだいぶこの形は研究が進んで、「すべて研究範囲ぃ!!!」と言わんばかりに白に最初から回避されることが多くなってしまいましたね。





ちなみに将棋の右四間飛車といえば、作中では「理想の攻めの構えと同時に守りの陣形も素晴らしく、級位者がまずぶち当たる勝てない壁」として紹介されています。
これをまともに囲碁に例えると、黒番の三連星あたりかな?と鈴木君が言っていました。なるほど一理あるね。



他にも「中国流崩しはパズルのように流れる」とか、死にそうな石を1線でコウで粘っているとき「エリア鈴木(そこ)で粘れ!」と自分に言い聞かせたりして一人で楽しんでいます。
ぜひ皆さんもハチワンを読んで、気に入ったセリフを自分の囲碁に無理矢理あてはめてみましょう(*^-^*)

とりあえず今日はこの辺で。ではでは~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新型 | トップ | ホームページ作ったぞ~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

研究会」カテゴリの最新記事